花仙人の日記

〈 seed of earth 〉地球を自然のままに…

感謝は『鍵』&「彼方から」

感謝は『鍵』&「彼方から」

 

今日は光明 enlightenment 漫画の

ひかわきょうこさん『彼方から』をご紹介します。

 

 


前回と前々回では
光明 enlightenment への『鍵 key』は

”くつろぎリラックス ease”

とご紹介しました。

 


今日は

”ありがとうの感謝 gratefulness”

も光明 enlightenment への『鍵 key』

というお話をご紹介します。

 

 

 

光明 enlightenment が起こったとき
わたしは

”くつろぎリラックス ease”

の状態であり

さらにプラス

”ありがとうの感謝 gratefulness”

が全身いっぱい広がって満ちていました。

 


わたしは遺伝性の難病を持っていて
その合併症により身体のあちらこちらが
不自由な状態で
子供のころから痛みや不自由さに苦しむこともありましたが、

大人になり西洋医学だけではなく
いろいろな代替療法を知り助けられ
難病を持ちながらも
工夫しながらマイペースで暮らすことができるようになり
生きることが以前より心が楽になりました。

 


代替療法をとおして
主に心と肉体の
「偏ったアンバランスの状態」
から
『本来のバランス(中庸)の状態』
へと戻すことを意識しました。

 

 

特に
無肥料や無農薬栽培の
自然農法でつくられたお野菜をいただきはじめてからは
みるみるうちに身体の痛みや症状がなくなっていきました。

それだけでなく
洗剤や石けんなどオーガニックのものを使うことで
さらに体調は楽になっていきました。

 

 

体調がとても悪いときや予防には
自然界の植物をそのまま使用する
植物療法もとても効果があり助かりました。

 

 

難病を完治することはなかなか難しいのですが
それによる合併症など
自分の病の改善には

 

自分だけでなく

 

地球や宇宙全体を意識して

 

自分と周り全体の両方の
『本来の自然な中庸の状態』バランスを
壊さないように生きること

 

宇宙という自然界と1つであることを意識すること

をしたり感じるという体験をすることは大切であり

 

それを体験しないとなかなか
病が改善したり
治ったりしないことも
長年の実体験をとおしてわかりました。

 


肉体の新陳代謝に必要な食べものだけでなく
肉体の緊張をゆるめほぐすような
軽い柔軟体操やヨガ、
足の裏を揉んだりするリフレクソロジー
野口整体の活元運動、
などなど
毎日自分で調節を行え無理なく続けられる
代替療法には本当に助けられました。

 


その中でも瞑想 meditation は
とてもわたしを楽にしてくれた1つでした。

 

瞑想 meditation は
自分の内側を『観る(観照)』ことをする
心に働きかけるものだけに思われがちですが、

肉体と心の両方に働きかける
完全なる癒しのツールであると
長年の実体験からわかりました。

なぜなら
心の状態がそのまま
肉体に症状や怪我として
あらわれるからです。


心がくつろぎリラックス ease ならば
肉体もくつろぎリラックス ease です。


心がくつろげない緊張不安 disease ならば
肉体もくつろげない緊張不安 disease です。


disease は病気という意味です。
ease ではない dis ease です。

 

 


遺伝性の難病がある「肉体」は以前と変わりませんが、

瞑想 meditation をとおして

 

「肉体」だけが自分ではないこと
「マインド(思考)」だけが自分ではないこと

 

がどんどんわかっていくと

 

『魂(源泉)』の意識が本来の自分であるとわかり

 

その『魂(源泉)』の意識のまんまを生きていくという
瞑想 meditation 的な生き方になっていくと

 

不思議と肉体も心も楽になっていったのでした。

 

 


わたしの場合
難病が瞑想 meditation への
光明 enlightenment への
きっかけとなった…
と言っても過言ではないのです。

 

ですから
今では難病にも
”ありがとうの感謝 gratefulness”です。

 

そして

今では「過去」のさまざまな苦しい体験にも
”ありがとうの感謝 gratefulness”です。

 

