花仙人の日記

『全ては1つ』を「思い出す」sammasati

意識の成長の旅⑤

意識の成長の旅⑤

 

 
(カテゴリにある二元性シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…)

 

 

前回からの続きです。

 


子供のころから
第6チャクラの第3の眼をとおして見えている
人間の身体に現れる
黒い影

肉体の周りにあるかげりのある光の身体(サトルボディ)


人間の内側にある
「過去」から「今ここ(現在)」まで持ち歩いてきた
自分が生み出した
苦しみの原因(種)である
◯ マインド(思考)
◯ エゴ(自我・欲)
の荒く大きな雑音 noise のような波動があることによって
チャクラやサトルボディに影響して
現れる…

 

それは心の苦しみだけでなく
肉体の病気や怪我になっていく…またはすでなっている…

 

というお話しを
わたしの長年のなでなでの不思議な実体験をとおして
ご紹介しました。

 

 

今日は
チャクラと関係するサトルボディ(光の身体)の
中心にある『魂(源泉)』のお話しを
簡単にですがお話しします。

 

『魂(源泉)』=本来の自分の「意識」

 

f:id:hanasennin9:20170224111859j:image

 

前回は

わたしが子供のころから第3の眼をとおして見えている

チャクラやサトルボディ(光の身体)に関係する

いろいろなお話しをしました。

 

f:id:hanasennin9:20170224111545j:image

f:id:hanasennin9:20170224111555j:image

f:id:hanasennin9:20170224111302j:image

f:id:hanasennin9:20170224111321j:image

f:id:hanasennin9:20170224111710j:image

f:id:hanasennin9:20170224111724j:image

f:id:hanasennin9:20170224111422j:image

f:id:hanasennin9:20170224111439j:image

f:id:hanasennin9:20170224111511j:image

f:id:hanasennin9:20170224111859j:image

 

上の絵はチャクラと『魂(源泉)』が少し重なっていますが

実際は重なってはいません。

 

下の絵は説明しやすいように実際より大きめに描いていますが

実際には

人間のお腹のお臍のあたりにある『魂(源泉)』は

オレンジとグレープフルーツの中間くらいの大きさに見えています。

 

『魂(源泉)』の中核は真っ白い光です。

『魂(源泉)』の中核の周りの光の色はいろいろな色がありますが

この絵の中ではグリーンの色で描いてみました。

 

f:id:hanasennin9:20170224112037j:image

f:id:hanasennin9:20170224112114j:image

 

うまく描けないので簡素な表現になって申し訳ないのですが、

実際にはこの絵のように個体っぽくはなく

あれこれ探してみて1番近いと思ったのは

オーロラの光の色が流れ動く感じで

(それもあまり似ていないのだがとりあえず1番近い…)

中核もその周りの光の色も

いつもエネルギーが流れ動いています。

 

チャクラやサトルボディは

チャクラが閉じると

光のエネルギーが少なくなるので暗くかげって見えますが、

 

生まれる前からずーと

『宇宙全ての存在』と『1つ』であり繋がっているので

『魂(源泉)』は

枯れることのないエネルギー(命の源)がずーと溢れ出続けていますから

『魂(源泉)』の中核もその周りの光の色も

つねに明るく光輝いています。

 

『魂(源泉)』の中核は

愛100%のエネルギーの微細(subtle)な光と音の波動です。

光が真っ白く輝いているということは全ての色を含んでいる状態であり

限りなく無音に近い状態です。

 

f:id:hanasennin9:20170224121003j:image

 (光の3原色は色を全て混ぜると真っ白になる)

 

『魂(源泉)』の中核の真っ白い光の無音の微細な波動の愛は

 

恋愛での高まるハイの二元性の陰陽の陽の極(面)に「偏った」状態ではなく

(偏り=アンバランスな状態)

 

恋愛での落ち込みのロウの二元性の陰陽の陰の極(面)に「偏った」状態でもなく

(偏り=アンバランスな状態)

 

頭のマインド(思考)や心の思いの動きが止まった

とても静かで穏やかな沈黙や無音のような

二元性の両極(両面)の真ん中(中心)の「中庸」の状態です。

(中庸=バランスがとれている状態)

 

f:id:hanasennin9:20170224120329j:image

 

『魂(源泉)』の中核の愛の微細な波動は

究極のリラックスの至福の状態であり

緊張の状態は全くありません。

 

