読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

内側の中心は無音①

内側の中心は無音①

 

 

『内側の中心は無音だったんだ〜』
という
大人になって
再び「感覚」で『魂(源泉)』を『思い出した』
ある夏の体験と
最近見つけたoshoの講話の中で
『音の中心にある沈黙を見つける』
というお話しをご紹介します。

 

 

 

中心は無音…

 

 

 

ある夏の昼間に瞑想 meditation をしていました。
まだ瞑想 meditation をはじめて半年ほどのことでした。

 

24時間車の往来が多い騒音のある
街中で暮らしていますが、
その日は近くの木にとまっている
蝉たちの大合唱があり
蝉の鳴き声以外なにも聞こえないほどでした。

 

蝉の鳴き声の音の振動で
全身の皮膚の表面がじんじんしていました。


あまりにもの蝉たちの鳴き声が耳の鼓膜を振動し続ける違和感に
うるさいな〜と最初は思ったのですが、
子供のころに読んだ図鑑の中に
蝉は地上に出てきてからは
ほんの一週間ほどしか生きることはできないと
書いてあったことを思い出しました。
それを思ったら胸がいっぱいになり
うるさいなんてもう思えなくなり

 

生きている間に自由に好きなだけ鳴いたらいい…

 

と、ふっと
蝉の鳴き声をただただそのまんま受け入れよう…

 

と、あたたかい気持ちになった瞬間に、
全身が蝉の鳴き声になったように感じました。

 

ミ〜ンミ〜ンという蝉の鳴き声と1つになったような
不思議な「感覚」でした。

 

さっきはうるさいと思ったのに
受け入れた後はそのミ〜ンミ〜ンの音の振動が心地よくジ〜ンと感じたのです。

 

マインド(思考)は自分にとって都合のいいように
外側の音をとらえるもんだな…と思い
自分勝手な自分に
蝉たちに申し訳なく思いました。

 

 


その全身が蝉の鳴き声になったかのように感じてまもなくすると

 

今度は
まるで自分が空気になり
周り全体と溶け合い

 

蝉の鳴き声と1つになっただけでなく

その場の周り全てと1つの空間になった「感覚」がしました。

 

それはまるで
肉体がなくなったかのような
不思議な「感覚」でした。

 

 

 

しかしその不思議な「感覚」は
子供のころに感じていた「感覚」と
同じであることをその瞬間に『思い出し』ました。

 

 

 

毎日家の周りの田畑や森の中や川の自然の中で
草木や動物や虫や爬虫類などと一緒に
遊んでいるときに
周りの自然全体と自分の間に
空気の壁のような境界線がまるでない
肉体を感じないような
周りの自然全体と1つである「感覚」と同じでした。

 

 

 

知っている懐かしい「感覚」だ〜!

 

 

 

自然と一体の『無』の「感覚」はなんて至福の境地なんだ!

 

 

 

あ〜〜〜なんでこんな素晴らしい「感覚」を『忘れて』いたんだろうか!

 

 

 

というすごい感動と
子供のころには当たり前のように感じていた
その素晴らしい自然との一体感の『無』の「感覚」を
『忘れて』いた残念な自分にがっかりする思いが
同時にありました。

 

でも、すぐに
その素晴らしい「感覚」を
再び「感覚」で『思い出し』たことは宝物だな٩( ᐛ )و
と思いました。

 

この懐かしい自然との一体感の「感覚」のまんま
自然の中で子供のころのように
遊びまくろう٩( ᐛ )و
とすぐ思いワクワクしました。

 

 

 

全身が蝉の鳴き声になったような
肉体がなくなり空気になったような
その周りとの一体感の「感覚」を
懐かしむように感じていると…

 

今度は
突然、
蝉の鳴き声や外側の音全てが
消えてなくなったのでした。

 

 

 

音がまったくない無音…

 

 

 

外側の音も
内側の音も
消えてなくなっていました。
内側と外側が無音で1つになって全体になっていました。

 

 

 

完全なる無音の世界…

 

 

 

音がなくなった!!
なんだこれ!?
と思いましたが、

 

無音の状態があまりにも
究極に心地よくて
優しく温かいようなリラックスの「感覚」だったので
抵抗せず安心したままゆったりとしていました。

 

 

外側にはたくさんいろいろな音があるけど、
内側は無音なんだな〜と
なぜかその体験の最中に思ったのでした。


内側は無音なんだな〜
無音は究極のリラックスだな〜と思いました。


その究極のリラックスの無音の中では
『肉体』が消え去り空気なったような
『時間』がないような止まったような感じで
その時の45分間の瞑想 meditation は
一瞬で終わったように感じました。

 

 

 

え?もう45分経ったの?
なんだこれ!?

