読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

意識の成長の旅④

意識の成長の旅④


(カテゴリにある二元性シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…)

 

前回からの続きです。

 


子供のころから
家族や親戚や友達が
痛いという身体の箇所を
なでなですると
みんな痛みなどがなくなり楽になることがありました。


そのような他者の痛みや違和感がある身体の箇所が
真っ黒い影になっているのが見えるので
その箇所をなでなでするのでした。


人間の身体にある黒い影の箇所を
ピンポイントでなでなですると
黒い影はなくなってしまいます。

すると痛みなどの違和感がなくなります。

体調もよくなり元気を取り戻します。

身体の周りにある光の身体(サトルボディ)も暗いかげりがなくなり明るくなります。


しかし


なでなでの後
数ヶ月か半年か1年ほど過ぎると
また同じ身体の箇所に黒い影が現れるのです。

身体の周りにある光の身体(サトルボディ)も
また暗くなっていてかげりがあります。

 

そして
またなでなですると
黒い影は消えてなくなり
光の身体(サトルボディ)も暗いかげりがなくなり明るくなり
痛みなどがなくなり体調もよくなり元気を取り戻します。


しかし


なでなでの後
またまた
数ヶ月か半年か1年ほど過ぎると
また同じ身体の箇所に黒い影が現れ…

なでなでをし…

エンドレス…


そんなことが何人もの人たちに何度も何度も何年間も繰り返されてきました。

 

子供ながらに疑問を持ちました。

 

なぜ、消えた黒い影はまた同じ身体の箇所に現れるのか?

 

それがずーとわからないままでしたが
大人になって
自分の意識の成長の旅(癒しの旅)である
自分の内側の旅 インナージャーニーをしていく中と
光明 enlightenment が起こった後に

その黒い影が身体に現れる原因と
なでなでしても再び何度も現れる原因がわかったのです。

 

そして
その身体のある箇所にある黒い影と
身体の周りにある光の身体(サトルボディ)が暗くかげりがある状態の関係もわかりました。

 

だいたいのことは前回までに簡単にお話ししてきましたが、
もう少し詳しくお話ししてみます。

 

それにより
なぜ
苦しみの輪サンサーラから永遠の離脱のために
自分の内側にある
自分が生み出した
苦しみの原因(種)である
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
を『手放す』
必要があるのか…
の参考に少しでもなれれば…と。。。

 

 

 


まず

《黒い影が身体のある箇所に現れる原因…》

 

f:id:hanasennin9:20170218100229j:image


身体にある黒い影は
「過去」から「今ここ(現在)」まで持ち歩いてきた
自分が生み出した
自分の内側にある
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
の苦しみの原因(種)
が関係している


その苦しみの原因(種)があることにより
その苦しみの原因(種)と関係している身体の箇所の
気(エネルギー)の流れが鈍くなり滞り気味となります。
するとその箇所は気(エネルギー)が少ないため真っ黒い影に見えます。

 

f:id:hanasennin9:20170218101036j:image 

f:id:hanasennin9:20170218101053j:image

 
肉体と肉体の周りに流れている
気(エネルギー)は光なのか、明るいです。

 

頭のてっぺんから呼吸とともに
空気中にある光のプラーナ(気)が流れ入り
そのまま身体の中心にある主な7つのチャクラに流れ入り
そこから小さいものも含めて全身にある約3000以上のチャクラ(ツボ)へと流れ渡ります。

 

f:id:hanasennin9:20170218100714j:image

 

7つのチャクラはそれぞれ違う波動があります。
その波動は虹色の光の色の7色とドからシまでの7音です。

 

7つのチャクラは
空気中にあるプラーナを肉体に取り込むための中継地点で
渦巻きのようにぐるぐる回転して
閉じたり(左回り)開いたり(右回り)して調整しています。
プラーナの波動を7つのチャクラの波動の周波数に変換するための
周波数変換器でもあります。

 