『魂(源泉)』は愛100%のエネルギーの微細な波動の球体であり

その中には

緊張となる

苦しみの原因(種)である

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

あらゆる感情

などの雑音 noise のような荒く大きな波動は全くありません。

 

f:id:hanasennin9:20170224113049j:image

 

緊張となる

苦しみの原因(種)である

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

あらゆる感情

などの雑音 noise のような荒く大きな波動は

『魂(源泉)』の周りに浮かんで流れています。

 

 f:id:hanasennin9:20170224122245j:image

f:id:hanasennin9:20170225094645j:image

 

緊張となる

苦しみの原因(種)である

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

あらゆる感情

などの雑音 noise のような荒く大きな波動は

細かく小さな微細な無音のような『魂(源泉)』の中には存在しないので

それらは本来の自分ではない…ということです。

 

本来の自分の「意識」=『魂(源泉)』

 

荒く大きな波動は

細かく小さな微細な波動の中にはうまく入り込めません。

 

細かく小さな波動の紫外線は

皮膚の奥深くまで入り込め込めるから

シミができてしまいます。

 

波動はそのように

苦しみの原因(種)である

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

あらゆる感情

などの荒く大きな雑音 noise の波動は

『魂(源泉)』の細かく小さな微細な波動の中には入り込めないのです。

 

『魂(源泉)』の微細な波動の光と愛の球体の中には

荒く大きな雑音 noise の暗い闇の波動は入り込めないので

『魂(源泉)』はずーと光り輝き無音のような状態のままです。

 

外側から『魂(源泉)』の中に入ることはできず

『魂(源泉)』の中から外側にエネルギーが流れ出す一方通行です。

それは

低いところから高いところへ水が流れることができないように、

高いところから低いところへと水が一方通行に流れるように。

 

『魂(源泉)』の愛はとても細かく小さな微細な波動ですから

外側からの愛のエネルギーは入り込めません。

 

愛は外側からもらう必要は全くないのです。

 

愛は生まれる前からずーと

自分の内側のお腹のお臍のあたりにある

『魂(源泉)』の愛は内側から外側に
永遠に枯れることのない温かい泉のように流れ溢れ出る一方通行です。

 

f:id:hanasennin9:20170225095922j:image

『魂(源泉)』=愛と光=本来の自分の意識

 

その本来の状態を再び「感覚」で『思い出し』てしまったら

もう内側から溢れ出す愛を

せき止めおさえることは不可能だとわかります。

 

これが生まれる前からずーといつもの人間の本来の状態です。

 

花の香りが花が枯れるまでずーと溢れ流れ出続けているように…

 

人間も同じで肉体の死が訪れて

『魂(源泉)』が肉体から離れるまで

ただただ愛が永遠に枯れることなく内側から溢れ出す状態であることの

まんまの状態で生きていきます。

 

愛する行為をする必要もないのです。

愛する行為=行為は愛ではない。

    愛=愛である状態

 

もうどうしたって愛は花の香りのように

自分の『魂(源泉)』からずーと溢れ流れ出続けて

止まらない愛である状態なのですから。

 

生まれる前からずーと愛100%である状態が人間なのです。

 

ただ

生まれた後にいろいろなことがあって

その本来の愛である状態を『忘れて』いるだけなのです。

 

苦しみの原因(種)である

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

あらゆる感情

などを生み出し持っているので

その雑音 noise に気を取られて

本来の『魂(源泉)』の微細な愛100%の波動を『忘れて』

「感覚」で『思い出す』ことができないだけなのです。

 

 

本来の『魂(源泉)』の微細な波動を

再び「感覚」で『思い出す』ためには、

 

本来の『魂(源泉)』ではない雑音 noise の波動である

「過去」から「今ここ(現在)」まで持ち歩いてきた

自分が生み出した

雑音 noise の波動である苦しみの原因(種)を

内側からポイって『手放し』てなくして空っぽの 0(ゼロ)にしまうことで

再び本来の『魂(源泉)』の微細な波動の状態を『思い出す』ことができます。

 

f:id:hanasennin9:20170224130420j:image

f:id:hanasennin9:20170224122245j:image

f:id:hanasennin9:20170224130231j:image

f:id:hanasennin9:20170224130445j:image

f:id:hanasennin9:20170224130516j:image

 