 

 

 

なんだこれ!?
ばかりの不思議な瞑想 meditation 体験となりました。

 

 

 

『音』と『時間』と『肉体』のない無の空間。

 

 

 

大人になってはじめての不思議な『無』の体験でしたが、
その『無』の「感覚」は
子供のころに当たり前にあった自然な「感覚」だったことを
再び『思い出し』たことは宝物だな〜と思いました。

 

 

 

すぐにその自然との一体感の「感覚」のまんま
外に飛び出して木に登ったり蝉を見に行ったりして遊ぼう!
と思っていましたが、

 

あまりにもの
究極のリラックスと
究極の静かな状態となっていたため
動くことすら忘れてしまい
ただゆっくりと足を崩し
その場でのんびりしました。

 

ただただ何も考えられず
ボーと心地よさに浸っていました。

 

 


まるで天国にいるような至福の感じでした。

 

 


そしてその究極のリラックスの「感覚」は
それ以来もう10年以上になりますが
なくなったことはありません。

 

 

 

わたしはお薬がことごとく体にあわず
もう20年近く飲んだことはありませんし
もちろんドラッグなどもしていませんから
お薬などの副作用によって
このような究極のリラックスの体験が起こったのではないことは確かです。

 

瞑想 meditation によって自然に起こったことですから
脳に変な副作用や後遺症などは全くなく
究極のリラックスによって自律神経のバランスが正常な状態になり
体調がよくなったのは確かです。

 

 

 

この体験から7年後に光明 enlightenment が起こったのですが
光明 enlightenment が起こった後に
いろいろ調べてみてわかったことは


その蝉の鳴き声の瞑想 meditation による『無・無音』の体験が
自分の内側にある『魂(源泉)』の無音の波動を
再び「感覚」で『思い出した』体験であったことです。

 

 

oshoがお話しする
中心は無音…ということの初めての体験でした。

 

 

 

蝉の鳴き声が周りにいっぱいにあったからこそ
自分の内側の中心が無音であることに『気づく』ことができた体験でした。

 

oshoの講話を読んでいきわかったことは
わたしはどうやら外側にある音を
瞑想 meditation に使ったようです。

 


お貧乏さんですからσ(^_^;)
静かな森の中に住む状況でもなく…
聖地で瞑想 meditation など旅ができる状況でもなく…

 

街中の騒音まみれの中に住んでいて
まるで聖地ではないような環境の中での毎日朝晩の瞑想 meditation …

 

車の往来の騒音…
お隣さんのテレビの音や屁の音…
カラスなどの多くの鳥の鳴き声の音…
犬や猫の鳴き声の音…
横断歩道のアナウンスや音楽の音…
ヘリコプターの音…
などなど

 

外側には音がいっぱいです。

 

 


でも
蝉の鳴き声の中で『無・無音』を体験した瞑想 meditation の日以来
外側の音がまったく気にならなくなりました。

 

自分の中心が静かな沈黙の状態であることが「感覚」でわかったから
外側の音がまったく気にならなくなりました。

 

ただただ外側の音をそのまんま受け入れている感じです。

 

うるさいとか好きな音とか
判断したり差別したりせず
ただ音としてあるということを
ただ受け入れているだけです。

 


自分の内側にあるマインド(思考)やエゴ(自我・欲)などの雑音 noise は
瞑想 meditation をしてきれいさっぱりお掃除すればなくなるので
こちらもまったく気にならなくなりました。

 

マインド(思考)やエゴ(自我・欲)を
良いとか悪いとか
判断したり差別したりせず
ただ雑音 noise としてあるということを
ただ受け入れているだけです。

 

 

 

中心(魂(源泉))は無音…

音は中心(魂(源泉))の周りだけにある…

 

 

 

それを「感覚」で再び『思い出した』ことは
光明 enlightenment へと昇る
意識の成長の旅の途中では
大切な体験となりました。

 

蝉のおかげです♡(=´∀`)人(´∀`=)ありがとう♡

 

そしてその体験以来

子供のように自然の中で

草木や動物や昆虫や爬虫類など

風や雨や太陽や月の光と一緒に

遊んでいますσ(^_^;)

 

(この体験から7年後の光明 enlightenment が起こった体験は、いつも書いていますから今日ははしょります。)

 

では、ここ最近見つけたoshoの講話の
中心は無音のお話しをご紹介します。

 

この講話を蝉の鳴き声の瞑想 meditation 体験前に

知っていれば…

なんだこれ!?

