読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

甲状腺の病とアレルギー

甲状腺の病とアレルギー
 
 
前前回のブログで
農薬や化学物質アレルギーがあると書きましたが、
 
家族や親戚の中で
祖母とわたしの2人だけが
農薬や化学物質アレルギーがあります。
 
2人以外の家族や親戚は
農薬、化学肥料、肥料、除草剤の使われている田畑のど真ん中に住んでいますが、
祖母とわたしのようなアレルギー症状はまったくないのです。
 
同じ血のつながりや遺伝子でも、
なぜこんなに違いがあるのかな?
 
と不思議でしたが、
 
わたしが気づいたことは、
 
祖母とわたしの共通していることは、
甲状腺機能低下症の遺伝の難病を持っていることです。
 
 
甲状腺機能低下症は合併症があり
全身病ともいわれ
いろいろな症状が出ますし
免疫力が低下します。
 
お医者さんに聞いてみましたが、
この病と農薬や化学物質アレルギーの関係はわからないと言われましたが、
 
わたしが思ったのは、
健常者の人達と比べると
免疫力が弱いため
農薬や化学物質に対しても
強く反応して症状が出てしまうのかもしれないということでした。
 
しかし、
 
アーユルヴェーダの先生に聞いたら、
身体にとって必要のない
身体に害(毒)となるものに
敏感に反応できるということは、
免疫力が正常に働いている証拠であり
素晴らしく優秀な免疫力だと褒められました。
 
そして、
身体にとって害(毒)になるものに反応できないことは
免疫力が鈍く麻痺している証拠であり、
それにより身体に毒を貯め続けてしまい
結果として病気になっていく、
と話してくれました。
 
たしかに、
農薬や化学物質などに触れたり
目や鼻や口から入ったりすると、
 
すぐに
嘔吐、下痢、唇が腫れる、発熱、眼球や皮膚や内臓が炎症して激痛になる…
といった反応があり、
それらの毒素は体内に長く入っていることができないようです。
 
すぐに危険を警告し、
すぐに体外に出そうとする、
優秀な免疫力。
 
なるほど…と自分の体験から
アーユルヴェーダの先生の説明にはかなり納得しました。
 
 
わたしの場合は、
近代西洋医学による
お薬やあらゆる治療により甲状腺機能低下症は悪化するばかりでしたから、お医者さんから治療方はないから、治療はやめてこれ以上悪くならないようにするしかないといわれました。
 
具体的なアドバイスはわからないからない、と言われましたが、
 
アドバイスはない、という
それこそが素晴らしいアドバイスとなり、
 
わたしは近代西洋医学から
代替療法の門をくぐることになるチャンスを掴んだのでした。
 
 
代替療法の中では
植物療法などがわたしには合っていました。
 
そして瞑想とも出会いました。
 
 
 
代替療法とは、
 
『肉体』と『心』のどちらかだけでなく、
『肉体』と『心』の両方(人間という全体)の
 
○バランスが崩れた不自然(不健康)な状態
 
から
 
○バランスがとれた自然(健康)な状態
 
を取り戻す(本来の自然な状態を『思い出す』)
 
ことです。
 
 
『肉体』も『心』も
二元性の両極に偏ったアンバランスを
両極の真ん中に定まりバランスを取ることです。
 
 
癒し(治癒)というのは
バランスを取り戻す(『思い出す』)
そういうことです。
 
 
 
本当に健康になりたいのならば、
 
人間の身体と心の、
人間の全体のバランスを取り戻す
 
だけでなく、
 
自然界の1部である人間を含めた
地球全ての自然界全体の
崩れたバランスを取り戻す
 
ことをしなければ、
 
人間の身体と心の健康は取り戻せません。
 
その話はまたいつか…
 
 
 