なぜなら

 

苦しみの闇の中を体験したからこそ
苦しみにうんざりできて
至福の光へ戻ろう!と腹を決めることができたからです。

 

苦しみの闇の泥の中の蓮の種が
「芽を出そう!」と腹を決めることができたのです。

 

 


苦しみの闇の泥の中の蓮の種のまま
苦しみ眠りながら種が腐って死ぬ人生もあったのですが、

「現世」は
合併症による3度の心臓停止の
3度の臨死体験をした30歳のときに
光明 enlightenment を得た導師 master たちのまばゆいほどの光を見てから
苦しみの闇の泥の中で種が腐り死ぬことよりも
まずあの光まで行こう…と強く思い
暗闇の泥の中から光に向かって歩み(昇り)はじめました。

 


自分の『魂(源泉)』の愛と光

光明 enlightenment を得た導師 master たち
のまばゆいほどの愛と光に導かれながら…

 


泥の中の蓮の種が芽を出したところから
毎日朝晩瞑想 meditation をしながら
意識の成長の旅をはじめて
いつのまにか
頭頂にある蓮の花が開き咲いて
光明 enlightenment が起こりました。

 

f:id:hanasennin9:20170726133801j:image

 


光明 enlightenment が起こってわかったことは

◯ 肉体
◯ マインド(思考)
だけでなく
◯ エゴ(欲・自我)

本来の自分『魂(源泉)』ではないんだ!

ということが明白にはっきりわかりました。

 


エゴ(欲・自我)があるから
マインド(思考)が次々と生まれる。

 

エゴ(欲・自我)さえなければ
マインド(思考)は生まれない。

 

そして

 

エゴ(欲・自我)があるから
光明 enlightenment が起こらない。

 

 


それは光明 enlightenment が起こった後
とてもビシっとはっきりわかったことでした。

 

f:id:hanasennin9:20170726133944j:image

f:id:hanasennin9:20170726134003j:image

f:id:hanasennin9:20170726134021j:image

 
光明 enlightenment が起こる状態とは

”自分の内側が空っぽの無の「中庸」”の状態

”くつろぎリラックス ease”の状態

”ありがとうの感謝 gratefulness”の状態


そこには


”ネガティブな状態が全く無い”状態
ということです。

 


光明 enlightenment が起こるとは

自分の内側にある『魂(源泉)』を
再び「感覚」で『思い出す』

ことでした。

 

 

『魂(源泉)』は
宇宙意識である愛100%のエネルギーと
1つの一元性の中庸のバランスの状態であり

宇宙意識と1つに繋がっているので
愛100%のエネルギー体です。

 


愛の中には愛だけです。

ネガティブなものは全くありません。

 

 

したがって

”自分の内側が空っぽの無の「中庸」”の状態

”くつろぎリラックス ease”の状態

”ありがとうの感謝 gratefulness”の状態

は愛100%の『魂(源泉)』と同じ状態です。

 


ネガティブなものが全く無い

”自分の内側が空っぽの無の「中庸」”の状態

”くつろぎリラックス ease”の状態

”ありがとうの感謝 gratefulness”の状態

『魂(源泉)』と同じ愛の波動ですから

『魂(源泉)』を再び「感覚」で『思い出す』

光明 enlightenment への『鍵 key』となります。

 

 


波動の波長は
同じ波長どうし繋がります。

 

ラジオの電波の波長と繋がった
ラジオから音が出るように。

 

 


瞑想 meditation は毎日続ければ続けるほど
どんどん「過去」や「今ここ(現在)」の
苦しみの原因(種)のである
マインド(思考)
エゴ(欲・自我)
を『手放す』ので
それらはなくなっていき、

 

”自分の内側が空っぽの無の「中庸」”の状態

”くつろぎリラックス ease”の状態

”ありがとうの感謝 gratefulness”の状態

 

に不思議となっていったのでした。

 

その状態になったので

わたしの場合
光明 enlightenment 寸前に
明け渡し surrender が自然に起こり
突然光明 enlightenment が起こりました。

 