全ての苦しみの原因(種)である

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

を自分の内側から『手放し』

空っぽの 0(ゼロ)の状態になると

『本来の自然な中庸の状態』になると

雑音 noise が消えてなくなり

本来の『魂(源泉)』の微細な愛100%の光と無音のような波動を

再び「感覚」で『思い出す』ことができます。

 

f:id:hanasennin9:20170224131037j:image

f:id:hanasennin9:20170224131049j:image

f:id:hanasennin9:20170224130554j:image

f:id:hanasennin9:20170224130619j:image

 

意識の成長の旅 インナージャーニー inner journey とは

 

生まれる前からの本来の『魂(源泉)』の微細な愛の波動の状態を『忘れて』しまい

 

生まれた後いろいろなことがあって

「過去」から「今ここ(現在)」まで持ち歩いてきた

自分が生み出した

自分の内側にある

苦しみの原因(種)である

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

を全て『手放す』

と同時に

苦しみの『理解』を実体験をとおして学んでいき

その苦しみの『理解』=愛の『理解』や成長でもあり

どんどん

自分の内側のあらゆる二元性の統合(超越)が起こっていき

『本来の自然な中庸の状態』に再び戻り

どんどん

意識(愛)の成長の梯子を第7チャクラまで昇っていき

 

生まれる前からの本来の『魂(源泉)』の微細な愛の波動の状態を再び「感覚」で『思い出す』までが

 

意識(愛)の成長の昇る旅

自分の内側の旅 インナージャーニー inner journey です。

 

f:id:hanasennin9:20170224132656j:image

 

簡単に言うと

『忘れて』しまった自分の『魂(源泉)』を

再び「感覚」で『思い出す』

旅…

です٩( ᐛ )و

 

自分の『魂(源泉)』を『忘れて』しまった理由は

自分が生み出して持っている苦しみの原因(種)である

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

をどうしても『手放せない』

ですσ(^_^;)

 

f:id:hanasennin9:20170224140633j:image

f:id:hanasennin9:20170224140654j:image

 

というわけで…

苦しみの輪サンサーラから永遠に離脱しよう!

と腹をくくった人たちへ…

 

『忘れて』しまった自分の『魂(源泉)』を

再び「感覚」で『思い出す』ことや

その『魂(源泉)』と『宇宙全ての存在』と『1つ』だったことを

再び「感覚」で『思い出す』体験が起こってしまった

わたしの実体験をご紹介しているブログです。

 

わたしには瞑想 meditation が

苦しみの輪サンサーラからの永遠の離脱には

本当に役に立った癒しのツールであることは

毎回お話ししていますが

 

本当にただただ

自分の内側にある

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

『気づき』

『観る(観照)』

『手放し』

をしただけなのです。

 

f:id:hanasennin9:20170224140837j:image

f:id:hanasennin9:20170224140850j:image

f:id:hanasennin9:20170224140906j:image

f:id:hanasennin9:20170224140921j:image

f:id:hanasennin9:20170224141032j:image

 

雑音 noise が消え去り空っぽな 0(ゼロ)の状態になると

自然と自分の『魂(源泉)』の波動だけになるので

『魂(源泉)』の波動を自然と『思い出す』ことになってしまいます。

 

f:id:hanasennin9:20170224141108j:image

 

もうすでに

生まれる前からずーと自分の内側の

お腹のお臍のあたりにある『魂(源泉)』ですから

ただそこにある『魂(源泉)』を「感覚」で『思い出す』だけでいいのです。

 

『思い出す』ことに

なんのテクニック(技術)も

なんの知識(マインド(思考))も

なんのマニュアル本も

なんのマントラも魔術も

必要なくできることは

みんなすでにわかっています。

 

今朝の朝ごはんは何を食べましたか?

 

えーと…ごはんと味噌汁とリンゴです。

 

みたいなσ(^_^;)

 

自分の内側にすでにある『魂(源泉)』を『思い出す』ことは

そんな感じのことなのですね。

 

特別に難しいことではなく

年齢性別関係なく

誰にでもできること…

 

たとえば…

わたしは時々不整脈があるのですが

心臓に問題がある人は

いつも心臓に違和感があるので

心臓を気にして「意識」してしまいます。

 

心臓に問題がない健常者の人は

心臓の鼓動がトクトクしていても

痛みや違和感がないので

心臓を気にせず心臓に「無意識」になり

普段は心臓がそこにあることさえ『忘れて』しまっています。

心臓がそこにあるのがあまりにも当たり前すぎて気にならないからです。

 

『魂(源泉)』も同じです。

 

