読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

愛 Love ③

osho 瞑想 癒し おしゃかさま&はな サマサティ
愛  Love  ③
 
 
質問…
 
愛の泉
私達の中の『源泉』
愛は私たちの魂を自由にする
私たちみんなが見るこの美しい日
世界の希望は愛
 
 
osho…
 
愛は世界でただ1つの希望ではない、
だが、
ただ1つの希望だ。
 
 
今まで、人間はまったく愛のない生を生きてきた。
 
地球に存在した全ての社会、文化、宗教などは愛について話してきたが、とても愛のない存在を生きてきた。
 
過去では愛について多く話されてきたが、
社会が作り出した構造は基本的に愛に反することだ。
 
 
社会は戦争に向かった、
そして、
戦争に向かった社会は愛についてだけ話すことができる、
だが、
社会は愛を生きることができない
 
 
私たちはそのポイントにやってきた、
 
人間は全面的に変わる
それとも
人間は死ななくてはならない
 
というポイントに。
 
 
私にとって愛とはなんでもないが、
愛はあなたがたの中に創造性を生み出す。
 
愛によって、それはハートから愛が溢れ出すという意味だ。
 
 
私にとって愛はただの『関係』ではない。
 
私達が愛と呼んでいる『関係』は遠く離れている、
『実体』から遠くにあるエコー(反響)だ。
 
 
『実体』『関係』ではない、
 
『関係』ではなくて『状態』『実体』がある。
 
 
人は『愛する』のではなくて、
『人が愛』だ。
 
 
私が愛について話すときはいつでも
このことを覚えておくといい…
 
私は愛の『状態』について話している。
 
 
たしかに、『関係』はまったく好ましいものだが、
あなたが愛の『状態』に達していなければ、
その『関係』『偽り』のものになってしまう。
 
 
すると『関係』はただの見せかけではなく、
「危険な見せかけ」になる、
 
なぜなら、
 
それはあなたを騙し続けるかもしれないからだ。
 
それはあなたに
 
「自分は愛とはなにかを知っているという感覚」
 
を与えつづけるが、
 
あなたは知っていない
 
 
 
愛は基本的に『存在の「状態」』だ。
 
 
人は『愛する』のではない、
『人は愛』だ。
 
 
 
そのは誰かと『落ちる』ことで起こるのではない。
 
その『内側に入る』ことで起こる…
 
『落ちる』ことによってではなく、
『高まる』ことによって、
 
高く舞い上がり、
自分より高くなることによって。
 
 
それはある種の超克だ。
 
存在が『静まっている』とき、
その『人は愛』だ。
 
それは静寂の歌だ。
 
 
ゴータマ・ブッダは愛だ、
イエスは愛だ…
 
 
『特定の人物』を愛しているのではなく、
 
『ただただ愛だ』
 
 
彼らの風土そのものが愛だ。
 
 
それは『特定の誰か』『向けられた』ものではない、
 
それは『あらゆる方向へと広がっていく』
 
(たとえば、花の香りのような広がり方)
 
 
誰であれゴータマ・ブッダに近づいた者は、
それを感じる、
それが雨のように降り注ぐ、それに浸る。
それは無条件にそうなる。
 
 
愛はどのような『条件』もつけない、
 
「もし」や「しかし」を。
 
 
愛はけっして
 
「これらの要求を満たしたら、君を愛してあげよう」
 
とは言わない。
 
(愛は『見返り』を求めない)
 
 
愛は『呼吸』のようなものだ。
 
 
それが起こるとき、あなたは『ただ愛』だ。
 
 
誰があなたに近づくかは問題ではない、
罪人であろうと、
聖者であろうと。
 
誰であれあなたに近づく者は
愛の波動を感じはじめ、
歓びに満たされる。
 
愛は『無条件』に与える…
 
 
 
