花仙人の日記

『全ては1つ』を「思い出す」sammasati

キリストからのメッセージ

キリストからのメッセージ
 
 
 
 
前回、
物質 matter 界の方にだけ極端に偏り
アンバランス(偏り)な不自然な状態になると
 
そしてアンバランス(偏り)な状態に
執着して
同一化してしまい
自分がアンバランス(偏り)な状態であることすらわからなくなってしまい
 
バランス(中庸)の本来の自然な状態を
『忘れて』しまうと…
 
前々回にお話ししたような
ビシュヌ神(毘沙門天)と弟子 disciple のような学びが起こり
 
大切な何かを『忘れて』いた弟子 disciple は
一気に一瞬で
大切なそれを再び『思い出す』
 
ということが現実に実際に起こる…
 
というようなことをお話ししました。
 
 
 
 
真に大切なことを『忘れて』いた…
 
その真に大切なことを再び『思い出す』…
 
 
 
 
さてさて、
以前にも同じようなことがあり
キリストのカードをご紹介しましたが
 
今日もまたまた
キリストのカードのご紹介です。
 
この2ヶ月ほど…
どんなにちゃんとしまっても
なぜか?
あるキリストのカードがテーブルにのっていて…
 
わし、1人暮らしなのに(・_・;…
 
カードは長年もう使ってないのにな…
 
以前ご紹介したキリストのカードも
同じ不思議なことが起こり続けたので
ご紹介したのですが…
 
というわけでσ(^_^;)
 
わかりました…
 
このキリストのカードをブログでご紹介するのですね、
 
前回もキリストのカードをご紹介した後
ちゃんとしまったカードが
またまた何度も出てくることが
ピタッとなくなったので、
 
今回もそういう流れかな…と
 
ですから
今日はこのキリストのカードを
oshoの講話とともにご紹介します。
 
キリストの慈悲深い愛に
涙が出るほど
勇気ある愛溢れるキリストのお話しです。
 
惚れるかもね(-_^)♡
 
 
 
 
 
 
 
 
f:id:hanasennin9:20171106082153j:plain
 
Compassion / 慈悲の愛
 
Jesus and the money - changers
 
エスと両替人たち
 
 
 
commentary(解説)…
 
慈悲 compassion は
他人への同情でいっぱいになった
血のにじむようなハートを持っていることではありません。
 
慈悲 compassion とは
状況に覚醒をもたらすのに必要なことであれば
なんでも喜んでするほどの愛の深さです。
 
 
 
osho…
 
エスの生涯で起こったある状況を思い出してごらん。
 
 
彼は鞭を取った
そして
エルサレムの偉大な寺院の中へと入って行った。
 
 
エスの手に鞭…?
 
 
これこそゴータマ・ブッダが言ったことの意味だ、
 
「怪我をしていない手は毒を扱うことができる」 
 
そのとおりだ、
エスは鞭を扱うことができる、問題はない、
 
鞭が彼を圧倒することはできない。
エスは油断しないままだ、
彼の意識はそれほどのものだ。
 
 
エルサレムの偉大な寺院は
泥棒たちの場所になっていた、
巧妙な盗みが行われていた。
 
寺院の中には両替人たちがいて、
彼らは国全体を搾取していた。
 
 
エスは独りで寺院に入り、
そして彼らの机…両替人たちの机…をひっくり返し
 
彼らの金を周りに投げ捨て、
 
たいへんな動揺を引き起こしたため
両替人たちは寺院の外に逃げた。
 
彼らは大勢いた
そして
エスは独りだった、
 
しかし
 
エスはそれほどにも激怒していた、
それほどにも燃え立っていた。
 
 
 
 
さあ、これはキリスト教徒たちにはずっと問題だった、
それをどう説明したらよいのだろう?
 
…なぜなら
彼らの全ての努力は
エスは鳩、 平和のシンボルだということを証明することだからだ。
 
どうしてイエスが彼の手に鞭を取ることができるのか?
 
どうしてイエスはそんなにも
両替人たちの机をひっくり返したり
両替人たちを寺院の外に放り出すほど
怒ることが、激怒することができるのか?
 
 
そしてイエスは怒りに燃えていたにちがいない、
そうでなければ
エスは独りだった
…イエスは捕まることもできただろう。
 
エスのエネルギーは吹き荒れていたにちがいない、
彼らはイエスに顔を合わすことができなかったのだ。
 
 
僧侶たち、
商人たち、
それに両替人たちはみな、
「この男は狂ったぞ!」
と叫びながら逃げた。
 
 
 
 
キリスト教徒たちはこの物語を避ける。
 
もしあなたがゴータマ・ブッダのこの経文を理解したら、
それを避ける必要はない、
 
 
「怪我をしていない手は毒を扱ってもかまわない。
無垢は傷つくことはない。」
 
 
エスはとても無垢だ!
 
エスは怒ってはいない、
それは彼の慈悲だ。
 
エスは暴力的ではない、
彼は破壊的ではない、
それは彼の愛だ。
 
 
エスの手にある鞭は
慈悲の愛の手にある鞭だ。
 
 
 
 
 
 
FOR AN UNWOUNDED HAND MAY HANDLE POISON. 
 
 
And then, 
when you are aware, alert, watchful, 
then there is no problem. 
 
Then you are like an unwounded hand, 
you can handle poison. 
 
What does it mean?
 
 
 
Let me remind you of a situation that happened in Jesus' life. 
 
He took a whip and entered into the great temple of Jerusalem. 
 
A whip in the hand of Jesus...? 
 
This is the meaning of what Buddha is saying: 
an unwounded hand can handle poison. 
 
Yes, Jesus can handle a whip, no problem; 
the whip cannot overpower him. 
He remains alert, his consciousness is such.
 
