読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

今ここ(過去でも未来でもなく)

今ここ(過去でも未来でもなく)


今日はお花のお写真をご紹介するよ( ´ ▽ ` )ノ


*  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  


あなたは現在〈今ここ〉を味わったことがないので、
未来について白日夢を見る。

現在〈今ここ〉を味わいはじめなさい。

自分がただ喜んでいる瞬間をいくつか見つけるがいい。 
 
樹を見て、ただ見ることになりなさい。
鳥を聴いて、ただ聞いている耳になりなさい。

それらをあなたのもっとも深い核まで届かせなさい。

彼らの歌をあなたの存在の隅々まで行きわたらせるがいい。

浜辺に坐り、ただ荒波の轟を聴いて、
それと1つになるがいい…なぜなら、
荒波の轟には過去も未来もないからだ。

もしあなたにそれと調子を合わせることができたら、あなたも荒波の轟となる。

木を抱きしめ、そこにくつろぎなさい。
その緑のかたちがあなたの存在に勢いよく流れ込んでくるのを感じなさい。

砂の上に寝ころび、世間を忘れ、砂と、その涼しさと交感しなさい。その涼しさがあなたを満たすのを感じなさい。 

川に行き、泳ぎ、そして川をあなたのなかで泳がせなさい。水をはね散らし、はね散る水になりなさい。 


自分が楽しく感じることであれば、なんでもしなさい。

そして、それをトータルに楽しむがいい。

そのわずかな瞬間、
「過去」と「未来」は消え、
あなたは〈今ここ〉にある。


こうした瞬間は最初の良い知らせを、
最初の神の福音を運んでくる。 

福音は『聖書』のなかにあるのではない。

福音は川のなかに、荒海の轟のなかに、星たちの沈黙のなかにある。


良い知らせは至るところに記されている。

宇宙のすべてがメッセージだ。

それを解読しなさい。

その言語を学びなさい。

その言語は〈今ここ〉のものだ。 


あなたの言語は過去と未来のものだ。
だから、もしあなたがマインド(思考)の言語を話しつづけるのであれば、あなたはけっして存在と調子が合わない、調和することはない。

そして、その調和を味わわなかったら、どうやって白日夢を止めることができるだろうか? 


それこそが、あなたの生なのだから。 


from osho talks
oshoの講話より


*  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  〜   *  


「過去」と「未来」はマインド(思考)白日夢

〈今ここ〉は生(Being存在=愛)


(Being存在を神(愛)という宗教もあります。)



「過去」と「未来」のマインドがある時、

あなたは〈今ここ〉にいません。



「過去」に痛みがあると「未来」を不安に思い、「過去」と「未来」をマインド(思考)は行ったり来たりしたり、

また、痛みと不安から逃避するための空想(マインド)が働くと、

あなたは〈今ここ〉にいません。

〈今ここ〉を生きていません。

f:id:hanasennin9:20160518074417j:plain


「過去」と「未来」のマインド(思考)が消えた時、

ノーマインドになります。

ノーマインドになるということは、「過去」と「未来」をマインドは行ったり来たりしない、空想しない、ということです。

ノーマインドの状態になると、はじめて〈今ここ〉(現在)を生きることができます。

f:id:hanasennin9:20160518074521j:plain

ノーマインドの状態は沈黙の至福感があります。

その時にはじめて愛を高みへと昇っていくことができます。



oshoはこう話します。

『太陽が昇るのを見ている時に、

「太陽が昇るのはきれいだな〜。」

というマインド(思考)を持つと、

あなたは大切なことを『見逃す』。

マインド(思考)を一切持たず、

ただ太陽が昇るのを見て感じなさい。

太陽と一つになりなさい。


花を見て、

『きれいな花だな〜。』

とか

『なんていう名前なんだろう?』

とかのマインド(思考)を持たず、

ただ花を見て感じなさい。

花と一つになりなさい。


Being存在と1つになりなさい。


それが〈今ここ〉を生きるということだ。』



〈今ここ〉を生きる=存在Beingと1つに調和している。

『全ては1つ』

それは「本来の自然な状態」です。


「偽りの自分」はマインドがある状態の自分です。


マインドがある状態の時、
人間は「本来の自然な状態」である存在Beingと『全ては1つ』であることを『忘れて』います。


ノーマインドの状態だと、
「本来の自然な状態」である存在Beingと『全ては1つ』であることを『思い出し』ます。

それは沈黙の至福です。


1度その感覚のコツを掴むと、その『全ては1つ』の感覚を忘れることはありません。

なぜならば、それは生まれる前からいつもその「本来の自然な状態」ですから、その感覚が失われたことは1度もないからです。


マインドがあるから『忘れて』いるだけ。


ノーマインドになって〈今ここ〉を生きる。


それは無意識から意識への変容。

それは沈黙の至福感の愛を生きること。


今日はとーちゃん仙人からたくさんの『今』咲いているお花のお写真をお届けしますね(^-^)

見て感じてお花と1つになる(-_^)

ノーマインドで(^-^)

f:id:hanasennin9:20160518075218j:plain
f:id:hanasennin9:20160518075245j:plainf:id:hanasennin9:20160518075301j:plain
f:id:hanasennin9:20160518075329j:plain
f:id:hanasennin9:20160518075349j:plain
f:id:hanasennin9:20160518075423j:plain
f:id:hanasennin9:20160518075440j:plain
f:id:hanasennin9:20160518075459j:plain

正しく想起する、

sammasatiサマサティ(right remembrance)


瞑想と愛 (^-^)  meditation & love


『The last word of Buddha was, sammasati. 

Remember that you are a buddha – sammasati.』



花仙人



わたしが描いた図の詳しいお話は、oshoの講話「あなたが死ぬまでは」にあります。日本語に翻訳された本もあります。

f:id:hanasennin9:20160518075532j:plain

英語の講話「until you die」のダウンロードPDFはこちらです。



花仙人