愛が最初に
あなたの存在のもっとも『深い核心』
起こらねばならない。
 
それは1人でいることの、
幸せに1人でいることの、
歓びに満ちて1人でいることの『質』だ。
 
それは『無心』でいることの、
『静寂』でいることの『質』だ。
 
それは『空っぽ』の意識の空間であり、
その状況のなかで、
あなたの中に愛が起こってくる。
 
 
その静寂な存在のなかで、
あなたは大いなる海
すべてのものの聖なる『源泉』と一体になるからだ。
 
 
あなたは愛を『分かち合い続ける』ことができる…
 
あなたの中からもっともっと愛が流れ出てくる、それはどんどん湧き上がってくる。
 
(お腹にある『源泉』は永遠に枯れることのない愛の泉)
 
 
 
『愛』『真理』『至福』には固有の『本質』がある…
 
それらは『分かち合われねばならない』
 
そのままでは十分ではない。
 
『分かち合われなければならない』が、
 
『所有されるべきではない』
 
 
その理由はまったく意外なものだ。
 
 
は基本的に『自由』をもたらす、
 
というのがその理由だ。
 
 
自分に『自由』をもたらし、
他者にも『自由』をもたらす。
 
 
『束縛』になる愛は愛ではない
 
それは
肉欲であり、
であり、
ではない。
 
 
愛が『自由』をもたらせば、
それは人間的なものになるが、
依然としてそれはある種の『関係』だ。
 
 
愛にはもう1つの次元がある。
 
第一に、愛は生物学的な要求だ。
第二に、それは心理的な分かち合いだ。
第三に、あなたは愛だ。
 
第一では、それは関係性、所有欲だ。
 
第二では、それはかかわりあい、友情、親しさだ。
 
第三では、あなたは愛そのものだ。
 
 
『あなたの存在そのものが愛』であり、
 
『あなたは愛を放射する』
 
 
そのとき初めて愛は頂点に達する…
 
それは究極、最終的なものを達成した…
 
それは神聖さと呼んでもいい。
 
 
 
そう、あなたの言うとおりだ、
愛は世界でただ1つの希望だ。
 
 
そして私たちはその転回点に近づきつつある。
 
 
全面的な『戦争』か、
それとも
全面的な『愛』か。
 
 
これはどちらを選ぶかの問題であり、
第三の選択肢はない。
 
もはや妥協できるものはなく、
あなたは真ん中にとどまれない。
 
人は選ばなければならない。
 
それは『死ぬ』『生きる』かの問題だ。
 
戦争『死』であり、『生』だ。
 
 
 
 
question…
 
YOU, THE FOUNTAIN OF LOVE,
OUR SOURCE IS IN THEE.
LOVING THY WILL OUR
SPIRIT IS FREE.
THIS BEAUTIFUL DAY
THAT ALL OF US SEE.
THE HOPE OF THE WORLD
IS LOVE.
 
 
osho…
 
LOVE is not only the hope of the world, 
but the only hope. 
 
Up to now man has lived an absolutely loveless life. 
 
All the societies and the cultures and the religions that have existed on the earth have talked about love, but lived a very loveless existence. 
 
Much talk about love has happened in the past, but the structure that societies have created is basically against love. 
 
The society is geared for war, and a society that is geared for war can only talk about love but cannot live it.
 
We have come to the point where either man is to change totally or will have to die.
 
 
And to me, love is nothing but the birth of creativity in you. 
 
By love I mean an overflowing heart. 
 
Love to me is not only a relationship. 
The relationship that we call love is a faraway, distant echo of the real thing.
 
 
The real thing is not a relationship but a state; one is not in love but one IS love. 
 
Whenever I talk about love remember this: I am talking about the state of love. 
 
Yes, relationship is perfectly good, but the relationship is going to be false if you have not attained to the state of love. 
 
Then the relationship is not only a pretension, it is a dangerous pretension, because it can go on befooling you; it can go on giving you the sense that you know what love is, and you don’t know. 
 
Love basically is a state of being; one is not in love, one is love.
 
 
And that love arises not by falling in love with somebody. 
 
That love arises by going in – not by falling but by rising, soaring upwards, higher than you. It is a kind of surpassing. 
 
A man is love when his being is silent; it is the song of silence. 
 
A Buddha is love, a Jesus is love – not in love with a particular person, but simply love. 
 
Their very climate is love. 
 
It is not addressed to anybody in particular, 
it is spreading in all directions. 
 
Whosoever comes close to a Buddha will feel it, will be showered by it, will be bathed in it. 
 