気(エネルギー)は
第1身体である肉体の内側にある全てのチャクラと
第2身体から他全てのサトルボディ(光の身体)をいつも流れ動いています。

 

 f:id:hanasennin9:20170218100732j:image

 

サトルボディ(光の身体)は
お腹のお臍のあたりにある『魂(源泉)』を中心に
光のエネルギーの膜のようなモノが何層にもなって
肉体を包むようにして生かし守っています。

 

各サトルボディ(光の身体)は各チャクラと関係しています。
第1身体である肉体は第1チャクラと
第2身体は第2チャクラと
というように関係しています。

 

肉体である第1身体を含めた全てのサトルボディ(光の身体)の
気(エネルギー)は細かく小さな微細(subtle サトル)な波動です。

 

f:id:hanasennin9:20170218101140j:image

 

サトルボディ(光の身体)の中心にある
『魂(源泉)』はさらにもっと細かく小さな微細な波動です。
沈黙のような無音の波動の
愛100%の光の波動のエネルギーです。

 

恋愛の2人の気持ちが高まるハイのような愛の感覚ではなく、

 

この愛の波動はとても静かで究極の心地よいリラックスの波動です。

 

なんにもない 0(ゼロ)の無とか空というような感覚です。

 

この『魂(源泉)』と『宇宙全ての存在』は『 1つ all one 』であり
「分離」したことはありません。

 

『魂(源泉)』も『宇宙全ての存在』も
沈黙のような無音の波動の
愛100%の光の波動のエネルギーです。

 

生まれる前から自分のお腹のお臍のあたりにある
この愛100%の無音の光の波動の『魂(源泉)』が
本来の自分です。

 

肉体だけが本来の自分ではありません。

 

肉体は『魂(源泉)』が入る建物のような『家 house 』です。

『魂(源泉)』は 『ホーム home 』です。


「神社(祠)」という建物の中にある
「(みんなが呼ぶ)神さま」= 存在(ともいう)

 

『家 house 』という肉体(建物)中にある
『魂(源泉)』= 本来の自分(神さまとか存在とみんなが呼ぶモノ)

 

1人1人の肉体は神社の祠の建物であり
その内側には「神さま(存在)」と同じ愛の波動の『魂(源泉)(存在)』があります。

 

『魂(源泉)』=本来の自分

 

f:id:hanasennin9:20170218101223j:image

 

精子卵子が受精した瞬間に
宇宙全ての存在と1つである
『魂(源泉)』は受精卵に受肉し
受精卵である第1細胞のあるお腹のお臍のあたりに
肉体が死ぬ3日前まであります。

 

『魂(源泉)』は死ぬ3日前に肉体を離れていきます。
肉体の全ての素粒子を集め包み1つにまとめて生かし守っていた
『魂(源泉)』を中心にした何層ものサトルボディ(光の身体)も一緒に離れていきますから
肉体の素粒子を包む光の膜のような層がなくなり
肉体の素粒子がバラバラと空間に散らばっていくので
肉体が崩れはじめる=腐敗がはじまり死となります。

 

f:id:hanasennin9:20170218101439j:image

f:id:hanasennin9:20170218101414j:image

f:id:hanasennin9:20170218101427j:image

f:id:hanasennin9:20170218101509j:image


肉体はこのように1つ1つの素粒子になるので
肉体は死となりますが


『魂(源泉)』という「意識」は死にません。

 

『魂(源泉)』は不死です。


はじめから宇宙全ての存在と1つのままの状態です。

 

f:id:hanasennin9:20170218101320j:image

 

肉体の生と死
肉体の中にあっても
肉体から離れても
いつもずーと愛100%の光の波動のままです。

 

1人1人みんな
いつもずーと愛100%の光の波動のまま
肉体を持って生きています。

 

それが人間です。

 

『魂(源泉)』という「意識」が本来の自分です。

 

f:id:hanasennin9:20170218101551j:image

 

