花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

osho

意識の成長の旅⑦

意識の成長の旅⑦ (カテゴリにある二元性シリーズと意識の成長の旅シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…) 前回の意識の成長の旅⑥では 「過去」5000年前と「過去」2500年前と「…

サハジョとダヤ・女性の覚者の詩

サハジョとダヤ・女性の覚者の詩 チャランダスには2人の女性の弟子がいた… サハジョとダヤだ。 チャランダスは言った 「彼女たちは、わたしの2つの目のようだ」と。 光明 enlightenment を得た女性ミーラと同じラジャスタン地方に住む サハジョとダヤの2人は…

意識の成長の旅⑥

意識の成長の旅⑥ (カテゴリにある二元性シリーズと意識の成長の旅シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…) 先月の2月26日は 魚座で新月でしかも日食でした。 知り合いの占星術の…

意識の成長の旅⑤

意識の成長の旅⑤ (カテゴリにある二元性シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…) 前回からの続きです。 子供のころから第6チャクラの第3の眼をとおして見えている人間の身体に現…

意識の成長の旅④

意識の成長の旅④ (カテゴリにある二元性シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…) 前回からの続きです。 子供のころから家族や親戚や友達が痛いという身体の箇所をなでなですると…

意識の成長の旅③

意識の成長の旅③ 前回からの続きです… 前回もお話ししましたが多くの人たちには見えたり聞こえたりしないモノが自分には見えたり聞こえたりしているそれを知ったのは30歳のころから受けた臨床心理士さんとの心理カウンセリングをとおしてでした。 1970年代ほ…

意識の成長の旅②

意識の成長の旅② (カテゴリにある二元性シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…) 意識の成長の旅…自分の内側の旅 インナージャーニー inner journey それは『自分を知る』ことで…

意識の成長の旅①

意識の成長の旅① (カテゴリにある二元性シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…) 前回の二元性シリーズの最後となった⓪の中で第1チャクラから第7チャクラまでの意識(愛)の成長…

男性性と女性性の超越⓪

男性性と女性性の超越⓪ (カテゴリにある二元性シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…) キーワードは0(ゼロ)です。 0から全てがはじまります。 というお話しを今回ご紹介しま…

男性性と女性性の超越⑨

男性性と女性性の超越⑨ 前回からの続きです。(カテゴリにある二元性シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…) 今回ももう少し loneliness とaloneness のお話しです。 まずはこの…

男性性と女性性の超越⑧

男性性と女性性の超越⑧ 前回からの続きです。(カテゴリにある二元性シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…) 今日は水瓶座で新月で旧暦のお正月٩( ᐛ )و …だからというわけでもな…

男性性と女性性の超越⑦

男性性と女性性の超越⑦ 前回からの続きです。(カテゴリにある二元性シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…) このブログでは何度もお話ししていますがこのブログは本当に苦しみ…

男性性と女性性の超越⑥

男性性と女性性の超越⑥ 前回からの続きです。 (カテゴリにある二元性シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…) 人間関係の問題がなぜか起こる… なぜか同じ苦しみを繰り返す… 他者…

男性性と女性性の超越⑤

男性性と女性性の超越⑤ 今日はうまく書けていない自信があるのですが いつもマインド(思考)は働かないのだが…今日はものすごくマインド(思考)が働かない… でも蟹座の満月の今日にどうしてもこれをアップする感じが強いので ひっちゃかめっちゃかだが…一…

時間と空間の超越②

時間と空間の超越② 前回からの続きです… 時間と空間の超越のお話しは 頭の中のマインド(思考)だけでは はっ(・_・;?… という感じで なかなかわかりにくいと思います。 1番わかりやすいのは 実際に体験されることだと思います。 ですから あまり言葉(頭の中…

時間と空間の超越①

時間と空間の超越① 男性性と女性性の統合(超越)のシリーズの途中ですが 前々回の 光と闇の統合(超越) と 時間と空間の超越 のお話しを先にご紹介しておこうと思いましたから 今日は 時間と空間の超越のお話しを ほんとうに簡単にですが 説明も下手で申し…

光と闇の統合(超越)

光と闇の統合(超越) 男性性と女性性の統合(超越)シリーズはまだ続きがありますが、 その前に一度光と闇の統合(超越)のお話しを ものすごく簡単にですがご紹介します。 内容は男性性と女性性の統合(超越)と同じです。 どの二元性の統合(超越)も 基…

