花仙人の日記

地球を自然のままに…

内側の男と女のバランス(中庸)

内側の男と女のバランス(中庸)
 
 
 
 
前回の天秤座の新月から
天秤はバランス balance をとる道具だからと
なぜかバランス(中庸)をとるお話しを
はじめましたが
あれから一ヶ月が経ったようで
今日11月18日は蠍座新月です。
 
 
 
蠍座は男女の関係とかに関わる星座だったような?
 
また冥王星にも関わりがあり
自分の内側奥深くまで観ることに関する星座だったような?
 
宇宙 universe が大好きですから
星座のお話しも大好きですが
何度聞いても読んでも
アホだからか覚えられなくてσ(^_^;)
 
そんなわけで…占星学は詳しくはわかりませんが
天秤座の新月からの
バランス(中庸)のお話しの流れから
 
前回は外側と内側のバランス(中庸)をとる
大切さのお話しをご紹介しましたが
 
今日は蠍座新月ということで
 
外側の男と女の2人の人間の関係性
1人の人間の内側にある男性性と女性性
 
外側と内側の
男と女の二元性 duality に関するお話しのカード、
 
このお話しの中の
愛を諦めた人たちが
お金に執着しはじめる心理は、
前々回にご紹介したキリストのカードの
モスクの中の両替人たちが
お金に執着するお話しと通じるものがありますから
流れからご紹介します。
 
それから
独りであっても内側のバランス(中庸)がとれていることで
寂しくなくなり
至福で満たされることが
どれほど大切かというお話しのカードと、
 
内側のあらゆる二元性 duality の
統合 integration = 超越 beyond から
再び一元性 unity に戻ることで
真に至福で満たされることの大切さのお話しのカード3枚を
 
言葉だけではわかりずらいこともあり
絵と一緒に見て読むとわかりやすいこともありますから
素晴らしいイラストと一緒にご紹介します。
 
 
 
二元性 duality から一元性 unity へ
 
分裂 split から統合(全体 whole )へ
 
アンバランス(偏り)unbalance からバランス(中庸)balance へ
 
無意識 unconsciousness から意識 consciousness へ
 
眠り sleeping から目覚め awakening へ
 
サンサーラ samsara からサマーディ samadhi へ
 
苦しみ suffering から至福 bliss へ
 
無明 darkness から光明 enlightenment
 
 
 
すてきな蠍座新月とともに
素晴らしい週末をお楽しみくださいね。
 
 
 
 
 
 
f:id:hanasennin9:20171118164257j:image
 
The dream / 夢
 
 
 
これは多くの時代を経て
何度も何度も言われてきたことだ。
 
すべての宗教的な人々はこう言っている…
 
 
 
『私たちはこの世に独りでやって来て、独りで去っていく。』
" We come alone into this world, we go alone." 
 
 
 
一緒にいるということは幻想だ。
 
一緒にいるという考えそのものが生じるのは
なぜなら
私たちは独りであり、
その孤独が痛いからだ。
 
 
 
私たちは
自分たちの孤独を
関係の中で
まぎらわせたいのだ…。
 
だからこそ
私たちは
これほどまでに
愛に夢中になるのだ。
 
 
 
要点を見ようとしてごらん。
Try to see the point.
 
 
 
普通
あなたがたは
あなたが
ある女性、あるいは、ある男性と
恋に落ちたのは
その彼女、あるいは、その彼が
素晴らしいからだと思うからだ。
 
 
 
それは真実ではない。
This is not the truth.
 
 
真実はまさに逆だ。
The truth is just the opposite.
 
 
あなたは独りでいることができないから
恋に落ちたのだ。
You have fallen in love because you cannot be alone.
 
 
あなたは落ちようとしていた。
You were going to fall.
 
 
いずれにしろ
自分を避けようとしていた。
You were going to avoid yourself 
somehow or other.
 
