花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

なぜ人は失敗をするのか?

なぜ人は失敗をするのか?


わたしは30歳の時に3度も心臓が止まり、3度とも臨死体験をしました。

3度目の不思議な臨死体験から目が覚めた時に、「自分は全てによって生かされている」ことを体感して知り、深い感謝の思いでいっぱいになり、「これからはわたしの身体も命もすべて神さまにあげます」と言っていました。

わたしは無宗教でしたし、今も無宗教ですし、その頃は神さまとお釈迦さまの区別がわからないほどの無知でした。もちろん今もなにも知らないのですが、とにかく3度目の臨死体験後の時にふっとそんなことを言ったのを覚えています。


わたしはその30歳の3度の臨死体験までは失敗だらけの人生でした。


しかし、無宗教のわたしが臨死体験後に全てにより生かされていることを知り深く感謝し神に全てをあげるとふっと言った後からは、それまで埃をかぶりかたまって動いていなかった歯車が、ゴンっと音を立てて動きだしたように、人生がすべて順調に進みはじめたのでした。

それから今まで16年間ずーと何かに導かれるように順調なんです。不思議なんですよね。


さて、今日は、なぜ人は失敗をするのか?という秘密の神秘家カビールの詩をカードの絵とoshoが講話でお話してくれた1部をご紹介します。


*  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  


あなたが独りで、全体(存在)からかけ離れてなにかをやろうと企てると、なんであれそれは失敗になります。

成功は存在(神)の中に、
そして、存在(神)とともにあります。
(これはカードの解説です。)

f:id:hanasennin9:20160507085612j:plain

以下はoshoの講話の1部です。


これは神秘家カビールの詩だ…


私は内なる恋人に話しかけて言う。

私たちは鳥や動物や蟻たちを愛するある種の精神があることを感じ取っている--おそらくそれは
あなたの母の子宮の中で
あなたに輝きを与える者と同じなのだろう。 

いまではまったく孤児になって歩き回っているあなたは理にかなっているだろうか?


あなたが自分に背を向けて、独りで暗闇の中に入っていこうと決めたこと、それが本当のところだ。 

いまではあなたは他者の中にもつれ込み、かつては自分が知っていたことを忘れている。 

だからこそあなたがやるあらゆることの中に不気味な失敗が含まれているのだ。




ものごとは起こる、必然的に起こる。

全てはうまく行っている--それを信頼することだ。


この違いを覚えておきなさい。

神学者はこう言うだろう、

「神の概念を信じなさい。」

神秘家はこう言う、

「神の概念を信じる必要はない、
ただ存在のハーモニーを感じなさい。
概念でもなく、信じるでもなく。」

あなたはそれを感じることができる、
それはどこにでもある。

それはほとんど疑う余地のないほどに。


あなたが「全体と一つ」であると思う瞬間、
そこにはリラクゼーションがある--突然の手放しが起こる。

あなたはあなた自身を保持する必要がないほどリラックスができる。

緊張のままでいる必要はない、なぜならば、あなたによって成し遂げられるプライベートなゴールはないからだ。


存在(神)とともに流れる。

存在(神)のゴールがあなたのゴールだ、
存在(神)の運命があなたの運命だ。

プライベートな運命は問題を持ってくる。


それを自分の生のなかで見守ったことはないだろうか?

あなたのやることは失敗し続けている。

それでもあなたは要点を見ない…


あなたは、やるべきようには自分はそれをやらなかったのだ、と考える。そこであなたは別の計画を試みて、再び失敗する。

そうなるとあなたは、自分の技能が充分ではなかったのだ、と考える。そこであなたは技能を学んで、またしても失敗する。

それからあなたは、
「世界が私に反対している」
あるいは、
「私は人びとの嫉妬の犠牲者だ」
と考える。

あなたは、 なぜ自分は失敗したのかという説明を見い出し続ける。

だが、けっして自分の失敗の本当の基盤を掘り当てはしない。



カビールは言う、

「失敗とはあなたから存在(神)を引くことだ。」

それが、あなたとしてのあなたが失敗の根本的な原因だ。


成功は存在(神)の中に、
そして、存在(神)とともにある。

宇宙の精神、タオ(Tao)--存在全体に充満し、浸透する法--を感じ取るがいい。

あなたは「それ」から生まれ、
いつの日か「それ」に帰ってゆく。



from osho talks
oshoの講話より
THE REVOLUTION, pp.150, 177-179 


from osho transformation tarot
osho transformation tarotより


*  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  


oshoやカビールの言うように、存在から(自分のマインドが)離れていた時は、

自分の中心が定まらず、

周りの条件の言うがままに
「本来の自分」を押し殺して
偽りの自分の仮面をかぶり、

Noという一言を言う勇気を持てずに、

嫌だな…と思う方を選択し続け、

不満を溜め込みそれを吐き出すこともわからず、

本来の自分を押し殺して生きる屍のような人生を30歳の3度の臨死体験まで送っていました。


今思えば病気で倒れて当たり前のような自分を大切にしなかった暮らしでした。そして誰1人をも信頼することすらできない状態でした。


3度とも心臓が止まった臨死体験で体験したことはとても心地よい不思議な体験でしたが、その体験後に

「全ての存在に生かされているんだ。」

と体感して知り、深い感謝が沸き起こり

「わたしの身体も命もすべて神さまにあげます」

無宗教のわたしがビックリ発言をした瞬間から、それまでの人生とは全く違う生き方へと何かに導かれるように歩いていくことになりました。


今ならば、それが外側の旅から、自分の内側の旅への方向転換だったとわかりますが、本当に無知なわたしは何がなにやらわからないまま、暗闇の中を手探りしながら自分の内側の旅をしました。