 

 


光明 enlightenment が起こった日は
1月の昼間でした。

 

わたしはお貧乏さんですからσ(^_^;)
冬でもお日様が部屋を照らすときは
暖房器具を使わずに
太陽の自然光にあたり暖をとっています。

 

とても寒い日でしたが
昼食後ゆっくりのんびりしながら
太陽の自然光の下でゆるゆる座っていました。

 

”くつろぎリラックス ease”

 

の状態でした。

 

 

難病で貧乏であっても、
食べるものをいただけて
服を着ることができ
寝泊まりできる部屋を与えていただけて
しかも
太陽の暖かい光であたためられ…


生かされている…みんなありがとう…


食べものを作る農家さんたちにありがとう…

食べもの全てにありがとう…

食べものを育てる土、水、空気、太陽、月、虫、菌類、動物、などなど自然界の宇宙全てにありがとう…

食べものや衣類などを配達したり販売してくれる人たちにありがとう…

建物や建物を作ったり貸したりしてくれる人たちにありがとう…

とにかく宇宙全ての存在によって
今のわたしは生かされています
ありがとう…


”ありがとうの感謝 gratefulness”

 

 


そんなふうに


とても”くつろぎリラックス ease”の状態

”ありがとうの感謝 gratefulness”


でいっぱいで満ち満ちている
1月の真昼の日向ぼっこ。

 

 


感謝で満たされもうなにもいらなくなり
全てを存在に明け渡し surrender ます。
と思った瞬間、

突然、光明 enlightenment は起こりました。

 

空っぽの無の内側に
宇宙の愛の大洪水が一気に押し寄せて来て
内側が宇宙の愛と光でいっぱいになり

宇宙意識と1つの愛100%の状態を
再び「感覚」で『思い出した』のでした。

 

 


その瞬間にわかったのは

”自分の内側が空っぽの無の「中庸」”の状態

”くつろぎリラックス ease”の状態

”ありがとうの感謝 gratefulness”の状態

そこには

マインド(思考)
エゴ(欲・自我)
の苦しみの原因(種)である
”ネガティブな状態が全く無い”状態

でした。

 

 


つまりは

内側が
『魂(源泉)』

宇宙意識

同じ

愛 love 100%の状態でした。

 


love 愛100%の状態は

no-thing 無(中庸 : 一元性)
ease くつろぎリラックス
gratefulness 感謝

 

 


光明 enlightenment が起こる『鍵 key』は
こんな感じです。

 

”自分の内側が空っぽの無の「中庸」”の状態

”くつろぎリラックス ease”の状態

”ありがとうの感謝 gratefulness”の状態

 

だからこそ自然と起こる
明け渡し surrender。

 

 


でも苦しみがいっぱいだったわたしは
すぐには
光明 enlightenment が起こる
機が熟した状態にはなれませんでした。

 

最後には明け渡し surrender が起こりましたが

瞑想 meditation をしなかったら
けっして
明け渡し surrender は起こらず
結果
光明 enlightenment は起こりませんでした。

 

 

明け渡し surrender が起こることができたのは
瞑想 meditation を毎日続け

”自分の内側が空っぽの無の「中庸」”の状態

”くつろぎリラックス ease”の状態

”ありがとうの感謝 gratefulness”の状態

に自然となれたからでした。

 

 


それまでの
全てを許し愛する。

 

第7チャクラ、頭頂の蓮の花が開くには
全てを許し愛する
という学びが終わらなくては開きません。

 

f:id:hanasennin9:20170726133801j:image


それは「過去」の全てを『手放す』ことです。

それは「現世」の「過去」だけではなく
「過去世」の「過去」も含めた全てです。


「過去」「過去世」から「今ここ(現在)」まで
持ち続けた
全ての
エゴ(欲・自我)
マインド(思考)
を『手放す』ことです。

 


「過去世」についてわからなくても大丈夫です。
なぜなら
「今ここ(現在)」に持っている
エゴ(欲・自我)
マインド(思考)