男性性と女性性の超越④

男性性と女性性の超越④ きちんとお勉強をしたわけではないので… 詳しくは知りませんが… 自身の体験からわかったことを ものすごく簡素に書いてみました… 男女の関係性… 人間関係… etc… などで、みんなが辛く苦しんでいる状態が多いな〜と思いましたから… 二…

男性性と女性性の超越③

男性性と女性性の超越③ 前回からの続きです… 「男」とか「女」とか関係なく人間には光明 enlightenment が起こります。 なぜなら、 光明 enlightenment が起こる…というのは人間の内側のお腹のお臍のあたりにある『魂(源泉)』を「再び」『感覚』で『思い出…

男性性と女性性の超越②

男性性と女性性の超越② 前々回からの続きです。 わたしは女性体として生まれましたが 難病により妊娠と出産が難しい状態であり でも、 子供を授かりたい…という強いエゴ(欲)があったので なかなかそのエゴ(欲)が手放せず 「男性性」と「女性性」の二元性…

♪( ´▽`)

♪( ´▽`)♡beloved osho♡2016.12.11

甲状腺の病による男性性と女性性の超越①-a

甲状腺の病による男性性と女性性の超越①-a 前々回の続きです… わたしには「男性性」と「女性性」の二元性の統合(超越)が 1番できませんでした。 マインド(思考)が あらゆる二元性の両極のどちらかに傾くことなく 二元性の両極の真ん中の中庸であると、 …

非合法な両親

非合法な両親 非合法な子どもは存在しない。 非合法な両親だけが存在する。 どうして子どもが非合法になれるのか? そして非合法な両親とは誰か? 必ずしも未婚の人びとというわけではない。 愛から生まれていないあらゆる子どもが、 両親を非合法にする。 …

男性性と女性性の超越①

男性性と女性性の超越① 2日と3日のアーシュラのオレゴン大学のイベントはどんなんだったかな(-_^)? アーシュラはいつもご紹介している導師oshoの一歳年上の1930年生まれです。 アーシュラとoshoの共通点はいろいろあるな〜と思いますが、やはり1番の共通点…

ゲドの光と影の統合=癒し

ゲドの光と影の統合=癒し 今日はオレゴンの大学で アーシュラのイベントがある日。 アーシュラの作品はどれも 内側の世界をどっぷり奥深くまで描くので 読んだ後はどっぷり疲れて脱力してしまいます。 ゲド戦記シリーズは児童書ですが、 外伝を含めた6冊と…

アーシュラ♪( ´▽`)

Ha〜〜〜アーシュラ♪( ´▽`)http://www.ursulakleguin.com/UKL_info.htmlあ〜〜これ、行きたいな〜( ´ ▽ ` )ノオレゴンだな〜σ(^_^;)この広告の右端に載っているアーシュラの本、全部すごかったよ(-_^)1番好きなのはやはりゲド戦記シリーズだな〜(-_^)ゲドの…

1つ。all one.

(昨日のブログは削除し書き直しました。) 1つ。all one. 『全ての存在は1つ』all one であることを『思い出す』 家族というマインド(思考)を『手放す』については、 家族の人々を捨てる… 家族の人々を大切にしない… などということではなく、 家族という…

人間は『宇宙の縮図』であり『小宇宙』だ

人間は『宇宙の縮図』であり『小宇宙』だ 前回からの続きです。。。 わたしの体験からわかったことは、 瞑想は 『本来の状態』である内側にある『源泉』魂や『全ての存在と1つ』であることを、 『頭の知識』により…ではなく 『感覚』によって『思い出しやす…

変容とは…

変容とは… 前々回くらいから自分で自分を苦しみから至福へと導く光明への変容のお話しを少し書いています。 光明への変容とは… わたしの体験によると、 苦しみから至福への変容である光明とは、 ○苦しみである『偽りの〈私(自分)〉』を長く生きて魂を『忘…

自分次第

自分次第昨日の続きです。。。昨日はリーダーが誰であってもまたはリーダーが誰1人いなくても、自分が苦しみから平和と至福になるには自分で自分を導く自分次第である、というお話でした。外側のあらゆることに振り回されず、自分の内側深くへと向かうことで…