花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

おしゃかさま&はな〈源泉ー愛〉

おしゃかさま&はな〈源泉ー愛〉

f:id:hanasennin9:20160831080457j:image

f:id:hanasennin9:20160831080525j:image

f:id:hanasennin9:20160831080541j:image

f:id:hanasennin9:20160831080555j:image

f:id:hanasennin9:20160831080640j:image

f:id:hanasennin9:20160831080701j:image

f:id:hanasennin9:20160831080722j:image

f:id:hanasennin9:20160831080740j:image

f:id:hanasennin9:20160831080800j:image

 

1人1人の人間はみな

本来の才能や個性をいかし生きるために生まれてきます。

 

それを生きることは至福の喜びであり

それを分かち合うことも至福の喜びと感じます。

 

それをいかし生きることができないときに

苦しみを感じます。

 

自分や他者や全ての存在が

本来の自分をいかし生きることを邪魔することは

苦しみであり、愛ではありません。

 

自分や他者や全ての存在が

本来の自分をいかし生きることを尊重し見守ることは

お互いに自由であり、愛そのものです。

 

全ての存在は愛100%です。

 

しかし、人間は

エゴ(欲)やマインド(思考)を持ち

それにより怒りや悲しみや憎しみや嫉妬や劣等感などの

ネガティブな思いを持ってしまい、

他者や全ての存在が

本来の自分をいかし生きることを邪魔してしまいます。

 

人間の本来の状態は愛100%ですが、

 

これらのネガティブな状態を持ってしまうことも事実です。

 

しかし、ネガティブな状態は本来の人間の状態ではなく偽りです。

 

人間は自分が偽りの状態であるときに苦しみます。

 

本来の状態ではないので違和感があり苦痛なのです。

 

苦しみをなくすためには、

自分のネガティブなモノを捨てるだけでいいのです。

 

でも、まずは、

自分のネガティブなモノに

自分で「気づく」ことが必要です。

 

気づかなければ、

苦しみのモトであるネガティブなモノを捨てることもできませんから。

 

そのネガティブなモノはあなたではありません。

本来のあなたは愛100%です。

 

ネガティブなモノを内側に持っているとしても

それは普通のことで

罪悪感を持ったり

劣等感を持つ必要はありません。

 

大切なことは、

 

罪悪感や劣等感を持つことではなく、

また、

罪悪感や劣等感を持つことで

ネガティブなモノを見ないように無視するのでもなく、

 

自分の内側にあるネガティブな苦しみのモトを

ちゃんと見て、

それらをお掃除して捨て、

 

自分の内側を「空っぽ」のきれいな状態で

スッキリさせることです。

 

もし、苦しみ続けたくなければ…。

 

苦しみ続けたい人はそのままでいいのです。

 

自分の内側をお掃除する必要はないのです。

 

お掃除するかしないかは

個人個人の自由選択です。

 

支配やコントロールや強制や抑圧はしません。

 

自由でいいのです。

 

苦しいことに疲れた人は

本来の愛100%の状態を「思い出す」と

苦しみとさよならして

至福の人生がはじまりはじめます。

 

人間は命を授かった瞬間から

愛100%の存在です。

 

愛100%になろう!としなくても、

もうすでに愛100%なのだから、

 

その本来の愛100%の自分を

ただ「思い出す」だけでいいのです。

 

「なる」ではなく、

「思い出す」です。

 

正しく想起する

sammasatiサマサティ(right remembrance)


『The last word of Buddha was, sammasati.

Remember that you are a buddha – sammasati.』


瞑想と愛 meditation & love

 

f:id:hanasennin9:20160831084138j:plain
f:id:hanasennin9:20160831084237j:plain

花仙人