花仙人の日記

『全ては1つ』を「思い出す」sammasati

涅槃 ニルヴァーナ



以前このブログでもわたしの3度の臨死体験のお話をご紹介しましたが、次に死が訪れたらこれに挑戦しようとワクワクしていますd(^_^o)


ゴータマ・ブッダのように、
死が訪れるときに
『源泉』に入って死をむかえる。


やっぱり瞑想は死ぬまで続けよう…


生きはじめも『源泉』
生き終わりも『源泉』

『源泉』にはじまって『源泉』に終わる…

無から無へ…

f:id:hanasennin9:20160829105234j:plain

oshoの講話の中でも、
この話はかなりときめいたのでご紹介します(-_^)


*     *     *     *     *     *     *     *     *


ゴータマ・ブッダが死のうとしていた。

生涯最期の日だった。

彼は弟子たちに、なにか聞きたいことはないかと尋ねた。

弟子たちは泣き悲しみ、そして言った、

「あなたは本当にたくさんのことを語ってくれました。もう聞くことはなにもありません。」

ゴータマ・ブッダは同じことを三度尋ねるという癖があった。けっして一度だけではやめなかった。もう一度、さらにもう一度、なにか聞きたいことはないかと尋ねるのだった、

「人はあまりにも不注意で無意識だから、

一度目は耳に入らないかもしれないし、

二度目は聞き逃してしまうかもしれない。」

三度にわたって彼は尋ねた。

そして三度にわたって彼の比丘たち、弟子たちは言った、

「もうなにも尋ねたくありません。あなたはたくさん語ってくれました。」

するとゴータマ・ブッダは目を閉じ、そして言った、

「もう尋ねることがないなら、
身体に死が起こる前に、
私はそこから離れるとしよう。

死が身体に入る前に、
私はそこから離れよう。」

彼は目を閉じた。

その目は静止し、
彼は徐々に離れていった。

伝えによると、
彼が内側へ向かう場面は4つに分かれていた。

まず、
第1に目を閉じた。

第2に目が静止し、動きがなくなった。
当時レム記録装置があったとしたら、グラフ上にはなんの動きも現れなかっただろう。

第3に彼は自分の身体を見た。

第4に彼は自分のマインド(思考)を見た。


これが旅のすべてだった。

死の起こる前に、
彼は自分のセンターに、
大本の『源泉』に戻っていた。


だからこそこの死は「死」と呼ばれないのだ。

私たちはそれを「涅槃(ニルヴァーナ)」と呼ぶ。

そこが違うところだ。

私たちはそれをニルヴァーナつまり

「止滅」

と呼ぶ。死ではない。


普通私たちが死ぬのは、
死が自分に起こるからだ。

だが死はけっしてブッダには起こらない。

死がくる前に、
もう彼は『源泉』へと戻っている。


死が起こるのは死体に対してだけだ。


ゴータマ・ブッダはもうそこにいなかった。

だから仏教の伝統によれば、彼はけっして死ななかった。

死は彼を捉えることができなかった。

死はやってきた--誰にでもやってくるように。

だが、彼はそれにつかまらなかった。

死に一杯食わせた。

彼はきっと笑っていたに違いない…

向こう側に立って。

そして、死は死体のところに取り残されていた。



Buddha was dying. 
It was the last day of his life, and he asked his disciples if they wanted to ask any questions. They were weeping, crying, and they said, 

”You have told us so much. Now nothing is left to ask.” 

Buddha had a habit of asking thrice. He would never stop after asking once. He would ask again, and then he would ask still again whether you had any question to ask. Many times Buddha was asked, 

”Why do you ask a single thing three times?” 

He said, 

”Because man is so unaware, so unconscious, he may not have heard the first time and he may have missed the second time.”

Thrice he asked, and thrice his BHIKKHUS, monks, his disciples said, 

”Now we do not want to ask anything. You have said so much.” 

Then he closed his eyes and said, 

”If you do not have anything to ask, before death occurs to the body I will move from it. Before death enters the body I will move from it.”


He closed his eyes. 
His eyes became static and he started moving. 

It is said that there were four parts to his movement inwards. 

First he closed his eyes; 

secondly, his eyes became static, there were no movements. If you had then the instrument for recording R.E.M., the graph would not have come. The eyes became static – that was the second thing. 

Thirdly, he looked at his body; 

then fourthly, he looked at his mind.


This was the whole journey. 
Before death occurred he was back at his center, in his original source. That is why this death is not called death: 

we call it NIRVANA

and this is the difference. 

We call it nirvana – cessation – not death. 

Ordinarily, we die because death occurs to us. It never occurred to Buddha. 

Before death came, he had already returned to the source.

Death occurred only to the dead body – he was not there to be found. So in Buddhist tradition it is said that he never died. 

Death could not catch him. 

It followed as it follows him everyone, but he could not be trapped; he tricked Death out of it. He must have been laughing – standing beyond, and Death was there only with a dead body.




Vigyan Bhairav Tantra, Vol 1

The Book of the Secrets: A New Commentary, The original series of 80 discourses were simply called ”Vigyan Bhairav Tantra”. 

For publication as books they were divided up into 5 volumes, called the ”The Book of the Secrets Volume 1 - 5” (16 discourses each).The books were later published as ”Vigyan Bhairav Tantra Volumes 1 and 2”,(40 discourses each). The two volumes also came with a deck of 112 cards to represent the various meditations.

Talks given from 01/10/72 pm to 01/03/73 pm English Discourse series


CHAPTER21. THREE LOOKING TECHNIQUES

14 December 1972 pm in Woodlands, Bombay


この講話の英語のダウンロードpdfはこちら。



この話の翻訳された本はこちら。
f:id:hanasennin9:20160829103856j:plain


*     *     *     *     *     *     *     *     *


自分の内側が空っぽになる瞬間…


「私」さえも消え去る瞬間…


全ては一つであることを『思い出す』瞬間…


それが真の状態であることを『思い出す』瞬間…


全てを正しく想起します、サマサティ…


sammasatiサマサティ(right remembrance)
正しく想起する。


『The last word of Buddha was, sammasati.

Remember that you are a buddha – sammasati.』


瞑想と愛 meditation & love

 
f:id:hanasennin9:20160829104216j:plain


花仙人

広告を非表示にする