で、
それらの代替療法に導かれるように、
甲状腺機能低下症の症状はメキメキと改善があり毎日の暮らしが大変楽になりました。
 
 
それと同時に
農薬や化学物質アレルギーの改善のために
オーガニックの生活に移行しました。
 
 
無農薬、無化学肥料、無肥料、無除草剤の
自然農や自然栽培のお野菜や穀物や豆類などの食材、
 
オーガニックの
シャンプーや石鹸、
洗濯洗剤、
食器洗剤、
衣類やシーツやタオル、
etc…
 
 
1人暮らしでしたから、
誰に気がねをすることなく、
すぐにオーガニックの生活へと移行することができたのはラッキーでした。
 
 
オーガニックの食生活は、
 
食べると吐いたり、下痢をしたり、唇が腫れたり、喉やお腹が痛くなったり…
 
○食べることが恐い…(・_・;
 
から
 
○食べることは楽しい!(^-^)/
 
に大きく変わりました。
 
 
食べても痛くない(*^_^*)
これは30歳のときの生まれてはじめての体験となりました。
 
 
それからこの20年間ずーっとオーガニックの生活をしています。
 
 
オーガニックの食生活は、
○農薬や化学物質アレルギー症状がなくなっただけでなく、
甲状腺機能低下症の症状までもがなくなったのです!
 
これにはびっくりしました。
どんなに治療をしても悪化するばかりだったのに。
 
オーガニックの生活は、甲状腺機能低下症をそれ以上悪化させないためのアドバイスはない、といわれてから7年目で成果の結果が実体験をとおして見えてきたのでした。
 
 
もちろん、
甲状腺は1度壊れてしまったら、
甲状腺を取り替えない限り
完治することはありません。
 
そのため、
前前回のブログにも書いたように、
化学物質などをたくさん含む合成洗剤などで洗ったシーツやタオルや衣類などに触ったり、それらに残っている洗剤や毛ぼこりなどや、
オーガニックのシャンプーや石鹸ではないものを使われている人間から剥がれ出るフケや垢や髪の毛や体毛などのほんのひとかけらが、
目や鼻や口に入ったりするだけで、
やはりまだ化学物質アレルギーは起こり痛みがありますし、
農薬の食材を食べると激痛で吐いたりします。
 
ですから外出時は、
花粉対策ではなく、
人間から剥がれ出る化学物質に対応するためにマスクをしています。
 
 
ですが、
マスクをしたり、
オーガニックの食生活にしたり、
代替療法を利用したり、
瞑想をするなど、
あらゆる工夫をすることで
症状が軽減されたり緩和されたりして
 
毎日の暮らしが痛みや苦しみから楽になることも長年の体験からもわかりました。
 
工夫次第でなんとかなる(^-^)/
 
 
 
甲状腺機能低下症と
農薬や化学物質アレルギーの関係は
化学的に証明されてはいませんから
はっきりとしたことはわかりませんが、
 
植物療法を学んでみたり
あらゆる代替療法を試したり学んだりして
実践してきたわたしの長年の体験からは、
こんな感じでした、
という簡単なご紹介の今日のブログです。
 
というのも、
 
わたしのところにはアトピーなどのアレルギー症状がある方のご相談がたくさんやってきます。
 
それと、
 
311以降、甲状腺の症状が出る方が増えてきましたから、そのご相談なども受けています。
 
どちらであっても、
わたしは自分の体験からわかったことしかお話することができませんが、
 
たしかに、
オーガニックの生活へ移行してからは
毎日のように症状が出なくなり
とても楽で快適に暮らせるようになったのはたしかです。
 
痛みと苦しみから解放されました。
 
 
 
衣食住のすべてが
あまりにも人工的になり
自然界から離れた生活となったことで
あらわれる痛みなどの症状…
 
人工的に偏ったアンバランスな暮らしから
自然のバランスがとれた暮らしに戻ったら
 
わたしは楽に生きることができるようになりました。
 
 
でも、これはあくまでもわたしの体験です。
 
 
わたしの家族や親戚は
血のつながりや遺伝子のつながりが近くても
農薬、化学肥料、肥料、除草剤、
オーガニックではない合成洗剤、シャンプー、石鹸、衣類、タオル、シーツetc…
などなどのど真ん中で暮らしていても
なんともないのですから。
 
 
わたしは20年前に病で倒れてからはオーガニックの生活に移行しましたが、
家族や親戚はそれまでどおりの生活のままです。
 
オーガニックの生活ではない人達との同居生活はもうできませんし、
 
家族や親戚はオーガニックの生活でなくとも、おしゃれやグルメなどを楽しんで暮らしていますから、その幸せそうな暮らしを間近で見ていると、無理にオーガニックの生活へと移行することをお勧めすることはとてもできません。
 
