読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

無我 NO-SELF

osho サマサティ おしゃかさま&はな
無我  NO-SELF


f:id:hanasennin9:20160821104245j:plain
「おしゃかさま&はな」の漫画で
hanaちゃんがお話する、

ノーマインド、空っぽってなんだろう。。。

oshoはゴータマ・ブッダ(おしゃかさま)の話す空っぽについて講話の中でたくさん語っています。

今日はそのほんの1部をご紹介します。


*     *     *     *     *     *     *     *     *


無我


思考が停止している時、あなたは誰か? 

全くの空っぽ、無、ノー・シングネス。

このことから、ゴータマ・ブッダは変わった言葉を用いた。

後にも先にも、そのような概念を打ちだしたものは誰ひとりとしていない。


神秘家はあなたの実存の最奥の中核に対して、常に「自我(self)」という言葉を用いてきた。

ゴータマ・ブッダは「無我(no-self)」という言葉を用いる。


そして私は彼に完全に同意する。
彼ははるかに正確で、より真理に近い。

「自我(self)」という言葉を用いることは--

たとえあなたが大文字の「S」でそれを用いるとしても、大した違いはない。

それは、あなたにエゴの感覚を与え続ける。

そして大文字の「S」を用いることで、あなたにさらに大きなエゴを与えるかもしれない。


ゴータマ・ブッダは、
アートマン、アッタ--「自我(self)」という言葉を用いない。

彼は正反対の言葉「無我(no-self)」--アナートマン、アナッタを用いる。


ゴータマ・ブッダは言う、

マインドが停止している時、
自我は残されていない。

あなたは普遍的なものになった。

あなたはエゴの境界を越えてあふれ出した。

あなたは、何ものにも汚染されていない純粋なスペースだ。

あなたはただ、何も映し出していない鏡だ。



NO-SELF

When thoughts cease, who are you? 

An utter emptiness, nothingness, no-thingness. 

It is because of this that Buddha has used a strange word. 

Nobody has ever done such a concept before, or since. 


The mystics have always used the word “self” for the interior-most core of your being. 

Buddha uses the word “no-self.” 


And I perfectly agree with him. 

He is far more accurate, closer to truth. 


To use the word “self” - even if you use it with a capital “S,” does not make much difference. It continues to give you the sense of the ego. And with a capital “S,” it may give you an even bigger ego.


Buddha does not use the words atma, atta - "self". 

He uses just the opposite words: “no-self” - anatma, anatta. 


He says that when mind ceases, there is no self left. 

You have become universal, you have overflowed the boundaries of the ego. 

You are pure space, uncontaminated by anything. 

You are just a mirror reflecting nothing.




f:id:hanasennin9:20160821104145j:plain
oshoの講話より
from osho talks

The Dhammapada: The Way of the Buddha, Vol 1

Talks given from 21/06/79 am to 30/04/80 am

The Dhammapada: The Way of the Buddha, Vol 1 Chapter #1

Chapter title: We are what we think

21 June 1979 am in Buddha Hall


英語のpdfダウンロードはこちら。


*     *     *     *     *     *     *     *     *


自分の内側が空っぽになる瞬間…


「私」さえも消え去る瞬間…


全ては一つであることを『思い出す』瞬間…


それが真の状態であることを『思い出す』瞬間…


全てを正しく想起します、サマサティ…


sammasatiサマサティ(right remembrance)
正しく想起する。


『The last word of Buddha was, sammasati. 

Remember that you are a buddha – sammasati.』


瞑想と愛 meditation & love



花仙人
広告を非表示にする