肉体や服や宝石や家や車や肩書き(ラベル)や知識などが
全て奪い取られても、
この『魂(源泉)』だけは
誰にも奪われることや壊されることができないモノであり
無であり全てを含んでいる真の宝物です。

 

現世自分が生きるために必要な
知恵、個性、才能、魂の計画…の全てが
『魂(源泉)』の中にあります。

 

f:id:hanasennin9:20170218101638j:image 

 

人生迷ったら
自分の外側を探すのではなく
自分の内側にある
お腹のお臍のあたりにある『魂(源泉)』を再び「感覚」で『思い出す』と
自分にとって必要な全てがわかります。

 

『魂(源泉)』が自分を導く真の導師です。

 

その『魂(源泉)』を中心に肉体を包み守るように生かしている
サトルボディ(光の身体)の気(エネルギー)は
肉体の内側も外側も
つねに流れていて動いています。

流れ動いている状態は明るく光った状態です。


しかし、


自分の内側の中心にある
◯『魂(源泉)』の愛の無音で微細な光の波動
とは真逆の
◯ 荒く大きな雑音 noise の暗い波動の苦しみの原因(種)が
自分の内側のにあると

 

本来の自分とは違う波動に違和感があり
気分が悪くなってイライラするだけでなく

 

苦しみの原因(種)である
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
と関係する身体の箇所の
気(エネルギー)の流れが鈍くなり滞り気味となります。

 

愛の微細なエネルギー波動の流れの中に
雑音 noise の荒く大きな波動が障害となるのです。

 

f:id:hanasennin9:20170218101756j:image

f:id:hanasennin9:20170218101806j:image


たとえば…

 

苦しみの原因(種)が岩だとしたら
気(エネルギー)の流れが川の流れです。

 

f:id:hanasennin9:20170218100628j:image

 

① 岩がない川だと水は何の障害もなく流れます。

② 岩がある箇所は水はその岩にぶつかり流れ通れません。

 

① 岩のような苦しみの原因(種)が無い状態だと
川のような気(エネルギー)の流れの障害となるものはないので流れ続けます。

② 岩のような苦しみの原因(種)がある状態だと
川のような気(エネルギー)はその岩のような障害物がありぶつかり
その箇所を流れ通れません。

 

気(エネルギー)が流れることができない箇所は
気(エネルギー)の光がないか少ないため暗い状態となり
真っ黒い影のように見えます。

 

黒い影が身体の箇所にあるのは
気(エネルギー)の流れが鈍くなり滞り気味になっている…


そして
気(エネルギー)の流れが鈍くなり滞り気味になると
その黒い影があるあたりの体液や血液や細胞の流れや動きが鈍く悪くなります。

 

電気が少ないと動きが鈍くなる機械と同じことです。

肉体が動くためには電気のような気(エネルギー)が十分に必要なのです。


車はガソリンと電気でエンジンを動かします。
人間は食べものと気(エネルギー)で肉体を生かし動かします。


気(エネルギー)が少なく
細胞の動きや体液や血液の流れが鈍く悪くなると、
次第に
痛みや違和感などが出てきます。
危険信号を発しているのです。

 

その危険信号を無視し続けると
悪化していき病気になっていきます。

 

または感覚が鈍くなっているのでぶつけたりして怪我をしやすくなります。


病気や怪我の身体の箇所は
そこに関係する
苦しみの原因(種)である
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
がありますよ
はやくそれを取り去ってください、
もっと苦しくなりますよ。

という警告メッセージです。

 

また
病気や怪我は、
それと関係する苦しみの原因(種)である
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
が自分の内側にあるということは、
それらがあることにより
本来の魂の計画を生きていませんよ、
魂の個性と才能をいかしていませんよ、
現世の魂の計画の課題をこなしていませんよ、
宿題たまってますよ、
人生間違った道にいますから
苦しみの原因(種)をはやく『手放し』て
魂の計画の道へと軌道修正して
魂の個性と才能を生かし分かち合って
愛と至福になってくださいね、