「過去世」から持ってきたそれらと
同じだからです。


だから
「今ここ(現在)」に持っている
エゴ(欲・自我)
マインド(思考)
を根こそぎ全て『手放す』ことができれば

光明 enlightenment が起こります。

 


まっさらな無の空っぽの0(ゼロ)の状態に再び戻る

全てを許し愛である状態に再び戻る

すると

第7チャクラの蓮の花が開き
千枚の花びらが咲きます。

光明 enlightenment が起こります。

 


エゴ(欲・自我)
マインド(思考)
があるうちは

怒り、悲しみ、嫉妬、復讐心などなど
ネガティブな感情を持っていますから

許し愛の状態にはなれません。

 


ですから
「過去」を
エゴ(欲・自我)を
完全に根こそぎ全て『手放す』
ことが
光明 enlightenment には必然です。

 


瞑想 meditation は

くつろぎリラックス ease の状態を
体感できることをサポートしますが

自分の
マインド(思考)
エゴ(欲・自我)
に『気づき』
『観る(観照)』ことをして

それらを『手放す』ことができます。

 


ですから
瞑想 meditation は

光明 enlightenment が起こる

”自分の内側が空っぽの無の「中庸」”の状態

”くつろぎリラックス ease”の状態

”ありがとうの感謝 gratefulness”の状態


にどんどんなっていき


”ネガティブな状態が全く無い”状態
になることをサポートする
素晴らしい
完全なる癒しの光明 enlightenment まで導く
ヒーリングツールです。

 

 


光明 enlightenment が起こった瞬間
自分の全てを知ります。
それは
自分をマスターするということです。


無意識がなくなり
意識だけになるということです。


『魂(源泉)』意識のありのままの
本来の自分を全て知ることになります。


その本来の自分のまま
『魂(源泉)』の個性と才能を
フルに無限に溢れ流しながら
いかし分かち合い
全てと1つでありながら
永遠の愛と至福を生きていきます。

 

 


わたしは光明 enlightenment という
言葉すら知らない無知でしたし
瞑想 meditation が光明 enlightenment に繋がることもわらないまま
瞑想 meditation がただ好きで続けていただけなので、
わたしの場合は時間がかかりましたが、

 

エゴ(欲・自我)さえ『手放す』ことができたら
光明 enlightenment
「今ここ(現在)」で一瞬で起こります。

 

なぜなら

 

光明 enlightenment とは
自分の内側にある『魂(源泉)』を
再び「感覚」で『思い出す』ことなので

 

お腹のおへそのあたりに
『魂(源泉)』は在るのですから
人間は誰もがみな

”それ”

さえ「感覚」で『思い出す』ことができたら

今、光明 enlightenment の状態であることを

一瞬で『思い出す』ことになるのです。

 


エゴ(欲・自我)
マインド(思考)
に夢中になってとらわれているので
一時的に『魂(源泉)』を『忘れて』いるだけなのです。

 


心臓はいつも胸にあり
動いているのが自然ですから
当たり前のように感じて
普段は心臓のことは意識せず
一時的に『忘れて』います。

 

しかし

意識すれば
心臓が胸にあることを
感じ取ることは
「今ここ(現在)」で一瞬でわかります。

 

それと同じです。

 

お腹のおへそのあたりにある
『魂(源泉)』は
命の源です。

それがなければ死にます。

 

だから

自分の命の源である『魂(源泉)』の場所は
意識すれば
誰もがわかるものなのです。

 

 

 

それが本来の真の自分(意識)だから
誰もがみな『魂(源泉)』がわかるのです。

 

 


no-thing 無(中庸 : 一元性)
ease くつろぎリラックス
gratefulness 感謝

 

love 愛100%の『魂(源泉)』を
再び「感覚」で『思い出す』。

 

 


「過去世」「現世」の「過去」も含めて
いろいろなことがありました。

でも全ては

苦しみの闇の泥の中を学ぶ旅でした。

 

そして

泥の中で勇気を持って芽を出して
意識の成長の旅をしながら

水面の上に蓮の花が開き咲くように

『魂(源泉)』のまんまを生きる

という花が開き咲くまでの

意識の成長の学びでした。

 