あまりにも痛みも違和感もなく

『魂(源泉)』がそこにあるのがあまりにも当たり前すぎて気にならず

『魂(源泉)』に「無意識」になっています。

 

本来の自分以外の波動は違和感があり不快に感じるため気づきやすいのですが

本来の自分の波動は自分だから違和感は全く無いので気づくことができません。

 

自分の内側に本来の自分以外の波動があると違和感があり不快なため気づきます。

自分の内側に本来の自分以外の波動が全くなくなった空っぽな無の状態が

なんにもない 0(ゼロ)のような「感覚」の状態が自分の本来の波動だけの状態です。

 

空っぽな 0(ゼロ)の無の状態=本来の自分の『魂(源泉)』の微細な波動

 

生まれた後にいろいろなことがあって

自分の内側に

苦しみの原因(種)をたくさん持ってしまい

それによって

どんどん本来の自分の『魂(源泉)』=意識を『忘れて』しまいました。

 

『魂(源泉)』の真っ白い光の中核の周りにある光の色の中には

何度の輪廻転生をしながら学び積み重ねてきた

自分の個性と才能があります。

 

現世もその自身の魂の個性と才能をいかしながら

さらに学び

さらなる成長のために

それを行うために生まれてきました。

 

しかし

本来の『魂(源泉)』を『忘れて』しまい

魂の個性や才能や

それをいかし生きる魂の計画も一緒に『忘れて』しまいました。

 

本来の『魂(源泉)』を『忘れて』しまうことは

自分の人生に迷いさまよい続ける不安や恐怖の苦しみを持ってしまいます。

 

なぜ自分は生まれてきたのか?

 

そんな疑問も持って苦しむこともあります。

 

苦しみの輪サンサーラからの永遠の離脱のためには

光明 enlightenment が起こる

それは

生まれる前からずーと

自分の内側のお腹のお臍のあたりにすでにある

本来の自分である『魂(源泉)』=意識

再び「感覚」で『思い出す』ことです。

 

まず

『魂(源泉)』の中核を『思い出す』ことが

なにより1番に大切なことです。

 

『魂(源泉)』の中核の周りの光の色の

魂の個性と才能は

『魂(源泉)』の中核を『思い出した』ら

自然とオマケのようについてくるものなので

そちらは気にする必要はありません。

 

f:id:hanasennin9:20170224142904j:image

 

キャラメルを買ったら

オマケがついてくる…それです٩( ᐛ )و

 

まずはキャラメルをゲットして食べて元気を取り戻し

そしてオマケで楽しく遊びます。

 

まずは『魂(源泉)』の中核(キャラメル)を再び「感覚」で『思い出し』

そして『魂(源泉)』の中核の周りの光の色の魂の個性と才能(オマケ)で楽しく遊びます。 

 

最近の人は

食べ物に飢える状況にないようなので

キャラメルよりもオマケの方ばかりを欲しがりますが…

 

生きるために満たす食べ物はキャラメルであり

オマケは食べることができないので満たされ生きることはできません。

 

同じように

 

オマケである魂の個性と才能だけを知っても

愛100%の「本来の自分の意識」を『思い出した』至福で満たされることはできないのです。

 

キャラメルの『魂(源泉)』の中核の「本来の自分の意識」を

再び「感覚」で『思い出す』ことで

人間は真に愛で満たされ至福を感じるのです。

 

もうなにもいらない…

 

と思うほどに…満たされます。

だから

本来の状態を『思い出す』という

光明 enlightenment が起こると

エゴ(自我・欲)が消えてなくなってしまうのですね。

 

愛が欲しい( loneliness の状態 )と思えなくなってしまいます。

 

独りであっても寂しくない aloneness の状態になって

愛がいつも溢れ出続けて愛である状態であるのですね。

 

満たされ続けている「感覚」が真だから…

 

大切なことは

『魂(源泉)』の中核を再び「感覚」で『思い出す』

です。

 

魂の個性と才能は

キャラメルオマケがついてくるように

『魂(源泉)』の中核を『思い出した』ら必ず『思い出す』ので安心してください。

 

 

ごくわずかですが

キャラメルの『魂(源泉)』の中核を『思い出す』前に

オマケの魂の個性と才能を『思い出した』人もいます。

それはそれでいいのです。

 

でも、なんだか自分の魂の個性と才能を

うまく乗りこなせない…

十分に発揮できない…

なんだか不満足…

などの苦しみがある場合は

『魂(源泉)』の中核を『思い出す』ことで

 

なぜ自分は魂の個性と才能を生きるのか?