という警告メッセージでもあります。


病気や怪我は不幸な出来事のようですが
本当は
真の癒しへと自分を導く
軌道修正のための
ありがたい魂からのメッセージでもあります。

 

もうそれ以上間違った道に進んだら


まじ、アウトだからσ(^_^;)


どん底まで行く手前で、

 

目、覚ませ、な、なd(^_^o)

 

みたいな(^-^)/

 


そこでも目を覚ませず
そのまんま眠っているように無意識に生きてしまったら…

 

f:id:hanasennin9:20170218120028j:image

f:id:hanasennin9:20170218102020j:image

 

ただの苦しみの輪サンサーラの旅ではなく…

 

地獄のどん底へとおちる
苦しみの輪サンサーラへの旅へ
ご招待されますσ(^_^;)


ま、1回くらい行ってみてもいいかもねσ(^_^;)
人生経験ってやつσ(^_^;)?
なんでも経験からしか学べないからさ。

 

そこまで行かないと
そこまで死ぬほど痛い思いをしないと
目を覚ますことができない人もいるからさσ(^_^;)

 

えっ?そのとおり٩( ᐛ )و
昔のわたしのことですよ、おほほほ(^◇^;)

 

地獄の底から光明 enlightenment までの
意識の成長を昇る旅 インナージャーニー inner journey の
実体験をご紹介しているブログです٩( ᐛ )و

 

 

 


というわけで…
次は

《黒い影が身体にあると光の身体(サトルボディ)に暗いかげりがある》

 

f:id:hanasennin9:20170218100229j:image


身体にある黒い影は
病気や怪我になるか
もうなっているか
手術や事故の怪我の後だったりします。

 

黒い影は
「過去」から「今ここ(現在)」まで持ち歩いてきた
自分が生み出した
自分の内側にある
苦しみの原因(種)である
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(欲・自我)
と関係のある
身体の箇所に現れます。


この苦しみの原因(種)の荒く大きな波動により
苦しみの原因(種)と関係のあるチャクラに影響し
本来のチャクラの正常な波動が乱れ
チャクラが閉じたりします。

 

それはチャクラが二元性の陰陽の陰の方へと「偏って」いることです。

 

チャクラが閉じるということは
正常な状態より
気(エネルギー)の流れ少なくなることです。

 

光が少なくなるからチャクラが暗く見えるわけです。

 

そして閉じたチャクラだと
チャクラから全てのサトルボディ(光の身体)へと流れる光の気(エネルギー)が少なくなるので
サトルボディの光も少なくなり暗くかげったように見えるわけです。


チャクラが閉じ
サトルボディが暗くかげることは

気(エネルギー)が十分にない…足りない状態ですから

特に光の気(エネルギー)が少ない箇所は黒い影のように見え
その箇所は特に
肉体の体液や血液の流れや細胞の動きが鈍く悪くなるので不健康な状態となります。


苦しみの原因(種)である
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
を持つことにより
心だけが苦しくなるのではなく
肉体もそのようにして苦しくなります。
不健康で病気や怪我になっていきます。

 

病は気から…です。

 

f:id:hanasennin9:20170218101756j:image

f:id:hanasennin9:20170218101806j:image

 

 

 

 

というわけで…
次は

《身体にある暗い影や光の身体(サトルボディ)の暗いかげりをなくすためには…》


先ほどまでの簡単で下手な説明で申し訳ないのですが
このようなことが
わたしが子供のころから見えているモノをとおして
これまでたくさんの人たちと実際に何年間も接してきて
わかったことでした。

 

肉体の周りにある光の色も見えるのですが
それよりも気になるモノは
人間が違和感や痛みを持つ黒い影…

 

f:id:hanasennin9:20170218101036j:image

f:id:hanasennin9:20170218101053j:image


◯ なぜ黒い影が身体に現れるのか?
◯ なぜ肉体の周りの光の色が暗くかげるのか?
◯ なぜ黒い影はなでなですると消えるのに再び現れるのか?


