花仙人の日記

『全ては1つ』を「思い出す」sammasati

人間は地球の客人(ゲスト)

人間は地球の客人(ゲスト)
 
 
f:id:hanasennin9:20160701064624j:plain
 
 
osho talks…
 
私たちはみな裸でこの世界にやってきた。
 
私たちはこの世界の中に何も持ってきてはいない。
 
私たちは本当に私たち自身しか持ってはいない、
自分自身以外の全ての物はこの世界に属していて、
それは私たちの物ではない。
 
 
真の現実とは、
あなたはあなた自身しか与えることができないということだ、
それはすばらしい現実であり、とほうもなく美しく、真正のスピリチュアルだ。
 
 
全ての人々は地球の客人(ゲスト)だ。
 
 
存在に感謝しなさい、
あなたが客人(ゲスト)として招待されたことを。
 
 
誰もここに属してはいない。
 
みんなある日ここに来て、
みんなある日ここを去っていく。
 
これは大きな宿だ。
 
 
誰がここにいるというのか?
 
 
何百万という人々があなた以前にここにいて、
彼らの名前さえ記憶に残っていない。
 
彼らはみな客人(ゲスト)だった。
 
そして何百万という人々が、私たちが去った後、ここにいるだろう。
 
 
この惑星を駅の待合室のように使ってはいけない。
 
とくにインドの駅のだ。
 
私は何年にも渡って旅をしてきた。
何千という待合室にいた、
そして奇妙な光景を目にしてきた。
 
人々がバナナの皮を床に棄てている。
「パン」の葉を床に吐き棄てている。
 
「何をしているんだ!」
 
と私が尋ねたなら、
 
彼らの答えは、
 
「ここはただの待合室だ、誰の家でもない、誰が構う?
たった10分かそこらで、私の列車はやってくるんだ!」
 
あなたの列車がやってくるのは確かだ、
しかし、
あなたの列車は何人かの乗客を連れてきて、
彼らはこの待合室にいることになる、
あなたのバナナの皮と一緒にだ!
 
 
 
あなたは客人(ゲスト)だ。
 
 
 
この地球を、
もう少し美しくして、
もう少し人間味あり、
もう少し愛情深く、
もう少し薫り高くして去りなさい、 
あなたの後にやってくる、
見知らぬ客人のために。
 
 
 
私たちはみな客人(ゲスト)だ、
この美しい地球を駅の待合室のように使ってはいけない。
 
 
 
地球は待合室ではない。
 
 
 
地球は私たちの家homeとなり、
他の誰かの家homeにもなる。
 
 
 
こんな惨めなことは言わないように、
 
「私はいなくなる…10分後には私の列車はやってくる、
私が待合室を汚して去っても、誰が構う?」
 
 
 
誰も、ここには属していないのだ。
 
 
 
今のところ私たちはここにいて、
今のところ私たちは、トータルに、強烈に、ここにいなくてはならない。
 
 
そしてこの瞬間を、できる限り美しくしなくてはならない。
 
 
私たちは生を、ダンスのように生きなくてはならない。
 
 
そうすれば、私たちが去った後、
後からやって来る人たちは誰でも、気づくだろう、
 
ここにいた人びとは、
普通の人びとではなかったと、
 
彼らは花々と芳香を遺していった、
 
彼らは彼らの歌と、
彼らのダンスの、
こだまを遺していった、
 
彼らは、純粋な24金の足跡を遺していった。
 
 
 
私たちが客人なのは、不運ではない。
 
それは大いなる機会だ。
 
この惑星、この存在は、
あまりにも気前良く、親切で、愛情深く、受け入れてくれているので、
あなたがここにいるのを、歓迎してくれている。
 
 
 
足跡を遺しなさい。
 
 
 
あなたは行ってしまうだろうが、
あなたの笑いは後に残るだろう。
 
あなたは行ってしまうだろうが、
あなたのダンスは後に残るだろう。
 
あなたは行ってしまうだろうが、
あなたの生き方は、
独自のバイブレーションを生み出し続けるだろう。
 
そしてそれは未来の人々に、
感謝とともに、思い起こせるだろう。
 
自分たちは、偉大な惑星の継承者なのだと。
 
偉大な人類の継承者なのだと。
 
 
 
誰1人も地球の主人(ホスト)ではない、
みんな地球の客人(ゲスト)だ。
 
 
 
あなたはあなた自身以外なにも与える物を持っていない。
 
私たちはこの世界の中に何も持ってきてはいない。
 
私たちはみな裸でこの世界にやってきた。
 
 
 
f:id:hanasennin9:20171021112323j:image
 
 
f:id:hanasennin9:20160701064743j:plain
(osho zen tarot)
 
 
 
osho talks…
 
We all come naked in the world. 
 