もちろん
意識の成長の学びの旅は
光明 enlightenment 後も続いています。

『魂(源泉)』に導かれながら…

 


わたしは光明 enlightenment は起こりましたが
導師 master ではありません。

 

光明 enlightenment が起こっても起こってなくても
意識の成長の学びの旅をし続けている
旅の人たちの旅仲間、友です。

 


わたしはアホで普通ですから
今の自分にできることは
そしてみなさんへの恩返しとしてできることは
光明 enlightenment の実体験を
下手なりに書いてご紹介することしかできません。


光明 enlightenment は夢物語ではなく
光明 enlightenment を得た導師 master たちが
5千年以上も伝え続けているように
本当に起こるものです。

 

 

今日は
わたしの光明 enlightenment が起こった瞬間と
とてもよく似た漫画作品をご紹介します。

 

なぜなら

アホで無知なわたしの言葉や絵では限界で
うまく伝えることができないからですσ(^_^;)

 

もちろん
光明 enlightenment は体験をしなくては
わからないものだと
導師 master たちは伝えています。

 

ですから

 

こんな感じ!?

 

みたいな光明 enlightenment ってなに?
みたいなことを知るきっかけになれれば…と。

 

 


ひかわきょうこさん
『彼方から』

 

 


光明 enlightenment の漫画があるんだ!
ということにもビックリしましたが、

 

この漫画作品のヒロインの光明 enlightenment が起こった瞬間の

体調は万全ではないのですが
いろいろとあって

 

くつろぎリラックス ease
ありがとう感謝 gratefulness
周り全てと1つになり意識が溶け合うさま

 

などなど
読んで見てくださればわかりやすいかと思うのですが
今日だらだら書いたような
わたしの光明 enlightenment 体験と似ていたことに
ビックリしましたσ(^_^;)

 

 


わたしは1人で光明 enlightenment まで旅をしましたが、

 

この作品では
2人が一緒に光明 enlightenment まで
内側の意識の成長の旅

外側の旅
をします。

タントラは2人で光明 enlightenment まで旅をします。

少女漫画ですからタントラとはちょっと違うのですが。

このお2人が主人公です。

 

 


ヒロイン ”目覚め アジール” 立木典子
ヒーロー ”天上鬼 デラキエル” イザーク キア タージ

 

 


日本人の17歳の少女典子が
あることから
異次元の世界へと飛ばされ

典子とイザーク
2人が出会うところから
光明 enlightenment まで
そして
光明 enlightenment を得た後少しの物語です。

 


光明 enlightenment までの旅は
1人1人さまざまであり
違うのが自然です。

 

わたしと典子の旅の体験は違いますし
イザークと一緒に旅をする典子は
やはりイザークとは違う体験をします。

 

みんな1人1人が
それぞれの学びの旅をしながら
意識の成長をしていきます。

 

f:id:hanasennin9:20170726142954j:image

 

ただ
光明 enlightenment までの旅の中で
さまざまな出会いや体験をとおして
一時的に『忘れて』いたり
見落としていた大切なこと
〈真理〉に少しづつ気づいていったり、

 

苦しみの暗闇の泥の中に
一筋の光が見えるように
光明 enlightenment を意識してから
光明 enlightenmen まで
導かれていくようすなどは
とてもよく表現されていて感動しました。

 

で、
典子の光明 enlightenment 体験が
わたしの体験とすごく似ていて
ビックリしましたσ(^_^;)

 

 

”目覚め アジール” 典子の
目覚め光明 enlightenment により

 

パートナーの
”天上鬼 デラキエル” イザーク
光明 enlightenment が起こります。

 

 

2人とも
外側では大変なことになっていますが

自分の外側や内側の体験から
逃げずに
しっかり向き合い『観る(観照)』をします。

 

 

自分の内側を『観る(観照)』ことをしなければ
助かる方法がないことがわかったからです。

 

 

どんなに辛くても
自分から逃げずに
向き合い続ける勇気ある2人に
号泣ですσ(^_^;)