 
わたしの家族は、
わたしが健康上の理由でオーガニックの生活をはじめたことに『反対』も『差別』もしませんし、
 
わたしも、家族がオーガニックではない生活のあり方であることになんの『反対』も『差別』もありません。
 
まったく別な生き方ですが、
お互いにお互いの生活のあり方を尊重しているので、そこに『戦い』は全くないのです。
 
 
家族みんなでレストランに入っても、
わたしは食べれませんからお茶だけを注文をして、家族には食べたい料理を楽しく食べてもらっています。
楽しく会話して、
それでなんの問題もないので、
うちはそれでいいのです。
 
 
そんな家族ですから、
農薬か無農薬か、
で『反対』や『差別』や『戦い』はありませんし、
 
家族以外の人達とも、
農薬か無農薬か
で争うというマインド(思考)がまったくありません。
それに関してはノーマインドです(-_^)
 
 
たしかに、
自然農や自然栽培など、
無農薬、無化学肥料、無肥料、無除草剤の田畑には、自然がバランスよく戻り、たくさんの生き物たちがそこで暮らせる安全な環境になっている結果が現実にあらわれています。
 
しかし、
 
わたしは農薬か無農薬かで争ったり、無理やりオーガニックの生活へと移行させる支配的なことはまったく考えてはいません。
 
ただただ、
自分の健康上の理由で1人暮らしでオーガニックの生活をしているだけです。
 
そして、
わたしと同じように健康上の理由で苦しんでいる人たちにはオーガニックの生活でわたしは楽になれたよ、というご紹介のお話ですから、
 
どうか、
このわたしの体験話を読んで
農薬の暮らしをされている方たちが
罪悪感や劣等感などを持たれる必要はないので、
ご自身の選択した生き方で至福ならば
そのまま人生を楽しんでください(^-^)/
 
 
どちらの暮らし方が良いとか悪いとかの
『判断』や『優劣』や『区別』や『差別』による『争い』ではなく、
 
どちらもありだよ、
というお互いの暮らし方を『尊重』することでみんなが同じ地球で共生共存できる、それでいいのではないかな〜と思っています。
 
 
もし、
オーガニックの生活に興味を持ったとき、
自然とそういう生活に移行してしまうと思いますから、そのときにそうすればいいことなので、嫌々で無理に移行する必要はないと思っています。
 
 
 
今苦しんでいて、
健康を取り戻したい人たちへの
わたしの長年の体験からのプチアドバイスは
オーガニックの生活と瞑想です(^-^)/
 
至福になりました。ありがとう。
 
 
バランスが崩れた状態(不自然、不健康)
から
バランスがとれた本来の状態(自然、健康)
を『思い出す』
 
 
1人1人みんなが『源泉』を『思い出す』体験が起こり至福に導かれることをいつも祈っています。
 
f:id:hanasennin9:20161112090714j:plain
 
sammasatiサマサティ(right remembrance)
正しく想起する
 
『The last word of Buddha was, sammasati.
Remember that you are a buddha – sammasati.』
 
瞑想と愛 meditation & love
 
 
花仙人
 
 
 
瞑想は『源泉』を『思い出す』ことをサポートする1つのツールです。
 
瞑想はたくさんの種類があります。
ご自分にあった瞑想がみつかるといいですね(*^_^*)
 
f:id:hanasennin9:20161112090842j:plain
 
oshoアクティブ瞑想に関してはこちら、
 
 
oshoの瞑想音楽はこちら、
 
 
 
花仙人
 
 
誰にでも相性が合うということはありませんが、
わたしには相性がよかった植物療法を学べる場所は、
大きなお店の学校だと、
○ニールズヤードさん
生活の木さん
などで学ぶことができます。
 
東京にお住まいの方でしたら、
わたしがいつもハーブや精油やバッチフラワーなどでお世話になっている
○グリーンフラスコさん
が植物療法のあらゆる分野で教えを広めています。
f:id:hanasennin9:20161112091204j:image
f:id:hanasennin9:20161112091248j:image
 
花仙人