読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

庭にたねをまこう!

庭にたねをまこう!



My Garden Book

Text and illustration by Joan G.Robinson

日本で最近アニメ映画にもなった『思い出のマーニー』のジョーン・G・ロビンソンさんが1947年に絵と文を描いた『庭にたねをまこう!』という絵本です。

f:id:hanasennin9:20151222200900j:image
この表紙をみてください( ´ ▽ ` )ノ

とってもかわいらしく描かれていて、おもわす絵本の扉を開かずにはいられません!

子供たちにとって種蒔きはお仕事ではなく楽しい楽しいお遊びです♪( ´▽`)

みんなで道具を持って…
f:id:hanasennin9:20151222200936j:image
f:id:hanasennin9:20151222201015j:image
あなたはどれが好き?

f:id:hanasennin9:20151222201028j:image
小さな子供でも種蒔きはできます。

土に指であなをあける時はなんだかワクワクします!

そのあなにポンと種を入れる時もワクワクします!



f:id:hanasennin9:20151222201100j:image
土の中から力強く出た種の芽は、
太陽の光や雨の水などによってグングン成長していきます。

昆虫や爬虫類や動物など多くのいろいろな生き物たちが植物の周りにやってきます。


植物の周りをよーく観察するだけでも、いろいろな生き物たちによるたくさんのことを知ることができます。

教科書や本を読むだけでは、わからないことばかりです!

子供たちのように自然の中に入っていって、遊びながら体感して学んだことはいつまでも忘れません。



この絵本は庭に種を蒔く子供たちのお話ですが、四季を通していろいろなことがわかるワクワクする絵本です。


子供たちが自然の中で自由気ままに、元気いっぱいに遊ぶ姿を見るだけで、なぜかこちらまでもが元気いっぱいになってしまいます。


この絵本はそんな本来の自由な自分を自然と思い出させてくれる絵本のようです。




人はみな、子供の頃に、

『なぜかこれだけは好きでなんとなく得意なんだよな〜。』

それは、

『多少の疲れがあっても、夢中で楽しめて時間を忘れてしまうものなんだよな〜。』

それは、

お仕事に繋がるモノではないかもしれませんし、お仕事にしてしまっているモノかもしれません。

お仕事に繋がっていなくても、

『なぜかこれだけは好きでなんとなく得意なモノ。
多少の疲れがあっても夢中に楽しくできるモノ。』

これがあなたの魂の才能なんだそう(*^_^*)


あなたの魂の才能の種です(*^_^*)


たとえそれが今のお仕事とは関係のないものであっても、お休みの日など時間がある時に趣味として「魂の才能のモノ」をすることによって、あなたの魂はなんだかワクワク心地よくなり不思議と日頃のストレスや疲れがなくなり元気になった感じがしてくると思います。




本当は、人はみな、その『魂の才能のモノ』をするために生まれてきているはずなんだそうです。

しかし、今の社会の中では、『魂の才能』をなかなか生かす機会がないように見えてしまいます。


たとえば、本当はミュージシャンになるために生まれてきたのに、親があなたに医者になりなさいなどの条件を押し付けてきて、ミュージシャンになる魂の計画が実行されないまま、魂に無理やり背いて医師になる勉強をひたすら頑張る人がたくさんいるのが今の社会です。


『魂の才能のモノ』を生かし伸ばしていけない人生は、魂の計画を歩んでいないため、本来の自分(魂)を生きていないことになるので、大変苦しくなり、病気や鬱になったりします。


病気や鬱や事故や怪我や不運のようにみえる出来事は、本来の自分の魂の計画や才能を『思い出す』時であり、人生の軌道修正を必要としている時でもあるようです。


自分の『魂の才能のモノ』がすぐに思い出せない状態の人がほとんどですが、

子供の頃に、


『なぜかこれだけは好きでなんとなく得意なモノ。
多少の疲れがあっても夢中に楽しくできるモノ。』


「ワクワク心地よく感じるモノ」

があったならば、それを少しでもいいからやってみると、そこからどんどんと、

本来の自分を取り戻せ、

元気がおなかの源から湧き出てきて、

不思議と健康になれ、
不思議と運も良くなってしまいます。

本来の魂の才能やその計画を生きはじめると、同じ計画の魂の仲間たちが引き寄せあってきますから、みんな1人1人の才能を尊重しあい、お互いに補完しあったり協力しながら、1人の至福がみんなの至福となってともに生きていきます。


一つ一つの細胞が自分の才能を生かして生きることにより、1人の人間を生かし動かしているように。


しかし、社会の条件などにより、
人はなかなかそれができないでいるのです。


だから、みんなストレスがたまり、
そんな社会ではいつまでたっても
なんだかうまくまわらない。



自分の人生
地球の社会全体
心地よく至福で平和にするためには、

1人1人が、

『本来の魂の才能を生かし伸ばすこと』

それを実行していくこと。


それだけなんです。


今は偏ってしまって全体のバランスが悪い状態です。


1人1人の個性や才能は違うはずだから。


1人1人が自分の個性や才能を生きたら、
全体のバランスは良くなり偏りはなくなります。


あなたの魂の才能はなんですか?

1人1人の中に、
魂の才能の種はあります。


もし今なんだか辛いならば、
本来の自分を思い出してみてください。


子供の時にワクワクして心地よく感じる、

『なぜかこれだけは好きでなんとなく得意なモノ。
多少の疲れがあっても夢中に楽しくできるモノ。』

は、なんだったか、思い出してみてください。



周りから与えられた条件に従って生きるのではなく、
本来の自分(魂)を生きれば、
生きることが辛いだけのものではなくなることがわかります。

それがわがままではなく、自他ともに自由で平和で至福となるのがわかります。



子供たちに緑と青い惑星を残すためにも、
地球という庭に種を蒔いて遊びましょう!

そして、

あなたの中の庭にある種にも水を与えて、
ワクワク心地よく遊びましょう( ´ ▽ ` )ノ



絵本だけど、

My Garden Book

大人の人にもかなりお勧めです( ´ ▽ ` )ノ

ワクワクがいっぱいです♪( ´▽`)



let's sow the seeds!

花仙人