でも、不思議と臨死体験までの失敗だらけの人生ではなくなり、あらゆるサポートが舞い込むような不思議なことばかりが起こり、37歳の時に自分の内側の源泉(本来の自分)に辿り着き(思い出し)44歳の時に突然宇宙の洪水がやってきて飲み込まれて「全ては一つ」の至福体感を「思い出す」体験が起こりました。

そしてこの「全ては一つ」の体感を「思い出す」ことこそが完全なる存在と一つになる「明け渡し」となり、それが30歳の臨死体験後に発言した「神さまに身体も命もすべてをあげます」だったのか…とわかりました。



その体験があったからといって毎日の暮らしは以前と変わらず普通です。

しかし、意識が以前とは違います。

苦しみがなくなるのです。
なぜならば、ありのままをそのまま愛するからです。


自分の内側のお臍の少し下にある源泉(本来の自分)を思い出し、
全ては一つであることを思い出すと、

自分の中心が(源泉に)定まり、

偽りの自分の仮面はいらなくなり、
本来の自分で生きることが自然とできるようになり、

他人のエゴ(欲)を支えるためにYesとは言わず、それは違うな…と感じることには勇気を持ってNoと言えるようになれ、

自分ではなく宇宙全体の存在の意識で行動するように自然となり、それが自然と周りと調和した生き方となり、

自分も周りもお互いに無理なく生きることができ、不思議と苦しみがなくなった人生へと自然となってしまいました。


「神さまに身体も命もすべてあげる」と言った時から、不思議な目に見えない何か大きな存在によって、温かく見守られながらたくさんのサポートがやってきて導かれるように今まで生きてきた16年間でした。


それでも、今でもどの宗教グループにも入ってはいません。

なにもわからないままです。

ただ、わかることは、存在全てを愛し感謝し信頼していることだけです。

それしかわかりません。

ただ目の前にあることを一つ一つこなして普通に生きているだけです。


今でもなにかに導かれながら学びは続いている感じがあります。


oshoが話すように、

『カビールは言う、

「失敗とはあなたから存在(神)を引くことだ。」

それが、あなたとしてのあなたが失敗の根本的な原因だ。

成功は存在(神)の中に、
そして、存在(神)とともにある。』


わたしはこのカビールの詩のような人生があり、本当にそうだな〜と思っています。

今でもどの宗教グループには入ってはいませんし、難しいことはわかりませんが、自分の体験からは、存在(神)と一つであり、全ての存在を愛し感謝し信頼しています。

それしかわかりませんが…

なにやら失敗は訪れて来なくなりました(^-^)

それだけは長年の体験から確かにわかったことです。



本来の自分(源泉)を思い出し、
本来の状態である「全ては一つ」であることを思い出す。

たぶん、その存在と一つであることを思い出すことが、失敗をし続けることをなくすものなんだな〜と体験から思います。


本来の自分や本来の状態を「思い出す」ためには、

自分の内側にあるマインド(思考)とエゴ(欲)をなくし空っぽな状態であることです。


なぜならば、
本来の自分や本来の状態は愛100%です。

愛100%の中にはマインドとエゴは全くありません。

マインドとエゴがある限り愛100%の本来の自分や本来の状態は思い出せません。


まずは、地道にマインドとエゴをなくし空っぽになるようにすることからはじめればいつかは必ず本来の自分や本来の状態を「思い出し」ます。


マインドとエゴが空っぽになった時に、
自然と愛100%であることを体感します。
それは満たされリラックスした心地よい至福感でいっぱいになります。

すると、存在(愛100%)の方からあなたの元へ洪水のように突然やってきて一瞬で存在全てと一つであることを思い出します。

それを光明enlightenmentと人はよんでいるようです。


光明enlightenmentに「なる」
ではなく、
光明enlightenmentで「ある」状態を「思い出す」だけです。


人はみな本来の光明enlightenmentな状態「全ては一つ」で「ある」のです。


これは逸話や物語ではなく、誰もが体験できる本当のことです。すでにそれなのだから、それを思い出すだけ…


誰もが自分を失敗や苦しみから自力で解放できるのですね(^-^)「思い出す」ことによって…


正しく想起する、

sammasatiサマサティ(right remembrance)


瞑想と愛 (^-^)  meditation & love


『The last word of Buddha was, sammasati. 

Remember that you are a buddha – sammasati.』



花仙人