身体に現れる黒い影や
肉体の周りが暗くかげることは
わたしがわかったことは
これまでお話ししたようなことです。


子供のころから
他者や動物の黒い影の箇所をなでなですると
みんな違和感や痛みがなくなり体調がよくなり
暗いかげりがなくなり明るくなり元気になります。


それは
なでなですると
黒い影が消えるので
チャクラやサトルボディの光の気(エネルギー)の流れが正常に戻るので
体調が良くなり元気になる…
ということです。


なぜなでなでするとなぜ黒い影が消えるのか?
それは神秘ということにしておきます(^_-)


光明 enlightenment が起こったらきっとその理由がわかりますから
それまでお楽しみにしていてください。

 

oshoは
禅は全ての答えを伝え話さず
答えは本人に見つけてもらう

 

とお話ししていますから
そうすることにします٩( ᐛ )و

 

 

それは自力で答えを見つけていただくとして…
でもこちらのことはお話しします。

 


なでなですると
他者のガンが消えてなくなり
病院のお医者さんがびっくりされることも何度もありました。

 

黒い影も光の身体(サトルボディ)の暗いかげりもなくなり
体調もよく元気になるのですが

ある程度時間が経つと
再び黒い影やサトルボディが暗いかげりが現れるのです。

 


これはなんなのだろうか?

 


子供のころからのこの疑問は
自分の意識の成長の昇る旅 インナージャーニー inner journey を
していく過程と
光明 enlightenment した後にわかりました。

 

それは

黒い影の原因である

◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
という
苦しみの原因(種)
を持っていること

でした。

 


◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
の苦しみの原因(種)は

自分の内側で生み出された後

自分の内側で
芽を出し育っていき
長い年月をかけて
根を深くはり
大きな木に成長していきます。

 

f:id:hanasennin9:20170218102537j:image


わたしのなでなでの行為は
この苦しみの原因(種)の木の
苦しみの枝や葉を切り落としただけで
一時的には
苦しみはすっきりなくなったように見えますが

 

種と根と幹が残っているので
再び苦しみの枝や葉が生えてきてしまうのでした。

 

f:id:hanasennin9:20170218102609j:image

f:id:hanasennin9:20170218102630j:image

f:id:hanasennin9:20170218102702j:image

f:id:hanasennin9:20170218102711j:image


なでなで行為は
一時的に苦しみの枝や葉の黒い影を剪定してなくしただけで
肝心の
苦しみの原因(種)である
種と根を取り除いてはいませんでした。


これが
なでなでをしても
ガンが一時的に消えても
痛みや違和感が一時的に消えても

 

また再び

 

同じ箇所に
黒い影が現れ
サトルボディに暗いかげりが現れる原因で

病気や怪我が再発する原因でした。

 


それがわかった後は
なでなではやめました。

 


真に癒すためには

 

「過去」から「今ここ(現在)」まで持ち歩いてきた
自分の内側にある
自分が生み出した
苦しみの原因(種)である
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)

『気づき』
『観る(観照)』
『手放し』

の瞑想 meditation

 

が1番だとわかったからです。

 


黒い影が現れるのは
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
を持っているからです。

 

なでなでをして一時的に
黒い影である気(エネルギー)の流れの障害が消えて
気(エネルギー)の流れが正常になっても

 

本人がその
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
の苦しみの原因(種)に
『気づけず』
『無意識に執着し』
『手放すことができない』
と…

 

苦しみの原因(種)の

種と根が自分の内側に残っている限り…

苦しみの木は再び生えて育ち枝や葉をつけ続け…

 

苦しみの原因(種)は
永遠に自分の内側からなくならず
永遠に苦しみ続けます。


苦しみの輪サンサーラの永遠の旅続行です…
さらに地獄へとおちていく…
究極の苦しみの体験…


◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
それさえ全部自分の内側から根こそぎなくせば
黒い影は2度とあらわれず
肉体もチャクラもサトルボディも
正常な健康の状態であることができるのです。