And it is unconditionally so.
 
Love makes no conditions, no ifs, no buts. 
 
Love never says, ”Fulfill these requirements, then I will love you.” 
 
Love is like breathing: when it happens you are simply love. 
 
It does not matter who comes close to you, the sinner or the saint. Whosoever comes close to you starts feeling the vibe of love, is rejoiced. 
 
Love is unconditional giving – but only those are capable of giving who HAVE.
 
 
Love first has to happen in the deepest core of your being. 
 
It is the quality of being alone, happily alone, joyously alone. 
 
It is the quality of being a no-mind, of being silent. 
 
Contentless consciousness is the space, the context in which love arises in you.
 
 
When love arises in the silent heart, it has to be shared, it has to be given; you are helpless.
 
In your silent being you are joined with the oceanic, the divine source of all. And you can go on sharing…more and more goes on flowing in you, it goes on welling up.
 
 
Love, truth, bliss – there is an intrinsic core in them: they need to be shared; they are not sufficient unto themselves. 
 
Sharing is part, 
but they are not possessive. 
 
The reason is totally different. 
 
The reason is that love basically gives freedom: it gives freedom to oneself, it gives freedom to others. 
 
A love that becomes a bondage is not love; it is lust, it is animal, it is not human. 
 
Love gives freedom, then it becomes human, but it is still a kind of relatedness.
 
 
There is one more dimension to love. 
 
In the first, love is a biological need; 
in the second it is a psychological sharing; 
in the third you are love. 
 
In the first it is a relationship, a possessiveness; 
 
in the second it is a relatedness, a friendship, a friendliness; 
 
in the third you are love itself. 
 
Your very being is love, 
you radiate love. 
 
Only then has love come to its crescendo – it has achieved the ultimate, the last – you can call it godliness.
 
 
Yes, you are right, 
love is the only hope of the world. 
 
And we are coming close to that turning point: 
 
either total war or total love. 
 
And this is a question of either/or, there is no third alternative
 
There is nothing like a compromise now, you cannot be in the middle. 
 
Man has to choose. 
 
And it is a question of life and death: 
 
war is death, love is life.
 
 
 
 
from osho talks
oshoの講話より
 
The Guest
 
Talks on Kabir
 
Talks given from 26/04/79 am to 10/05/79 am English Discourse series
 
CHAPTER5. A play with the devil
 
30 April 1979 am in Buddha Hall
 
英語の講話のダウンロードpdfはこちら
 
 
The Wild Geese and the Water
 
Responses to Disciples Questions
 
Talks given from 11/02/81 am to 24/02/81 am English Discourse series
 
CHAPTER3.  Ecstatic All the Way
 
13 February 1981 am in Buddha Hall
 
英語の講話のダウンロードpdfはこちら
 
 
 
f:id:hanasennin9:20160929091239j:image
第一に、愛は生物学的な要求だ。(第1チャクラ:レッド)
第二に、それは心理的な分かち合いだ。(第4チャクラ:グリーン)
第三に、あなたは愛だ。(第8チャクラ:マジェンタ)

第一では、それは関係性、所有欲だ。
第二では、それはかかわりあい、友情、親しさだ。
第三では、あなたは愛そのものだ。

『あなたの存在そのものが愛』であり、
『あなたは愛を放射する』
 
Your very being is love,
you radiate love.
 
f:id:hanasennin9:20160929091440j:image
f:id:hanasennin9:20160929091532j:image
f:id:hanasennin9:20160929091549j:image
f:id:hanasennin9:20160929091648j:image
f:id:hanasennin9:20160929091737j:image
f:id:hanasennin9:20160929092044j:image
f:id:hanasennin9:20160929091807j:image
f:id:hanasennin9:20160929091843j:image
f:id:hanasennin9:20160929092118j:image
oshoと全ての導師たちより…
 
 
ブッダとoshoが、
1人1人の至福を祈り最後にみんなに残した言葉はサマサティsammasati…


sammasatiサマサティ
(right remembrance)

正しく想起する


『The last word of Buddha was, sammasati.

Remember that you are a buddha – sammasati.』


瞑想と愛 meditation & love


花仙人
 
 
 
 
 
広告を非表示にする