と…ばかり思うことなく

瞑想 meditation ができたかも?と思ったりしていますσ(^_^;)

 

 

 

◯ ◯ ◯

 

 

 

音の中心にある沈黙を見つける

 

 

 

目を閉じて、
宇宙全体が音で満たされていると感じなさい。

 

すべての音があなたに向かって動いていて、
あなたが中心であるかのように感じなさい。

 

あなたが中心であるというこの感覚は、
とても深い平和を与えてくれるだろう。

 

宇宙全体が円周になり、
あなたが中心だ。

 

そしてすべてがあなたに向かって動き、
あなたに向かって落ちている。                  

           

 

 

中心は、無音だ。

 

 

 

だからあなたは、音を聞くことができる。

音には、別の音を聞くことはできない。

 

 

 

中心は絶対的な沈黙だ。

 

 

 

だからこそあなたは、
音があなたに入り、
あなたのところに来て貫き、
取り囲むのを聞くことができる。

 

 

センターがどこにあるのか、
すべての音がそこにやって来る、
あなたの内なる場所がどこにあるのか、
もし見つけることができたら、

 

 

突然音は消え、
あなたは無音の中に入るだろう。

 

 

すべての音が聞かれる中心を、
あなたが感じることができたら、
突然の意識の移動が起こるだろう。

 

 

一瞬、
あなたは全世界が音で満たされるのを聞いていて、


そして次の瞬間、
あなたの意識は突然内側を向き、


あなたは無音を、
生の中心を聞く。

 

 


この音は良く
あの音は悪いとか、

これは妨害で、
あれはとても美しく調和しているなどと、

音について考え始めてはならない。

 

 

 

単に中心について考えなさい。

 

 

 

あなたが中心で、
すべての音があなたに向かって動いていることを、
ただ覚えていなさい…

 

 

 

ひとつ残らず、
あらゆる種類の音が、
あなたに向かっている…。

 

 


音は耳で聞かれるのではない。

 

耳はそれらを聞くことはできない。

 

耳は伝達の仕事だけをする。

 

 

 

そしてその伝達において、
あなたにとって無用な多くのものを切り捨てる。

 


それはえり抜き、選択し、
そしてそのあとの音があなたに入って来る。

 


今、どこにあなたの中心があるか、
内側に見つけ出してごらん。

 

 

 

耳は中心ではない。

 

 

 

あなたはどこか深いところから聞いている。

 

 

 

耳は選択した音を、
単にあなたに送っている。

 

 


あなたはどこにいる?

 

あなたの中心は、どこにある?

 

 


FINDING SILENCE IN THE CENTER OF SOUND


Close your eyes and feel the whole universe filled with sound.

Feel as if every sound is moving toward you and you are the center.

This feeling that you are the center will give you a very deep peace.

The whole universe becomes the circumference and you are the center, and everything is moving toward you, falling toward you.


The center is without sound, that is why you can hear sounds – a sound cannot hear another sound.

The center is absolute silence.

That is why you can hear sounds entering you, coming to you, penetrating you, encircling you.


If you can find out where is the center, where is the field in you to where every sound is coming, suddenly sounds will disappear and you will enter into soundlessness.

If you can feel a center where every sound is being heard, there is a sudden transference of consciousness.

One moment you will be hearing the whole world filled with sounds, and another moment your awareness will suddenly turn in and you will hear the soundlessness, the center of life.

 

Do not start thinking about the sounds –
that this is good and that is bad,
and this is disturbing and
that is very beautiful and harmonious.

 

Simply think of the center.

 

Just remember that you are the center and all the sounds are moving toward you – every sound, whatsoever the sort.

 

Sounds are not heard in the ears,
the ears cannot hear them.

 

The ears only do a transmission work,
and in the transmission they cut out much which is useless for you.

 

They choose, they select, and then those sounds enter you.

 

Now find out within, where is your center.

 

The ears are not the center,
you are hearing from somewhere deep down.

 

The ears are simply sending you the selected sounds.

 

Where are you?

Where is your center?

