読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

沈黙 silence と 無 no-thingness

沈黙 silence と 無 no-thingness


f:id:hanasennin9:20160714055017j:plain

沈黙 silence


The energy of the whole has taken possession of you.  You are possessed, you are no more, the whole is.

全体なるもののエネルギーが、
あなたを乗っ取っている。

あなたは乗っ取られているのだ。
もはやあなたはなく、全体がある。


This moment, as the silence penetrates in you, you can understand the significance of it, because it is the same silence that Gautama Buddha experienced.  

It is the same silence that Chuang Tzu or Bodhidharma or Nansen…The taste of the silence is the same.  

この瞬間、沈黙があなたに浸透していくにつれて、
あなたはその沈黙の意義を理解できるようになる。

というのも、それはゴータマ・ブッダが体験したのと同じ沈黙だからだ。
それは同じ沈黙だ。

荘子菩提達磨や南泉が…。

その沈黙の味は同じだ。


Time changes, the world goes on changing, but the experience of silence, the joy of it, remains same.  That is the only thing you can rely upon, the only thing that never dies. It is the only thing that you can call your very being.

時代は変わる、
世界は変化しつづける。

だが、沈黙の体験、その喜びは、
変わらず同じままだ。

その喜びは、
変わらず同じままだ。

それこそが頼りになる唯一のもの、
けっして死ぬことのない唯一のものだ。

それこそが、
あなたの実存そのものと言っていい唯一のものだ。




f:id:hanasennin9:20160714055126j:plain

no-thingness ・ 無 ・ シュニヤータ


Gautama Buddha has chosen one of the really very potential words - shunyata.

The English word, the English equivalent, "nothingness", is not such a beautiful word.

That's why I would like to make it 
"no - thingness"
because the nothing is not just nothing.

It is all.

It is vibrant with all possibilities.  
It is potential, absolute potential.  
It is unmanifest yet, but it contains all.

ゴータマ・ブッダは、
本当に潜在能力の高い言葉の1つを選んだ…
シュニヤータ。

英語、それに相当する英語”nothingness”はそれほど美しい言葉ではない。

私がそれを”no-thingness”としたいのは、そのためだ。

というのも、無というnothingは、
ただのnothingではないからだ。

それは全てだ。

あらゆる可能性で脈打っている。
それは潜在能力、絶対的な潜在能力だ。

それはまだ顕現していない。
だが、すべてを含んでいる。


In the beginning is nature, in the end is nature, so why in the middle do you make so much fuss?

Why, in the middle, becoming so worried, so anxious, so ambitious - why create such despair?

Nothingness to nothingness is the whole journey.

初めに自然があり、終わりに自然がある。

だとしたら、
なぜ、その真ん中でそんなに大騒ぎするのかね?

なぜ、その中間で
そんなに心配し、
そんなに気をもみ、
そんなに野心を抱くのかね?

なぜ、それほどの絶望をつくりだすのかね?

無から無へ、それが旅の全てだ。




from osho talks
oshoの講話より

from osho zen tarot

f:id:hanasennin9:20160714055418j:plain




マインド(思考)とエゴ(欲)をすべて落とし、
沈黙、無となったとき、
人間の本来の自然な状態である
『源泉』を一瞬で『思い出す』
『全ては一つ』を『思い出す』

沈黙の至福感を『思い出す』




sammasatiサマサティ(right remembrance)
正しく想起する。


『The last word of Buddha was, sammasati. 

Remember that you are a buddha – sammasati.』


瞑想と愛 (^-^)  meditation & love




花仙人