読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

マインド Mind

マインド Mind



Enlightenment(エンライトメント=光明)の状態を『思い出す』ためには、エゴ(欲)やマインド(思考)を全て落とし、「私」をなくしかない。

と、地球に臨在した多くの導師(master)達は何千年も前から人間に教え伝え続けています。


しかし、エゴ(欲)やマインド(思考)っていったいなんでしょうね?


まずそれがわからなければ、エゴ(欲)やマインド(思考)を落とそうにも落としようがありません。


辞書などの説明でもなんとなくわかりますが、逸話で語られるとそれがなんであるのかを自分の体験と重ねたりしながらよくわかることがあります。


逸話は大切な『気づき』のために役立つ一つのツールだったりもします。


今日はoshoが何十年間と人々に直接語り続けているたくさんの講話の中からマインド(思考)に関するある一つの昔からある逸話を、そのoshoの講話の中から用いられたお話をタロットカードにしたものがありますから、マインドのカードの絵と一緒にoshoの語る逸話をご紹介します。


*  〜  *  〜  *  〜  *  〜  *  〜  *  〜  *  〜  *  〜  *  


マインド Mind


あなた自身の惨めさ、喜び、否定的な部分、肯定的な部分、地獄、あるいは天国といった創造の責任を取る用意。この責任を理解して受け容れたら、ものごとは変わり始めます。新しい可能性に向かって開いていましょう。
(これはosho transformation tarotからの説明です。)

f:id:hanasennin9:20160318102834j:plain

ここからはoshoの講話です…。


有名な逸話がある。

あるとき、ある人が旅をしていて、偶然楽園に入った。さて、インドの楽園の概念では、願いをかなえてくれる木がある。ただその下に坐って、なにかを望むと、すぐにそれがかなえられる——欲望と成就の間に隙間はない。  

その人は疲れていたので、この願いをかなえてくれる木の下で寝込んでしまった。目が覚めると、彼はとても腹が減っていたので、こう言った。

「とてもおなかがすいている。どこかで食 べるものが手に入るといいのだが…」

すると突然、どこからともなく食べ物が現れた——まさに空中に浮いていた。すばらしい食べ物だ。彼はとても腹が減っていたので、それがどこから来たのか、あまり気にかけなかった——腹が減っていると、あなたは哲学 的ではなくなる。彼はすぐに食べ始めた。それに食べ物は非常においしかった…。そして飢えが去ってしまうと、彼はまわりを見回した。

もう彼は満足していた。彼のなかで別の考えが起きてきた。

「なにか飲むものが手に入りさえすれば…」 

いまでも楽園にはどのような禁止項目もない。すぐに上等なワインが現れた。木陰の、楽園の涼しい風のなかで、くつろいでワインを飲みながら、彼は不思議な気がしてきた。

「いったいどうしたのだろう?  どうなっているのだろう? 私は夢を見ているのだろうか、それとも私に悪戯をしている幽霊がこのあたりにいるのだろうか?」

すると幽霊が現れた。しかも彼らは凶暴で、恐ろしく、吐き気を催させた。彼は震え出した。そしてある考えが彼のなかに起きてきた。

「もう、私はまちがいなく殺される…」

 そして、彼は殺された。



この逸話は古くからある逸話だ。
途方もなく意義深い。

あなたのマインドは望みをかなえてくれる木だ——あなたがなにを 考えようとも、いずれそれは実現する。

ときには、自分がそれを望んだことを完全に忘れてしまうくらいギャップがある。だからあなたはその源につながることができない。

だが、深く見守ったら、あなたは自分の思考のすべてが自分と自分の生を創っていることに気づくだろう。


それらがあなたの地獄を創る。
それらがあなたの天国を創る。
それらがあなたの惨めさを創る。
それらがあなたの喜びを創る。 
それらが否定的なものを創る。
それらが肯定的なものを創る…。


ここにいるあらゆる人が魔術師だ。
そしてあらゆる人が自分のまわりに魔法の世界を紡ぎ出している…そうして捕まってしまう。蜘蛛そのものが自分の巣で捕らえられている。


あなたを虐待している人は、あなたをおいてほかにいない。


そして、一度このことが理解されたら、ものごとは変わり始める。

そうなるとあなたは、その向きを変えることができる。

自分の地獄を天国に変えることができる。

それはただちがった視野からそれを描くという問題にすぎない…。

全責任はあなたにある。



そして新しい可能性が起きてくる。

あなたは世界を創るのをやめることができるのだ! 

天国と地獄を創る必要はない、創る必要はまったくない。創造主はくつろいで、退くことができる。


そして、マインドの引退が、瞑想だ。




from osho transformation tarot
osho トランスフォーメーション(変容)タロットより


from osho talks
oshoの講話より
TAKE IT EASY, Vol.2, 


(osho transformation tarot はosho禅タロットと同じくoshoの講話の中で語られたものを用いて作られています。こちらのタロットは禅だけではなく地球に臨在した多くの導師(master)のお話や世界の逸話がわかりやすく語られています。自分の「外側」に注意を向けるのではなく、自分の「内側」を観て、そこにあるモノに『気づく』ことをサポートするための瞑想のような一つのツールです。)


*  〜  *  〜  *  〜  *  〜  *  〜  *  〜  *  〜  *  〜  *  




マインド(思考)があることにより、そのような出来事や物などを「引き寄せる」体験は誰もが、あ…!とわかるようなことではないでしょうか。それは自分にとって良いことでも悪いことでも…。


今の自分のマインドの状態を意識しておくと、もしかしたら嫌な出来事を「引き寄せる」ことがなくなるかもしれません。


今の自分の状態は、過去に自分のエゴやマインドが求めた結果ですから、やはり自分が引き寄せたものなんですね。


さあ、『今』はどのようなマインドやエゴが自分の内側にあるのかな?


瞑想や坐禅は自分の内側を「観る」ことをして、内側にあるegoエゴ(欲)やmindマインド(思考)に『気づく』ことを助ける一つのツールです。


そして、no-mindの状態になっていきます。

no-mindの状態=Enlightenment(エンライトメント=光明)の状態を『思い出す』


明日はそのno-mindのカードをご紹介します。




花仙人


広告を非表示にする