 

真の理由がわかると

苦しみはなくなり

なんの無理や問題もなく

魂の個性と才能を

『魂(源泉)』のエネルギーをトータルに使いながら

今を楽しく遊ぶように生きていくことになります。

 

大切なことは、まず1番に

『魂(源泉)』の中核を再び「感覚」で『思い出す』

です。

 

 

このブログでは意識の成長の旅をわかりやすくお話しするために

なでなでの実体験のお話しと一緒に

チャクラやサトルボディのことをお話ししましたが

 

興味がなければ

チャクラやサトルボディの知識を

無理に頭に詰め込む必要はありません。

 

学びたい人は学んでいいのです。

その学びから多くの『気づき』や『手放し』の

きかっかけになるかもしれませんから

今自分がやってみたいことを

自由にしてみてくださいね。

 

 

何を学んでも

大切なことは

本来の自分の意識である

『魂(源泉)』を「感覚」で再び『思い出す』

ことです。

 

自分の内側にある

頭の中の考え(マインド(思考))

心の中の思い

まず空っぽの 0(ゼロ)の無の状態にして

 

「私(自分)=エゴ(自我・欲)」を『手放し』

 

自分の内側にある

本来の『魂(源泉)』以外の波動を空っぽの 0(ゼロ)の無の状態にして

 

本来の『魂(源泉)』の中核を「感覚」で再び『思い出す』

 

ことから愛と至福への真の『魂(源泉)』の旅がはじまります。

 

オマケで『思い出した』

魂の個性と才能と計画を実行しながら

楽しく生きていきます。

それは

自分の至福だけでなく

周り全てへの奉仕となってしまいます。

  

f:id:hanasennin9:20170224144018j:image

f:id:hanasennin9:20170224144030j:image

f:id:hanasennin9:20170224144040j:image

f:id:hanasennin9:20170224144052j:image

f:id:hanasennin9:20170224144103j:image

f:id:hanasennin9:20170224144249j:image

f:id:hanasennin9:20170224140633j:image

f:id:hanasennin9:20170224140654j:image

f:id:hanasennin9:20170224142904j:image

f:id:hanasennin9:20170224154010j:image

f:id:hanasennin9:20170224153909j:image

f:id:hanasennin9:20170224153924j:image

f:id:hanasennin9:20170224153949j:image

 

1人1人みんなが至福を生きるために生まれてきました。

 

誰に遠慮することなく自分を癒し愛していいのです…

 

真の愛と至福である

本来の自分の『魂(源泉)』=意識を

再び「感覚」で『思い出す』ために…

 

f:id:hanasennin9:20170224144611j:image


不安や恐怖心=エゴ(自我・欲)の声
安心=『魂(源泉)』の導き

この違いを見極められますように…

f:id:hanasennin9:20170224145803j:image
自分の内側にある『魂(源泉)』を『思い出す』
真の癒しと愛と至福の旅をいつも祈っています。

sammasati サマサティ(right remembrance)
正しく想起する
『The last word is Buddha was, sammasati.
Remember that you are a buddha - sammasati.』

瞑想と愛 meditation & love


花仙人

 

 

f:id:hanasennin9:20170224145012j:image

内側にある『源泉 source (魂 soul )』と
『全ての存在は1つ』all one であることを『思い出す』

 

瞑想は『源泉(魂)』を『思い出す』ことをサポートする1つのツールです。

f:id:hanasennin9:20170224145028j:image
The Ultimate Alchemy, vol 1,2
この講話の英語のPDFダウンロードはこちはです。
http://www.oshoworld.com/e-books/eng_discourses.asp?page_id=15


瞑想はたくさんの種類があります。
ご自身にあった瞑想がみつかるといいですね。

 f:id:hanasennin9:20170224145052j:image

f:id:hanasennin9:20170224145116j:image
Vigyan Bhairav Tantra, vol 1,2
この講話の英語のPDFダウンロードはこちはです。
http://www.oshoworld.com/e-books/eng_discourses.asp?page_id=15

 

oshoアクティブ瞑想に関してはこちら、
http://www.osho.com/ja/meditate/active-meditations/why-active-meditations

 

oshoの瞑想音楽はこちら、



f:id:hanasennin9:20170224144936j:image 
花仙人

 

広告を非表示にする