読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

音楽になる、ダンスになる

osho おしゃかさま&はな 瞑想 癒し サマサティ
音楽になる、ダンスになる
 
 
昨日はoshoの音楽とダンスの瞑想に使われる音楽をご紹介しました。
 
 
瞑想に音楽とダンス!?
 
 
瞑想って、静かに坐って行うものではないの?
 
 
確かに、
静かに坐って行う瞑想、
ヴィパサナ瞑想  Vipassana meditation とよばれるものがあります。
 
日本では奈良の大仏さまや鎌倉の大仏さまみたいに、ゴータマ・ブッダ(おしゃかさま)が瞑想をしている坐った姿の像がありますが、あのように坐って瞑想をすることをヴィパサナ瞑想といいます。
 
禅の坐禅も同じような坐り方で坐禅をします。
 
 
わたしはこのヴィパサナ瞑想を朝起きてすぐに約1時間、寝る前にも約1時間行っています。
 
歯を磨いたり、食べたりする行いと同じ流れで毎日20年近く行っています。
 
時間があれば、昼も行なっています。
 
 
そして、
ヴィパサナ瞑想とは別に、
oshoの瞑想も行なっています。
 
 
50歳近くになり若い頃のように激しい運動をあまりしなくなると、ストレッチだけでは身体がやはり固くなってきました。
 
身体の固さは、
心の硬さにもなりがちですし、
 
心身ともの健康を保つためにも
わたしはoshoの音楽とダンスの瞑想を行っています。
 
わたしは足に障害があるので、そこは自分なりに工夫して行なっています。
 
 
このoshoの音楽とダンスの瞑想は
oshoアクティブ瞑想
osho active meditation
とよばれています。
 
 
 
瞑想は自分の内側にあるマインド(思考)やエゴ(欲)を『観照』し、ノーマインドになるための一つのツールです。
 
静かに坐って自分の内側を『観照』することでもノーマインドになれますが、
 
身体をおもいっきり好きなように動かすことでもノーマインドの状態を体感することができます。
 
 
ランニングやスポーツをして身体をおもいっきり動かした後は、頭がすっきりはっきりしてすかっとした感じになりますよね。
 
自分の内側が空っぽになったような感じ。
 
ノーマインドの状態。
 
 
そんな空っぽなすっきり感のある
ノーマインドの状態が
 
人間の『本来の自然な状態』ですから、
 
人間はスポーツなどをして身体をおもいっきり動かして空っぽなすっきりした状態になろうとすることを好んで行います。
 
ノーマインドの状態を人間は好むのです。
 
 
逆に頭や心の中がいっぱいな状態、
マインドがいっぱいな状態だと
人間はイライラします。
 
このイライラがストレスとなり病になります。
 
今の人間社会は、
マインドが重要視されていますから、
マインドに執着ししがみつき、
マインドを溜め込もうと努力します。
 
マインドだらけ…
イライラして当然かもしれません…
ストレスが溜まるのも不思議ではありません…
 
 
イライラとストレスが大好きで溜めたいという人とまだお会いしたことはありませんが…
 
便秘が大好きだという人にもまだお会いしたことはありませんが…
 
 
便秘の状態と、
マインドがいっぱいな状態は、
自分の内側がいっぱいな状態です…
 
便秘は出してすっきりすると健康な感じです。
 
マインドも同じで出してすっきりすると健康な感じがします。
 
ノー便秘
ノーマインド
は、人間の自然な状態だから健康な感じがします。
 
だから、
 
人間はすっきり感や穏やかな状態の
ノーマインドの本来の自然な状態が
健康的で好きなようです(-_^)
 
 
ノーマインドの状態になるためには
静かに坐って瞑想をする
ヴィパサナ瞑想だけではありません。
 
 
身体をおもいっきり動かすダンスでもスポーツでもいいのです。
 
 
oshoの瞑想は、
身体と心と気やチャクラやオーラ(サトルボディ)全てに働きかけるように考えられて生み出されました。
 
 
そのたくさんあるoshoの瞑想の中に
音楽とダンスからなる
アクティブ瞑想があります。
 
 
身体をおもいっきり音楽に合わせてダンスする瞑想です。
 
 
もちろん、ノーマインドになるためには、
oshoの瞑想だけではありません。
 
 
好きな場所でワクワク楽しくなること、
 
ダンスをしたり…
音楽をしたり…
歌を歌ったり…
スポーツをしたり…
 
絵を描いたり…
書を書いたり…
彫刻をしたり…
写真を撮ったり…
 
芸術と呼ばれる全てのことは、
ノーマインドになれる素晴らしいツールです。
 
 
ヴィパサナ瞑想だけがノーマインドになるツールではありません(-_^)
 
 
さあ、芸術の秋。
 
芸術はノーマインドになるツールでもあります。
 
 
あなたが
『自分(私)』や『時間』を『忘れる』ほど
ワクワク楽しく夢中になれるものは
なんですか?
 
それは、
 
あなたが
ノーマインドになるほど
(『私』がなくなるほど)
ワクワク楽しく夢中になれるものは
なんですか?
ということと同じです。
 
 
oshoは言います。
 
ダンスをするときは、
ダンスをする人になる、のではなく、
ダンスそのものになる。
 
それが瞑想だ。
 
 
絵を描くときは、
絵を描く人になる、のではなく、
絵そのものになる。
 
それが瞑想だ。
 
 
歌を歌うときは、
歌う人になる、のではなく、
歌そのものになる。
 
それが瞑想だ。
 
 
何をするにでも、
それにトータルになることが瞑想だ。
 
 
と話します。
 
 
芸術やスポーツなど特別ななにかでなくても、
 
お掃除や食べるときや歩くときなど…
 
お掃除することそのものになる
食べることそのものになる
歩くことそのものになる
 
それそのものにトータルになることが
ノーマインドになる瞑想です。
f:id:hanasennin9:20161005121137j:image
頭を空っぽにするノーマインドになる
瞑想はいつでもどこでもできるのです(-_^)
 
 
頭がいつもすっきりはっきりしている状態、
心が静かで穏やかな状態、
 
瞑想的に生きると、
失敗が少なくなります。
 
無意識的ではなく意識的に生きると、
失敗が少なくなります。
 
心も身体も健康になります。
 
 
今の人間社会はマインド重視の社会。
 
イライラして当たり前ですし、
ストレス溜まって当たり前です。
 
アンバランスな状態はイライラします。
 
 
アンバランスからバランスのとれた状態へ。
 
不健康から健康な状態へ。
 
それは
 
マインドからノーマインドの状態へ。
 
 
ノーマインドの状態になるには、
静かに坐って瞑想をする
ヴィパサナ瞑想だけではありません。
 
自分にあった瞑想法がみつかるといいですね(-_^)
 
 
音楽そのものになる、音楽や、
ダンスそのものになる、ダンスや、
歌そのものになる、歌や、
絵そのものになる、絵や、
etc…
 
『私』や『時間』を忘れるほど
ワクワク楽しく夢中になれることもありです。
 
 
芸術の秋。
スポーツの秋。
 
 
音楽をする、ダンスをする、
 
ではなく、
 
音楽になる、ダンスになる。
 
 
 
sammasatiサマサティ(right remembrance)
正しく想起する。
 
 
『The last word of Buddha was, sammasati. 
 
Remember that you are a buddha – sammasati.』
 
f:id:hanasennin9:20161005121508j:image
 
瞑想と愛 (^-^)  meditation & love
 
 
花仙人
 
 
oshoの瞑想音楽