 

だから光明 enlightenment できたんだよね、
とまたまた号泣ですσ(^_^;)

 

 

2人の周りには敵ばかりですが、
とっても素晴らしい人たちとの出会いがあります。

 

その人たちの語ることは
まるで導師 master たちのお話のようです。

 

絵と言葉でわかりやすく描かれています。

 

 

陰陽の二元性をしっかり描かれ
光明 enlightenment の一元性もしっかり描かれています。

 

 

また『魔の種』という

暗くて底知れない深い穴が

おなかのあたりにあると

そこに邪気が流れ込んでいく…

という

エゴ(自我・欲)のお話しもあり、

 

その『魔の種』エゴ(自我・欲)をなくすためには

 

『己の内に目を向けて、源(魂(源泉))を感じとれ!』

 

という光明 enlightenment のお話しなど

他いろいろわかりやすく描かれています。

 

 

少女漫画ですから
ヒロインとヒーローの恋愛色が強いですが、
そこにばかりあまり強く引っ張られなければ、
アクションあり、SFありで
絵がとってもお上手で
なによりとても深く広大な物語なので
大人でも楽しめると思います。

 


アホで無知なわたしは
光明 enlightenment しなかったら
意味がわからない内容だったなσ(^_^;)
と思いながら読みました。

 

とくにクレアジータさんの光のお話や
ジェイダさんの全ては1つというお話は


光明 enlightenment しなければ
わたしにはわかりませんでした。

 

 

そして
優しくみんなの至福を思って命をかける
ジェイダさんがoshoと重なって見えてしまった(-_^)

 

 

光明 enlightenment した後
愛と光の『魂(源泉)』のまんまを生きることを
2人の主人公はしていくのですが
その生き方は最近ご紹介した
『中心に定まる』の
売春婦アムラパリに好かれた
ゴータマ・ブッダの弟子 disciple の1人の生き方とも似ています。

 

 

愛と光の『魂(源泉)』のまんまを生きる。

 

 

他の誰かを生きるのではなく、
等身大の本来の自分であるときに
『魂(源泉)』の個性と才能が
フルに無限に溢れ出る…

 

導師 master たちが伝えている
それを典子がやってみせてくれています。

 

 

 

あなたはあなたのままでいい。

 

 

 

仮面をかぶり演じる必要はなく、

 

本来の『魂(源泉)』のまんま
中心に定まったまんまを生きる。

 

それが真の至福と奉仕。

 

本来の『魂(源泉)』のまんまを生きるとき
花が咲き
愛の香りが周りに流れはじめる。

 

 

 

泥の中の種から芽が出て
水面の上に花が咲き
花の香りが流れるまでの
光明 enlightenment の漫画を
ご紹介しました。

 

夏休みですし
よかったらお楽しみください(*^_^*)

 

f:id:hanasennin9:20170726135900j:image

 

ひかわきょうこさん
ありがとうございます。

 

この作品をのこしてくださったみなさんに
ありがとうございます。

 

 


sammasatiサマサティ
(right remembrance)
正しく想起する。


『The last word of Buddha was, sammasati.
Remember that you are a buddha – sammasati.』


瞑想と愛 meditation & love


花仙人

 

 

f:id:hanasennin9:20170726135926j:image

f:id:hanasennin9:20170726143258j:image

f:id:hanasennin9:20170726143328j:image 

f:id:hanasennin9:20170726140030j:image

 

f:id:hanasennin9:20170726140053j:image

 

f:id:hanasennin9:20170726140124j:image

f:id:hanasennin9:20170726140221j:image

f:id:hanasennin9:20170726140240j:image

f:id:hanasennin9:20170726143044j:image

f:id:hanasennin9:20170726140300j:image

f:id:hanasennin9:20170726140319j:image

f:id:hanasennin9:20170726140339j:image

f:id:hanasennin9:20170726140356j:image

f:id:hanasennin9:20170726140429j:image

f:id:hanasennin9:20170726140450j:image

 

花仙人