 

 


from osho talks
oshoの講話より

 

The Book of Secrets

Chapter 25

 

 

 

◯ ◯ ◯

 

 

 

(カテゴリにある二元性シリーズと意識の成長の旅シリーズを読まれていることを前提に書いていますので、読まれていない人には意味不明な説明になっていると思います…)

 

 

 

人間の中心は無音です。

f:id:hanasennin9:20170330120423j:image

 

人間の外側や

人間の内側の中心以外には音(雑音 noise )があります。

f:id:hanasennin9:20170330120545j:image

 

人間の内側の中心以外の雑音 noise は

人間の苦しみの原因ですが

本来の中心の音ではないので

それらは全て内側から『手放す』ことができます。

f:id:hanasennin9:20170330120759j:image

 

全ての内側の雑音 noise が内側からなくなれば

(苦しみの原因がなくなれば)

再び「感覚」で中心の『無音』を『思い出す』ことができます。

f:id:hanasennin9:20170330121010j:image

 

瞑想 meditation は

この本来の人間の中心の『無・無音』を

至福の本来の状態を

再び「感覚」で『思い出す』ことを

サポートするツールの1つです。

 

f:id:hanasennin9:20170330121257j:image

f:id:hanasennin9:20170330121312j:image

f:id:hanasennin9:20170330121322j:image

f:id:hanasennin9:20170330121334j:image

f:id:hanasennin9:20170330121343j:image

f:id:hanasennin9:20170330121353j:image

f:id:hanasennin9:20170330121404j:image

f:id:hanasennin9:20170330121414j:image

f:id:hanasennin9:20170330121423j:image

f:id:hanasennin9:20170330121433j:image

f:id:hanasennin9:20170330121443j:image

f:id:hanasennin9:20170330121453j:image

f:id:hanasennin9:20170330121516j:image

f:id:hanasennin9:20170330121626j:image

f:id:hanasennin9:20170330121643j:image

f:id:hanasennin9:20170330121655j:image

 

 

 f:id:hanasennin9:20170330121718j:image

f:id:hanasennin9:20170330121747j:image

導師 master や導師 master の指先を見るのではなく

自分の内側にある『魂(源泉)』(満月)を見るのだよ

自分の真の導師 master は自分の内側にある『魂(源泉)』だよ

と外側の光明 enlightenment を得た導師 master たちは伝え続けています。

大切なことは

自分の内側にある『魂(源泉)』を再び「感覚」で『思い出す』こと。

 

 

 

 f:id:hanasennin9:20170330121807j:image

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

の声に従って生きると

必ず間違いや失敗が起こる。

苦しむ。

 

『魂(源泉)』真理

の声に従って生きると

間違いや失敗は起こらない。

苦しみはなくなる。

 

自分の内側にある声が

 

◯ マインド(思考)

◯ エゴ(自我・欲)

の声なら

不思議と不安や恐怖心がある。

 

『魂(源泉)』真理

の声なら

不思議と安心や愛に満たされ喜びがある。

 

この内側の声がどちらか…ということを見極めることが

苦しまない人生になる。

 

まず大切なことは

 

自分の内側にある。『魂(源泉)』真理を

再び「感覚」で『思い出す』こと。

 

これが全ての光明 enlightenment を得た導師 master たちから

全てのみなさんへの慈悲の愛のメッセージ。

 

みなさんの真の至福のために…

 

 

 

『思い出す』

 

 

 

sammasati サマサティ(right remembrance)
正しく想起する


『The last word is Buddha was, sammasati.
Remember that you are a buddha - sammasati.』

 

瞑想と愛 meditation & love

 

 

花仙人

 

 

f:id:hanasennin9:20170330121920j:image

男性性と女性性の統合(超越)

 

f:id:hanasennin9:20170330121942j:image

内側にある『源泉 source (魂 soul )』と
『全ての存在は1つ』all one であることを『思い出す』

 

f:id:hanasennin9:20170330121955j:image
Showering without Clouds
雲なく雨は降りそそぐ

The last morning star
夜明けの星

サハジョとダヤの女性の覚者の詩

 

f:id:hanasennin9:20170330122011j:image
The Ultimate Alchemy, vol 1,2
この講話の英語のPDFダウンロードはこちはです。
http://www.oshoworld.com/e-books/eng_discourses.asp?page_id=15

 

瞑想はたくさんの種類があります。
ご自身にあった瞑想がみつかるといいですね。

 

 

f:id:hanasennin9:20170330122024j:image

f:id:hanasennin9:20170330122040j:image
Vigyan Bhairav Tantra, vol 1,2
この講話の英語のPDFダウンロードはこちはです。
http://www.oshoworld.com/e-books/eng_discourses.asp?page_id=15

 

oshoアクティブ瞑想に関してはこちら、
http://www.osho.com/ja/meditate/active-meditations/why-active-meditations

 

oshoの瞑想音楽はこちら、

 

 

f:id:hanasennin9:20170330122155j:image

花仙人