花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

生への満足感

生への満足感
 
 
夏休みもあと少しですね(-_^)
いっぱい遊んだかな?
 
 
夏休みの思い出は…
 
木がたくさんある中の一本の木に登り、
木の枝に座って蝉の大合唱をただ聞く、
自分が周り全体に溶け空気になった瞬間…
 
水がさらさら流れる川の中の小魚たちを、
スイスイ泳ぐ小魚たちをじーとただ見る、
自分が周り全体に溶け水になった瞬間…
 
波がどぷんどぷんとくる海に浮かび、
青空に浮かぶ入道雲を見ながらただ浮かぶ、
自分が周り全体に溶け海になった瞬間…
 
そんなことが心地よくて楽しかった子供の頃の夏休み。
 
 
ノーマインドで自然と一つになることは、
子供にとっては普通のことだったな〜。
 
子供は中心である『源泉』のままで生きることが普通にできている。
 
 
でも、周りにいる大人たちは、
 
『マインド(思考)やエゴ(欲)を持ちなさい』
 
と教え洗脳(マインドコントロール)し続け、
 
子供たちは、
 
それは何か違う…と感じていても、
 
いつの間にか、
それが『正しいこと』だと思い込むマインド(思考)を持ってしまう。
 
そして、そのように生きるよう努力する…
 
 
どんどん『源泉』を『忘れて』いき、
どんどん『源泉』を『思い出す』ことができなくなる…
 
どんどん『源泉』の至福を『忘れて』いき、
どんどんマインド(思考)とエゴ(欲)の苦しみが増していく…
 
 
真の至福を再び『思い出す』には、
どうやら、
洗脳され続けている
マインド(思考)とエゴ(欲)を持つということを『手放す』しかないようです。
f:id:hanasennin9:20160825114522j:image
 
今の子供たちが、
今の大人たちが子供の頃、
みんな知っている
永遠に存在する真の至福とは…
 
oshoはこう話しています。
 
 
*     *     *     *     *     *     *     *     *
 
 
生への満足感
 
 
自らの『中心』を見つけることなしに
満足感を得ることは、不可能だ。
 
 
あなたは探求し続けることができるし、
生の中で多くのことを見つけるだろう。
 
だが、なにひとつ満足させてはくれない。
 
欲望が成就される時、
一瞬の幻想があるだけだ。
 
一瞬あなたは気分がいい、
だがほんの一瞬だけだ。
 
 
1つの欲望が消える時、
その場所には10個の欲望が生まれる。
 
 
再び騒動のすべてが始まり、
再び刺激的な体験のすべてが始まる。
 
そして、それは終わりのないプロセスだ。
 
 
 
自らの『中心』を見つけて初めて、
そのプロセスは止まり、
その車輪はもはや動かなくなる。
 
自らの中心に帰ってくることで、
すべての欲求は消える--
 
 
あなたは完全に満足する、永遠に。
 
 
それは一時的な満足ではない。
 
 
それは心の充足感、絶対的な心の充足感だ。
 
 
あなた自身の内側に帰ってくることが満足感を与える、
間違いなく満足感を与えてくれる。
 
 
 
生におけるその他のすべては約束だ。
 
だが、ただ偽りの約束だ。
 
商品は決して配達されない。
 
お金が、もしそれを持てばあなたは救われるだろうと、約束する。
 
しかし、
 
人びとがさらに金持ちになり続けても、
 
幸福は決してやって来ない。
 
 
それは地平線のようにいつもそこにある--
 
とても捕まえにくい。
 
 
関係性が、今すべてがうまくいっているようだし、
永遠に幸せでいられるだろう、
というアイデアをあなたに与える。
 
しかし、それは決して起こらない。
 
 
 
自らの『中心』を見つけて初めて、満足感は起こる。
 
 
 
LIFE SATISFACTION
 
Without finding your center, there is no satisfaction possible. 
 
You can go on searching and you will find many things in life, but nothing is going to satisfy. 
 
Just a moment´s illusion when a desire is fulfilled. 
 