 

ノーマインド

ノーエゴ

であることは

苦しみの輪サンサーラからの永遠の離脱

光明 enlightenment

 

f:id:hanasennin9:20170219131448j:image

f:id:hanasennin9:20170219131508j:image


自分の内側にある
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
を全てなくし
明け渡し surrender が自然と起こった
光明 enlightenment が起こった後からは

 

自分の実体験とおして
苦しみの輪サンサーラから永遠の離脱が起こったことがわかったので

 

なでなでという
枝や葉を切り取るだけの一時的な気休めではなく

 

苦しみの原因(種)を根こそぎ取り去り0(ゼロ)になる
真の永遠の癒しである

 

「過去」から「今ここ(現在)」まで持ち歩いてきた
自分が生み出した
自分の内側にある
苦しみの原因(種)である
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)

『気づき』
『観る(観照)』
『手放し』

の瞑想 meditation

意識の成長の昇る旅 インナージャーニー inner journey


をご紹介しています。

 

f:id:hanasennin9:20170218103050j:image

f:id:hanasennin9:20170218103058j:image

f:id:hanasennin9:20170218103129j:image

f:id:hanasennin9:20170218103204j:image

f:id:hanasennin9:20170218103216j:image

f:id:hanasennin9:20170218103226j:image

f:id:hanasennin9:20170218103246j:image

f:id:hanasennin9:20170218103257j:image

f:id:hanasennin9:20170218103323j:image

f:id:hanasennin9:20170218103335j:image

f:id:hanasennin9:20170218103346j:image

f:id:hanasennin9:20170218103357j:image

f:id:hanasennin9:20170218101638j:image

f:id:hanasennin9:20170218103421j:image

f:id:hanasennin9:20170218103431j:image

f:id:hanasennin9:20170218103445j:image

f:id:hanasennin9:20170218103456j:image

 

チャクラやサトルボディのことを
学ばれることは個人の自由です。
そこからなにかの『気づき』があることもありますから。

 

しかし
興味がない場合は
無理に頭の中に詰め込む必要はありません。

 

だいたいこんなことになってるよ٩( ᐛ )و

 

というくらいで大丈夫です。

 

集めたモノを全て捨てていき 0(ゼロ)になる

意識の成長の昇る旅 インナージャーニー inner journey をしながら

体験を通して学び『理解』が『起こる』からです。

 

借り物の知識(マインド(思考))をただ頭の中に詰め込んでも

それは知恵として役にはたちません。

 

自分の体験をとおして『理解』が『起こった』知が

その後に真に役に立つものだからです。

 

意識の成長の昇る旅に教科書やマニュアルがないのは

真理は言葉(頭のマインド(思考))では

理解できないものだからです。

 

体験のみです。

 

全てを捨て去り空っぽにならなくては

『理解』が『起こる』ことができないモノだからです。

 

ノーマインド

ノーエゴ

が大切なのです。

 

oshoもお話しするように

頭の中に知識(マインド(思考))を詰め込むことは

ノーマインド

ノーエゴ

の状態であることで起こる

苦しみの輪サンサーラからの永遠の離脱

光明 enlightenment が起こる

ことと真逆な行為になるのです。

 

実際にわたしは
なんの知識も光明 enlightenment のことも
なんにも知らないまま
ゴールがあることも知らないまま
ただただ苦しみから楽になりたい一心で

 

目の前にある自分の苦しみを
自分の内側をくまなく『観る』
自分の生み出した
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
の苦しみの原因(種)を
『気づき』
『観る(観照)』
『手放し』
の瞑想 meditation を
毎日朝晩続けました。

 

緊張をほぐしリラックスの愛100%の中での
瞑想 meditation は


無理なく

皮膚を剥ぎ取るような痛みではなく

 

とってつけた服を自然と脱ぎ去るような
痛みのない『手放し』が次々と起こっていき

 

自然と明け渡し surrender が起こり

 