The great temple of Jerusalem had become a place of robbers; 
subtle robbery was going on. 
There were moneychangers inside the temple and they were exploiting the whole country. 
 
Jesus alone entered the temple and upturned their boards 
-- the boards of the moneychangers -- 
threw their money around and created such turmoil that the moneychangers escaped outside the temple. 
 
They were many and Jesus was alone, 
but he was in such a fury, in such a fire!
 
Now, this has been a problem for the Christians: 
how to explain it? 
-- because their whole effort is to prove that Jesus is a dove, a symbol of peace. 
 
How can he take a whip in his hands? 
How can he be so angry, so enraged, that he upturned the boards of the moneychangers and threw the moneychangers outside the temple? 
 
And he must have been afire; 
otherwise, he was alone
-- he could have been caught hold of. 
 
His energy must have been in a storm; 
they could not face him. 
 
The priests and the business people and the moneychangers all escaped outside shouting, 
"This man has gone mad!"
 
Christians avoid this story. 
 
There is no need to avoid it 
if you understand this sutra of Buddha: 
 
 
FOR AN UNWOUNDED HAND MAY HANDLE POISON. 
THE INNOCENT COME TO NO HARM. 
 
 
Jesus is so innocent! 
He is not angry; 
it is his compassion. 
 
He is not violent, 
he is not destructive;
it is his love. 
 
The whip in his hand is the whip in the hands of love, compassion.
 
 
 
 
from osho talks
oshoの講話より
 
from osho transformation tarot
osho transformation タロット より
 
The Dhammapada: The Way of the Buddha, Vol 4
(The book of the books Vol 4)
Talks given from 22/08/79 am to 31/08/79 am 
English Discourse series
 
Chapter 5
Chapter title: Dust against the wind
26 August 1979 am in Buddha Hall
 
 
この全講話の英語のダウンロードpdfはこちら。
 
 
 
 
 
 
 
 
キリストの深い慈悲の愛…
 
たった1人で
 
みんなを『目覚め』させようとしました。
 
そのままでは苦しみは終わらないよ…と。
 
 
 
 
光明 enlightenment を得た導師 master たちは
ただ1人で
全てに愛を与え続ける
愛の状態です。
 
 
 
『愛する』〈 行為 〉ではなく、
『愛が溢れ出続けている』〈 状態 〉です。
 
 
 
この違いがわからないままでは
必ず、ずーっと苦しみ続けます。
 
 
 
今日ご紹介したキリストや
ゴータマ・ブッダ、一休、松尾芭蕉白隠盤珪臨済カビール、クリシュナ…などなど
光明 enlightenment を得た導師 master たちは
 
自分の内側を『観る(観照)』
瞑想 meditation をし
苦しみの原因(種)である
マインド(思考)mind
エゴ(欲・自我)ego
それらに『気づき』
それら全てを根こそぎ『手放し』
明け渡し surrender が起こり
光明 enlightenment が起こりました。
 
 
この流れはわたしの光明 enlightenment が起こった体験と同じでしたのでそのままをご紹介しています。
 
 
他のやり方は体験していないので
わたしにはわかりません。
 
 
自分の体験からわかったことは
光明 enlightenment は実にシンプルなんだ
というものでした。
 
 
複雑ではなくシンプル。
 
 
ただただ
自分の内側にある
マインド(思考)mind
エゴ(欲・自我)ego
を根こそぎ『手放し』
明け渡し surrender が起これば
光明 enlightenment の本来の状態を
一気に一瞬で
再び「感覚」で『思い出す』のですから
シンプルなのです。
 
 
しかし
それが苦しみの原因(種)であるとわかっていても
なかなか
マインド(思考)mind
エゴ(欲・自我)ego
を『手放す』ことができないから
なかなか
光明 enlightenment が起こらないのです。
 
わたしがそうだったので
『手放す』ことができないその苦しみはよーくわかりますσ(^_^;)
 
 
 
苦しいのに
なぜ『手放す』ことができないのかな?(-_^)
 
 
 
わたしはその自分なりの『手放す』ことができない理由がわかった瞬間に
『手放し』が自然と起こりました。
 
 
 
『手放す』ことができない理由を
自分の内側を隅々まで『観る(観照)』
瞑想 meditation により探しました。
 
 
 
全てを『手放し』たら
望むものが何1つもない
空っぽの『無・無音』の状態になったので
苦しみの輪サンサーラからの永遠の離脱が起こりました。
 
 
 
さて、
苦しみの輪サンサーラからの永遠の離脱である
光明 enlightenment が起こるために
大切な『気づき』は
 
何度輪廻転生を繰り返しても持ち続けている
どうしても『手放す』ことができない
 
 
 
 
”あなたが本当に欲しいものは何ですか?”
 
 
 
 
そして「現世」
 
 
 
 
”なぜあなたは地球に生まれてきましたか?”
 
 
f:id:hanasennin9:20171106085014j:image
 
 
キリストをはじめ
全ての光明 enlightenment を得た導師 master たちからのメッセージは…
 
 
物質 matter 界に極端に偏りすぎてしまい
 
真に大切なことを『忘れて』いた…
 
その真に大切なことを再び『思い出す』…
 
それがあなたを真の至福へと…
 
 
 
 
sammasatiサマサティ
right remembrance
正しく想起する。
 
 
『The last word of Buddha was, sammasati. 
Remember that you are a buddha – sammasati.』
 
 
瞑想と愛 meditation & love
 
 
 
 
花仙人
 
f:id:hanasennin9:20171106084326j:image
 
f:id:hanasennin9:20171106084354j:image
f:id:hanasennin9:20171106084437j:image
f:id:hanasennin9:20171106084458j:image

 

真理の泉

真理の泉