We don't bring anything into the world. 
 
All that we really have is our own self -- everything else belongs to the world, is not ours. 
 
 
The very realization that you can give only yourself is a great realization, tremendously beautiful and intrinsically spiritual.
 
 
Everybody is a guest.
 
Be grateful to existence that it has invited you to be a guest.
 
 
Nobody belongs here. 
 
Everybody comes one day, 
and everybody one day goes away. 
 
This is a big caravanserai. 
 
 
Who is going to stay here? 
 
 
Millions of people have been here before you -- not even their names can be remembered, they were all guests -- and millions of people will be here after we are gone.
 
Just don't use this planet like a waiting room in a railway station, particularly an Indian railway station. 
 
I have been traveling for years, staying in thousands of waiting rooms and seeing the strange scene. 
 
People are throwing their banana peels on the floor, spitting their "pan" leaves on the floor, even if I have asked them, 
 
"What are you doing!" 
 
They answer me saying, 
 
"This is only a waiting room. It is not anybody's home. And who cares? Just ten minutes more and my train is coming!" 
 
It is true your train is coming, but your train will be bringing a few passengers who will be staying in this waiting room with your banana peels!
 
You are a guest. 
 
Leave this earth 
a little more beautiful, 
a little more human, 
a little more lovable, 
a little more fragrant, 
for those unknown guests who will be following you.
 
 
We are all guests, but don't use this beautiful planet as a railway-station guest house. It is not a waiting room. 
 
It is our home for the time being and it will still be the home for somebody else. 
 
Don't be so miserly as to say, 
 
"I will be gone -- after ten minutes my train is coming, so who cares if I leave the waiting room dirty?"
 
 
Nobody belongs here.
 
But for the moment we are here, and for the moment we have to be here totally, intensely, and we have to make this moment as beautiful as possible. 
 
 
We have to live our life like a dance, so when we leave, anybody who comes after us will find that the people who have been here were not ordinary people; they have left flowers and fragrance; they have left the echoes of their songs and their dances; they have left their footprints in pure, twenty-four carat gold.
 
It is not unfortunate that we are guests. 
 
It is a great opportunity: the planet, the existence, has been so generous, so kind, so loving, so accepting, that it has welcomed you to be here.
 
Leave your mark. 
 
You may be gone, but your laughter can remain. 
 
You may be gone, but your dance can remain behind. 
 
You may be gone, but the way you lived will go on creating its own vibrations; the people of the future will be reminded, with gratitude, that they are inheritors of a great planet and of a great race of human beings.
 
 
Nobody is a host; 
everybody is a guest.
 
 
You don't have anything to give except yourself. 
 
We don't bring anything into the world. 
 
We all come naked in the world. 
 
 
 
 
from osho talks
oshoの講話より
 
The Golden Future
 
Talks given from 19/04/87 pm to 31/05/87 pm,
English Discourse series,
40 Chapters
 
Chapter #22
Chapter title: The time for families is over 
 
22 May 1987 pm in Chuang Tzu Auditorium
 
英語のダウンロードpdfはこちら。
 
 
f:id:hanasennin9:20160701070013j:plain
 
Youtubeはこちら。
 
osho : Don't use this planet like a wating room
 
 
 
 
 
sammasatiサマサティ
right remembrance
正しく想起する。
 
 
『The last word of Buddha was, sammasati. 
 
Remember that you are a buddha – sammasati.』
 
 
瞑想と愛 (^-^)  meditation & love
 
 
 
 
地球のすべての生き物たちは地球から生まれました。
 
人間や全ての生き物たちが生きるために「必要」なものだけでなく、
 
娯楽から戦争までのあらゆる人間のエゴ(欲)「欲望」を満たすための全てを与え続けてくれる地球…
 
全てを与え続けてくれて…
 
地球…ありがとう(*^_^*)
 
f:id:hanasennin9:20160701065105j:plain
 
花仙人