いつのまにか
光明 enlightenment の体験が起こりました。

 

 

光明 enlightenment が起こった後に
なぜ
oshoやおしゃかさまや多くの導師たちが
瞑想 meditation や坐禅を伝え続けるのかが
本当によくわかりました。

 

それ以外に
自分で自分が生み出した
苦しみの原因(種)を
無理なく自然に
副作用や後遺症なく
安全に
根こそぎ取り去る方法はないからです。

 

しかし

他の方法で自分にあうモノがあればそれでいいのです٩( ᐛ )و

自分に1番あう方法が1番いいので。

 

 

 

その苦しみの原因(種)である

自分の内側にある

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

は自分でしか根こそぎ取り去ることができないものです。

 

他者が自分の内側にあるそれらを取り去ることは

決してできないのです。

 

それらを手に持っているのは自分です。

 

自分を苦しみから救い出すことができるのは

唯一自分のみです。

 

自分が自分のメシア(救世主)です。

 

 

 

自分の内側から
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
の荒く大きな波動の雑音 noise が全てなくなり

自分の内側が
生まれる前からの
沈黙の無音のような光の波動に再び戻ると

 

自分の内側に生まれる前からずーとそこにある
お腹のお臍のあたりにある
本来の自分の波動を「感覚」で再びとらえることができます。

 

外側にとらわれて『忘れて』いた
自分の内側にある心地よい『ホーム home 』に帰還です。

 

『魂(源泉)』の静かな愛100%の光の波動を…

 

究極のリラックスの至福の波動を…

 

真実は
苦しみが一切ないのが本来の状態であることを『思い出し』ます。

 

欲を持つから苦しむことを

真に理解が起こります。

 

苦しみたくなければ

欲を持たなければいいと…

 

ただそれだけのシンプルな答えでした。

 

 

欲をなかなか手放せない…できないから苦しみ続けるのだけどσ(^_^;)

 


苦しみの原因(種)に振り回されて
エネルギーを消耗し疲れ果てた自分を
自分の内側の愛と至福の『ホーム home 』でゆっくり癒したら…

 

魂の個性と才能を『思い出す』おまけがついてきます(^_-)

 

懐かしいよく知った本来の自分を『思い出す』でしょう。

 

その本来の自分で
その本来の『魂(源泉)』の愛の波動のままで

魂の個性と才能をいかし分かち合い
魂の計画を生きていく


キャラメルのオマケで遊ぶような無垢のワクワク感で

本来の自分を無限に無理なく発揮し楽しみながら
生きていきます。

 

それは自分の至福だけでなく
周り全てへの奉仕となってしまいます。

 

f:id:hanasennin9:20170218101638j:image

f:id:hanasennin9:20170218105915j:image

 

まずは
自分の内側にある
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
それは
たとえば
頭の中の考え
心の中の思い
の雑音 noise を全て空っぽの0(ゼロ)にするところから

自分の内側にある
本来の自分である『魂(源泉)』の波動を
再び「感覚」で『思い出す』ところから

自分を真に生きる愛と至福の旅がはじまります。

 

1人1人真に愛と至福に生きるために生まれてきたのです。
それは夢物語ではなく真実です。

 

苦しみの原因(種)を根こそぎ取り去ることを
意識して実行すれば誰でもそうなれます。

 

ただそれだけのシンプルなことで…

難しいお話しはしていませんし

わたしだけが知っていることでもなく

奥深い『魂(源泉)』では
みんながすでに知っていること
言葉にしてご紹介しているまでです。

 

説明がたいへん下手ですから申し訳ありませんが…

『思い出す』きっかけになれれば…

 

 

苦しみの原因(種)
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
をどーしても手放せないときもありますから
そういう時期は
無理にそれらを引き剝がさず

苦しいと思いますが

今自分は苦しいんだな〜と受け止め
ただそれらと共にいてください。

 

 