 
 
そして中には
女性や男性とは
恋に落ちない人たちもいる
 
…そうなると
彼らは
お金 money と恋に落ちる。
 
彼らは
お金 money へと
または
権力闘争 power trip へと
入り込み、
 
彼らは
政治家(駆け引き)politician になる。
 
それもまた
あなたの孤独を避けることだ。
 
 
 
もし人をよく見たら、
もしあなたがあなた自身を深く見たら、
 
あなたは驚くだろう…
 
あなたのあらゆる行動は
たった1つの根源へとまとめることができる。
 
 
 
その根源とは
 
『あなたはあなたの孤独を恐れている』
 
ということだ。
 
 
 
他はすべて言い訳にすぎない。
 
 
 
本当の原因は…
 
『あなた自身はとても孤独だ』
 
ということをあなたは見つけたことだ。
 
 
 
This has been said again and again, down through the ages.
All the religious people have been saying this;
 
" We come alone into this world, we go alone." 
 
All togetherness is illusory.
 
The very idea of togetherness arises because we are alone, 
and the aloneness hurts.
 
We want to drown our aloneness in relationship….
 
That's why we become so much involved in love.
 
Try to see the point.
 
Ordinarily you think you have fallen in love with a woman or with a man because she is beautiful, he is beautiful.
 
That is not the truth.
 
The truth is just the opposite:
 
you have fallen in love because you cannot be alone.
 
You were going to fall.
You were going to avoid yourself somehow or other.
 
And there are people who don't fall in love with women or men … 
then they fall in love with money.
 
They start moving into money or into a power trip,
they become politicians.
 
That too is avoiding your aloneness.
 
 
 
If you watch man, 
if you watch yourself deeply,
you will be surprised…
all your activities can be reduced to one single source.
 
The source is that you are afraid of your aloneness.
 
Everything else is just an excuse.
The real cause is that you find yourself very alone.
 
 
 
 
 
 
f:id:hanasennin9:20171118164321j:image
 
Aloneness / 独りあること
 
 
 
あなたが1人でいるとき
あなたは独り alone ではない、
 
あなたはただ寂しい lonely だけだ…
 
寂しさ loneliness
独りあること aloneness
 
その間には途方もない違いがある。
 
 
 
あなたが寂しい lonely とき
あなたは誰かのことを考えている、
あなたは誰かを恋しく思う。
 
寂しさ loneliness はネガティブな状態だ。
 
あなたは
もし誰かがここにいたらよかったのに
と感じている
 
友人、
妻、
夫、
母、
父、
子供、
恋人
 
がいたらと…
 
 
もし誰かがいたらよかったのに、
しかし
その誰かはいない。
 
 
 
寂しさ loneliness は他者の不在だ。
 
独りあること aloneness は自己の現存だ。
 
 
 
独りあること aloneness はとてもポジティブだ。
 
それは現存、
溢れ出る現存なのだ。
 
あなたはあまりにも現存に満ち溢れている
 
それは
あなたがあなたの現存で全宇宙を満たすことができ
 
そして
誰かを必要とはしない。
 
 
 
When you are alone you are not alone,
you are simply lonely…
and there is a tremendous difference betwern loneliness and aloneness.
 
When you are lonely you are thinking of the other, 
you are missing the other.
 
 
Loneliness is a negative state.
 
You are feeling that it would have been better if the othet were there…
 
your friend,
your wife,
your husband,
your mother,
your father,
your child,
your beloved.
 
 
It would have been good if the other were there, but the other is not.
 
 
Loneliness is absence of the other.
 
Aloneness is the presence of oneself.
 
Aloneness is very positive.
It is a presence, overflowing presence.
 
You are so full of presence that you can fill the whole universe with your presence and there is no need for anybody.
 
 
 
 
 
 
f:id:hanasennin9:20171118164354j:image
 
Integration / 統合
 
 
 
争い conflict は人の中にある。
 
 
 
あなたの中で解決しない限り、
争い conflict は他のどこでも解決することはできない。
 
 
 
駆け引き politics はあなたの内側にある、
 
それはマインド(思考)mind の2つの部分の間にある。
 
とても小さな橋が存在している。
 
もしその橋がなにかの事故により壊れたら、
生理的な欠陥
または
他の何かで壊れたら、
その人は分裂 split する、
2人の人物になる
 
そして
 
精神分裂症 schizophrenia や
多重人格 split personality という
現象が起こる。
 
 
もしその橋が壊れていたら
…その橋はとても脆い…
あなたは2つになる、
 
2人の人物であるかのように振るまう。
 
 
朝にはとても愛にあふれとても美しいのに、
夜になるととても怒っていて、
まったく違っている。
 
 
あなたは
その朝のことを覚えていない…
 
どうして覚えていられるかね?
 
