花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

宇宙意識と1つ(一元性)

眠りから目覚めへ

眠りから目覚めへの変容 夢(眠り)から現実(目覚め)への変容 このブログ内のカテゴリにある宇宙意識と1つ(一元性)のシリーズでは正しいとか間違っているという判断するマインド(思考)を一旦横に置いといて… 約1万年間の人間の「過去」から「今ここ(…

分離(分裂)から統合へ

分離(分裂)から統合へ すみません…同日15時15分に途中の文を追加しました。 前回までの数回で約1万年間をざっと『観る(観照)』ことをしました。 そこでわかったことは 人間は地球の他の存在たちと違って 「死」への恐れを過度に持ちそのため「生」への執…

月からのお届け٩( ᐛ )و

月からのお届け٩( ᐛ )و 昨夜の地球は射手座の満月で ストロベリームーンと呼ばれる満月だったそうですね。 甘〜い名の満月、見れましたか? では…前回からの続きです。 正しいとか間違っているという判断をする マインド(思考)を一旦横に置いといて約1万年…

結婚、家族、世襲、不動産のはじまり

結婚、家族、世襲、不動産のはじまり 約1万年ほど前から人間は地球の他の存在たちと比べて 「死」を過度に恐れるため「生」に執着する という思いを強く持っていて内側にある死と生の二元性の両極端にマインド(思考)が動く不安定なアンバランス(偏り)な…

一休と弟子の蜷川の死

一休と弟子の蜷川の死 人間は地球の他の存在たちと比べて「死」を過度に恐れるため「生」に執着するという思いを強く持っていて内側にある死と生の二元性の両極端にマインド(思考)が動く不安定なアンバランス(偏り)な状態があらゆる苦しみの原因(種)と…

「死」と「生」への執着は苦しみ

「死」と「生」への執着は苦しみ 前回までお話ししたことは… 約1万年前地球に滞在する人間の祖先はこの地球の自然界で生き延びることの厳しさを苦痛に思いそれまでの地球に滞在する他の存在たちとは違う自然界の食物連鎖の循環から外れる選択をし狩りや木の…

真の癒し=全体のバランス(中庸)③

真の癒し=全体のバランス(中庸)③ 前々回と前回で、 心と肉体を本当に癒そうと思うならば『私(自分)』1人だけの癒し(治癒)を意識して行ってもなかなか癒し(治癒)は起こらない… 『私(自分)』1人だけではなくその『私(自分)』1人に繋がっている(…

真の癒し=全体のバランス(中庸)②

真の癒し=全体のバランス(中庸)② 前回、心と肉体を本当に癒そうと思うならば『私(自分)』1人だけの癒し(治癒)を意識して行ってもなかなか癒し(治癒)は起こらない… 『私(自分)』1人だけではなくその『私(自分)』1人に繋がっている(宇宙)全体の…

真の癒し=全体のバランス(中庸)①

真の癒し=全体のバランス(中庸)① 癒しというのは本来のバランス(中庸)の状態が崩れてアンバランス(偏り)になった状態から本来のバランス(中庸)の状態に再び戻すということです。 このアンバランス(偏り)の状態から本来のバランス(中庸)の状態に…

5月11日は蠍座で満月

5月11日は蠍座で満月 生まれた後から二元性になった状態から生まれる前の一元性の状態に戻る『宇宙意識と1つである状態』を再び「感覚」で『思い出す』光明 enlightenment が起こると 『宇宙意識と1つである状態』を再び「感覚」で『思い出す』ことの障害で…