花仙人の日記

『全ては1つ』を「思い出す」sammasati

おしゃかさま&はな〈源泉ー2〉

おしゃかさま&はな〈源泉ー2〉

f:id:hanasennin9:20160828123259j:image

f:id:hanasennin9:20160828123323j:image

f:id:hanasennin9:20160828123341j:image

f:id:hanasennin9:20160828123355j:image

f:id:hanasennin9:20160828123412j:image

f:id:hanasennin9:20160828123435j:image

f:id:hanasennin9:20160828123451j:image

f:id:hanasennin9:20160828190924j:image

f:id:hanasennin9:20160828123528j:image

f:id:hanasennin9:20160828123542j:image

 

1人1人みんな「源泉」という宝物持って生まれてきます。

 

子供の頃はまだ「源泉」の本来の状態のままで生きていますが、

 

エゴ(欲)やマインド(思考)を持つことで、

どんどんマインド(思考)を働かせる頭ばかりを使い、

お腹にある「源泉」を「忘れて」いってしまいます。

 

しかし、頭の中には「源泉」はなく、

本来の才能や個性や知恵などの

現世、自分が至福に生きるための宝物は

全て「源泉」の中にあります。

 

「源泉」の中にある潜在能力や知恵を

いかして生きることは

自分の魂の計画を生きる至福の喜びでもあります。

 

魂の才能や個性をさらに成長させるために生まれてきたのですから…

 

頭のマインド(思考)に従って生きると

人生行き詰まったり失敗したりします。

 

なぜなら、マインド(思考)は「源泉」ではないので

魂の計画やその計画を生きるために必要な

才能や個性や知恵がないからです。

 

「源泉」の本来の自分以外の自分で生きることは

それは

マインド(思考)に従って生きることは

偽りの自分を作り生きることになるので、

本来の自分の才能や個性以外の誰かを演じ生きることになるので、

かなり苦労をしたり失敗したりします。

 

たとえば、

歯の細胞に、皮膚の細胞となり働きなさい。

と命令しても、それは不可能に近いような苦労があります。

 

人間も同じです。

 

自分の才能や個性をそのまま生きることは、

得意だし、無理がなく、楽しく、多少疲れてもやり続けさらに成長しようと思いエネルギーが湧いてきます。

人生がとんとん拍子にスムーズに進んだりします。

 

でも、

自分の才能や個性ではない、

自分が得意としない能力を身につけて働かなくてはならないときは、

不得意なものは無理があり、苦痛で、やる気も失い、疲れ果てて、これ以上は無理、とできなくなります。

嫌々やることは、怪我や事故や病気になったりします。

人生がうまくいかなくなったりします。

 

自分の「源泉」をありのまま自然に生きることは、

歯の細胞が歯として働き生きることのように

無理がなく自然なままで生きることができ

歯以外の皮膚にならなくてはならない…というような

自分以外の誰かを演じ生きるような無駄な苦しみはありません。

 

自分の「源泉」を「思い出し」生きることは、

真の至福の喜びを生きることでもあります。

 

「源泉」を「思い出す」ことを邪魔しているものは、

自分の内側にある

エゴ(欲)

マインド(思考)

です。

 

「源泉」を「思い出す」ためには、

エゴやマインドを手放し、

明け渡す愛は必要かと思います。

 

自分の「源泉」以外の誰かを演じて生きたい欲がありますか?

偽りの自分を作り演じて生きることは苦しくないですか?

 

自分の「源泉」魂の計画以外の自分を生きたい欲がありますか?

 

 

わたしは光明する前は、

自分の「源泉」魂の計画を生きることが嫌で嫌で泣いて逃げていました。

すると、人生はどんどん地獄の方へ…

 

でも、自分の「源泉」からは逃げられない。

「源泉」は自分の内側にあるのだから。

 

どこに行っても、宇宙の果てに行っても、

自分の内側にある「源泉」からは逃げられない…

 

しかし、いろいろな困ったことが起こり、

自分の「源泉」魂の計画を生きる覚悟、腹を決めたら、

エゴ(欲)を「私」を捨て去り、明け渡しをしたら、

一気に一瞬で光明しました。

 

それが私の最後の手放せなかったエゴ(欲)でした。

 

私の最後のエゴ(欲)とは、

光明して生きることが嫌だったのです。

 

光明して生き迫害にあう苦しみの過去世があまりにも辛くて、光明したくなかったのです。

 

同じような苦しみを持って現世光明したくないという過去世からの友を何人も見てきました。

 

ですから、無理に光明しましょう、とわたしは言いません。

ただ、

光明しないことによる、

「源泉」に逆らい逃げることによる苦しみはあると思います。

 

その選択は個人個人の自由選択でいいと思っています。

 

迫害を恐れているなら、

それを癒してみるのも

現世生きることが楽になると思います。

 

実際に光明しても迫害を受けていない人達は現世にはいますから。

 

光明をしたい!というエゴを持つ人もいるでしょうし、

光明をしたくない!というエゴを持つ人もいると思います。

 

どちらにしても、

エゴを手放し、癒しをすると

とても楽になると思います。

 

いろいろなエゴやマインドがありますよね。

自分の内側にあるそれに気づくことができれば、

苦しみのもとであるエゴやマインドを手放すことが自然にできます。

 

1人1人のみなさんが真に至福になりますように…

 

自分の内側が空っぽになる瞬間…


「私」さえも消え去る瞬間…


全ては一つであることを『思い出す』瞬間…


それが真の状態であることを『思い出す』瞬間…


全てを正しく想起します、サマサティ…


sammasatiサマサティ(right remembrance)
正しく想起する。


『The last word of Buddha was, sammasati.

Remember that you are a buddha – sammasati.』


瞑想と愛 meditation & love


f:id:hanasennin9:20160828194527j:plain 

f:id:hanasennin9:20160828194558j:plain

花仙人