しかし

他者からの暴力などの苦しみの場合は

警察などへちゃんと行って

病院で手当てをしてもらい

助けを受けてください。

それは我慢しなくていいものです。

 

他者の欲による暴力を

自分が支える必要はないのです。

 

それは愛ではなく自己犠牲です。

 

どうか自分を大切に愛してください。

 

 

それから…

わたしのように子供のころから

第6チャクラの第3の眼が

開いていても

開いていなくても

どちらであっても

苦しみの輪サンサーラからの永遠の離脱や

光明 enlightenment には

全く関係ありません。

 

それに興味を持つことは個人の自由ですが

それに『執着』せず、気にせず、

 

自分の内側を観る

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

を全て手放し空っぽの 0(ゼロ)にする

自分の内側の旅、意識の成長の昇る旅

インナージャーニー inner journey により

苦しみの輪サンサーラからの永遠の離脱

光明 enlightenment

それらは起こりますから

安心してマイペースで旅をお楽しみください٩( ᐛ )و

 

f:id:hanasennin9:20170218131506j:image

 

苦しみの輪サンサーラから永遠の離脱をしよう!
と腹をくくった人たちへ…

 

苦しみの原因(種)から

逃避するのをやめて
それらと向き合い『観る(観照)』ことで
それらは自然に消え去ります。

 

自分の『魂(源泉)』が自分を導きますから
それを信頼して…

 

自分の『魂(源泉)』の愛が自分を癒します。

 

その体験の感動よりすごいものはないかもしれません…

 

自分を真に癒すことは
周り全てへの奉仕へと必ず繋がります。

 

誰に遠慮することなく自分を癒し愛していいのです…

 

不安や恐怖心=エゴ(自我・欲)の声
安心=『魂(源泉)』の導き

 

この違いを見極められますように…

 

 

自分の内側にある『魂(源泉)』を『思い出す』
真の癒しと愛と至福の旅をいつも祈っています。

 

sammasati サマサティ(right remembrance)
正しく想起する

『The last word is Buddha was, sammasati.
Remember that you are a buddha - sammasati.』

 

瞑想と愛 meditation & love

 

 

花仙人

 

 

f:id:hanasennin9:20170218110327j:image

内側にある『源泉 source (魂 soul )』と
『全ての存在は1つ』all one であることを『思い出す』

 

瞑想は『源泉(魂)』を『思い出す』ことをサポートする1つのツールです。

f:id:hanasennin9:20170218110348j:image 

The Ultimate Alchemy, vol 1,2
この講話の英語のPDFダウンロードはこちはです。
http://www.oshoworld.com/e-books/eng_discourses.asp?page_id=15

 

瞑想はたくさんの種類があります。
ご自身にあった瞑想がみつかるといいですね。

f:id:hanasennin9:20170218110415j:image

f:id:hanasennin9:20170218110402j:image
Vigyan Bhairav Tantra, vol 1,2
この講話の英語のPDFダウンロードはこちはです。
http://www.oshoworld.com/e-books/eng_discourses.asp?page_id=15

 

oshoアクティブ瞑想に関してはこちら、
http://www.osho.com/ja/meditate/active-meditations/why-active-meditations

 

oshoの瞑想音楽はこちら、

 

f:id:hanasennin9:20170218110542j:image

f:id:hanasennin9:20170218102537j:image

f:id:hanasennin9:20170218102609j:image

f:id:hanasennin9:20170218102630j:image

f:id:hanasennin9:20170218102702j:image

f:id:hanasennin9:20170218102711j:image

f:id:hanasennin9:20170218103050j:image

f:id:hanasennin9:20170218103058j:image

f:id:hanasennin9:20170218103129j:image

f:id:hanasennin9:20170218110709j:image

f:id:hanasennin9:20170218110718j:image

f:id:hanasennin9:20170218110728j:image

 

f:id:hanasennin9:20170218110754j:image

f:id:hanasennin9:20170218110850j:image

f:id:hanasennin9:20170218110903j:image

花仙人

広告を非表示にする