For a moment you feel good, but only for a moment. 
 
As one desire disappears, ten desires arise in its place. 
 
Again the whole turmoil starts, again the whole trip. And it is a non-ending process.
 
 
Only with finding your center does that process stop, that wheel moves no more. 
 
Coming home to your center, all desiring disappears - you are utterly satisfied, and forever. 
 
It is not a momentary satisfaction. 
 
It is contentment, absolute contentment. 
 
Coming home inside yourself satisfies, really satisfies.
 
 
Everything else in life is promises, but only false promises. 
 
The goods are never delivered. 
 
Money promises that if you have it you will be helped. 
 
But people go on becoming richer and richer and happiness never arrives. 
 
It is always there like the horizon - very elusive. 
 
Relationships give you the idea that everything will be good now and you will live in happiness forever, but it never happens.
 
 
Only with finding your center, satisfaction happens.
 
 
*     *     *
Hasiba. It means: one who satisfies. 
 
Without God there is no satisfaction possible. 
 
One can go on searching and one will find many things in life but nothing is going to satisfy. Just a moment’s illusion that one feels satisfaction, one has not even felt it and it is gone. Just a dewdrop slipping on the grass leaf: you have not even seen it correctly and it has disappeared, fallen. That’s how we come across satisfaction: one desire is satisfied – for a moment one feels good, but only for a moment, and again the whole turmoil starts, again the whole trip. 
 
As one desire disappears, ten desires arise in its place, and it is a non-ending process.
 
Only with God does that process stop, that wheel moves no more. When one comes to see God, feel God, live God, all desiring disappears – one is utterly satisfied, and forever. It is not momentary satisfaction, it is contentment, absolute contentment; hence the name Hasiba. God is one who satisfies, who really satisfies.
 
Everything else in life only promises, but they are false promises, the goods are never delivered. Money promises that if you have it you will be helped. But people go on becoming richer and richer and happiness never arises. It is always there like the horizon – very elusive. 
 
Relationships give one the idea that everything will be good now and one will live in happiness forever, but it never happens. It happens only with God and in God.
 
So whatsoever satisfies you totally, absolutely and forever, is what God is: God is another name for that which satisfies.
 
 
 
f:id:hanasennin9:20160825114131j:plain
oshoの講話より
from osho talks
 
The 99 Names of Nothingness
 
Talks given in Chuang Tzu Auditorium 
 
from 1may 1978 to 31may 1978 Darshan Diaries
 
CHAPTER 2
 
2 May 1978 pm in Chuang Tzu Auditorium
 
 
英語の講話のpdfダウンロードはこちら。
 
 
 
*     *     *     *     *     *     *     *     *
 
 
マインド(思考)
エゴ(欲)
それらが空っぽになる…
 
 
自分の内側が空っぽになる瞬間…
 
 
自分の内側にある『源泉(愛)』を『思い出す』瞬間…
 
 
『源泉』=愛、中心center、丹田、魂、神、宇宙、存在、etc…呼び名はなんでもいい…
 
 
「私」さえも消え去る瞬間…
 
 
全ては一つであることを『思い出す』瞬間…
 
 
それが真の状態であることを『思い出す』瞬間…
 
 
それが永遠の満足感の至福であることの『理解』が起こる瞬間…
 
 
全てを正しく想起します、サマサティ…
 
 
sammasatiサマサティ(right remembrance)
正しく想起する。
 
 
『The last word of Buddha was, sammasati. 
 
Remember that you are a buddha – sammasati.』
 
 
瞑想と愛 meditation & love
 
 
 
花仙人
 
 
 
f:id:hanasennin9:20160825114619j:image
f:id:hanasennin9:20160825114629j:image
f:id:hanasennin9:20160825114642j:image
f:id:hanasennin9:20160825114657j:image
f:id:hanasennin9:20160825114742j:image
f:id:hanasennin9:20160825114758j:image
f:id:hanasennin9:20160825114857j:image
花仙人
 
広告を非表示にする