別のマインド(思考)mind が働いていたのだ
 
…そうして、その人は2人の人物になる。
 
 
 
もしこの橋がとても強められ
2つのマインド(思考)mind が
2つ別々のものとして消えて
1つになったら、
 
そのときこそ
統合 integration が
さらには
結晶化 crystallization が生じる。
 
 
 
ゲオルギー・グルジェフがいつも
 
『実存の結晶化』
the crystallization of being
 
と呼んでいたものは、
この2つのマインド(思考)mind が
1つになることに他ならない、
 
あなたの内側の
男性と女性の出会い
陰と陽の出会い
左と右の出会い
合理と非合理の出会い、
 
 
 
The conflict is in man.
 
Unless it is resolved there,
it cannot be resolved anywhere else.
 
The politics is within you;
it is between the two parts of the mind.
 
A very small bridge exists.
 
If that bridge is broken through some accident, 
through some physiological defect or something else,
the person becomes split,
the person becomes two persons and phenomenon of schizophrenia or split personality happens.
 
 
If the bridge is broken
-and the bridge is very fragile-
then you become two,
you behave like two persons.
 
In the morning you are very loving, very beautiful; 
in the evening you are very angry,
absolutely different.
 
You don't remember your morning…
how can you remember?
 
Another mind was functioning
…and the person becomes two persons.
 
If this bridge is strengthened so much that the two minds disappear as two and become one,
then integration, then crystallization, arises.
 
 
What George Gurdjieff used to call the crystallization of being is nothing but these two minds becoming one,
the meeting of the male and the female within, 
the meeting of yin and yang,
the meeting of logic and illogic,
the meeting of Plato and Aristotle.
 
 
 
from osho zen tarot
osho 禅 タロットより
 
 
 
 
 
 
二元性 duality から一元性 unity へ
 
分裂 split から統合(全体 whole )へ
 
アンバランス(偏り)unbalance からバランス(中庸)balance へ
 
無意識 unconsciousness から意識 consciousness へ
 
眠り sleeping から目覚め awakening へ
 
サンサーラ samsara からサマーディ samadhi へ
 
苦しみ suffering から至福 bliss へ
 
無明 darkness から光明 enlightenment
 
意識 consciousness の変容 transformation の旅…
 
 
 
 
何度輪廻転生しても
 
 
 
 
”あなたが本当に欲しいものは何ですか?”
 
 
 
 
そして「現世」
 
もしそれら全て手に入れたなら満たされましたか?
 
もう後悔や心のこりはありませんか?
 
 
 
 
そして
 
”なぜあなたは地球に生まれてきましたか?”
 
 
f:id:hanasennin9:20171118165906j:image
 
 
真に大切なことを『忘れて』いた…
 
その真に大切なことを再び『思い出す』…
 
 
 
 
sammasatiサマサティ
right remembrance
正しく想起する。
 
 
『The last word of Buddha was, sammasati. 
Remember that you are a buddha – sammasati.』
 
 
瞑想と愛 meditation & love
 
 
 
 
花仙人
 
f:id:hanasennin9:20171118164457j:image
f:id:hanasennin9:20171118164642j:image
f:id:hanasennin9:20171118164703j:image
f:id:hanasennin9:20171118164721j:image
f:id:hanasennin9:20171118164530j:image
f:id:hanasennin9:20171118164556j:image
f:id:hanasennin9:20171118164616j:image

Osho Zen Tarot

Osho Zen Tarot

  • Osho International Corp.
  • ライフスタイル
  • ¥960

 

真理の泉

真理の泉